おもしろアメリカ州法が普通の法律と違いおかしい理由

日本には国で決められた法律以外に、都道府県など地方自治体で決められた「条例」がありますよね。

アメリカの「州」は日本の「都道府県」とは大きく違い、州自体が独立国並みの大きな権力を持っています。

その権力のある各州ごとに”法律”があるのですが、なかには私たち日本人が理解しがたいものがあるんですよ。

今回はWHY?なアメリカの「男女の規制」と「日曜日の規制」をご紹介します。

スポンサーリンク

男女についての規則

えーっ?!とびっくりする規則がたくさんあるのですが、本当に市民は法を守っているのか?

いいえ、こんな法律があることすら知らない人の方が多いので守ってないでしょう。

【アーカンソー州・テキサス州】 
男女が街中でいちゃついてはいけません!

【アイダホ州・バージニア州・オクラホマ州・ノースカロライナ州・ミシシッピ州・ロードアイランド州】 
結婚していなければ性的関係に陥ってはいけません!

【アイオワ州】 
キスは5分以上交わしてはいけません!

【アリゾナ州】 
夫は月に1度だけなら、妻をひっぱたいても良い

【バージニア州】 
妻のお尻をたたいてはいけません!

【オレゴン州】 
セックスの最中に相手を罵ったり、相手の耳許で汚い言葉を囁いてはいけません!

【ケンタッキー州】 
妻は夫の許可なしに帽子を買ってはいけません!

【サウスカロライナ州】 
未婚女性に結婚の約束をした男性は、必ずその女性と結婚しなければなりません!

【テネシー州】 
女性の側から男性にデートの約束をとりつけてはいけません!

【ネバダ州】 
口ひげをたくわえた男性は女性とキスしてはいけません!

【ノースカロライナ州】 
夫婦どちらかが性的不能にあれば、結婚を解消して良い

【ノースカロライナ州・フロリダ州・ワシントンDC】 
セックスは正常位のみが合法

【バーモント州】 
女性が入れ歯をするには、夫の許可証が必要

【フロリダ州】 
夫は妻の胸にキスしてはいけません!

【ペンシルバニア州】
男性は妻の同意書なしにアルコールを買うことはできません!

【ミシガン州】 
女性は夫の許可なく自分の髪の毛を切ることはできない

【ミシシッピ州】 
不倫はいずれの当事者においても、最大で10年の懲役および1万ドルの罰金

【メリーランド州】 
男性は女性バーテンダーに飲み物をおごってはいけません!

【モンタナ州】 
妻が夫の手紙を開けてはいけません!

【ユタ州】 
夫の目の前で妻が行った犯罪は、すべて夫が責任を負う

スポンサーリンク

日曜日の規則

学校や仕事がお休みの日曜日は、「月曜からまた1週間が始まる」ということで”週の終わり”という感じがしますが、キリスト教では日曜日はキリストが復活した日で「安息日」のため、”週の始まる日”とされています。

安息日の日曜は礼拝に心を捧げ、商売や仕事や娯楽などはお休みしないといけない日なんだそうです。

【アーカンソー州】 
日曜日の午後1時以降に大通りで牛を引くことは禁止

【アイダホ州】 
日曜日にメリーゴーラウンドに乗ってはいけません!

【アラバマ州】 
日曜日にはドミノゲームをやってはいけません!

ちなみにドミノとはこんなタイルを使ったゲームです。
dominoes-1460399-640x480

【イリノイ州】 
日曜日にハミングしながら街中を歩いてはいけません!

【バージニア】 
日曜日にレタスを売ってはいけません!

【オハイオ州】 
日曜日にコーンフレークを売ってはいけません!

【オレゴン州】 
日曜日は、映画上映およびカーレースを行うことを禁止

【コロラド州】 
日曜日に黒い車を走らせてはいけません!

【サウスカロライナ州】 
日曜日に楽器を売ってはいけません!

【ニュージャージー州】 
日曜日にピンボールマシンで遊んではいけません!

【ノースカロライナ州】 
日曜日の午前11時から午後1時までの町の上空の飛行禁止

【マサチューセッツ州】 
日曜日はお昼を過ぎるまでサンオイルを売ってはいけません!

【ミネソタ州】 
日曜日にハンバーガーを食べてはいけません!

【ロードアイランド州】 
日曜日に歯磨き粉と歯ブラシを同じ客に売ってはいけません!

【コネチカット州】 
日曜日に夫が妻にキスしてはいけません!

スポンサーリンク

キリスト教の精神に基づいた法律「ブルー・ロー」

ピューリタン(清教徒)の厳格なモラルに基づいて作られた法律を”Blue Law”と言います。

日曜日はイエスが死から復活したとされる曜日=安息日のため、商売はもちろんのこと、買い物、喫煙、狩猟、ギャンブル、娯楽、酒の販売や飲酒などが「ブルー・ロー」により制限されているんです。

植民地時代の法律なのでほとんどが廃止されていますが、州によっては今でも残っています。

日曜日のアルコールの販売は今でも多くの州で禁止されていますし、チキンのファストフードチェーン店”Chick-fil-A(チックフィレイ)”は全米に1950店舗を展開していますが、日曜日はしっかりお休みです。

そして、性交渉についてもキリスト教が深く関わっているようですよ。

英語で正常位のことを”ミッショナリーポジション(Missionary Position)”と言います。

直訳すると”宣教師の体位”、聖書によると「正常位が子作りのための神が定めた正しい体位」な訳です。

だから州によっては性交渉についても規制を定めている、いや定めていたようですね。

ちなみに今でも米国軍人には”ミッショナリーポジション”の規則があります。

州ごとのブルー・ローのように、守られてるかどうかは別の話ですが(笑)

最後に

びっくりな州の法律でしたが、楽しんで頂けましたか?

イリノイ州では「犬にウィスキーを飲ませること」「飼い犬とセックスすること」「ペットに葉巻を勧めること」が禁止(笑)

これは法として定めないと分からないことなんでしょうか・・・

やっぱり私には理解できないですー!

日本人から見たら「?」と思うような法律は、元は宗教上の理由から来ているものが多いようですね。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

コメント

  1. […] 47: 名無しさん@おーぷん 2016/09/06(火)12:52:15 ID:3hQ >>46色々あるからなhttp://go-terry-go.net/american-ridiculous-laws […]