南部料理とはどんなもの?ハンバーガーとステーキだけじゃないアメリカ

アメリカの食べ物と言うとハンバーガー、フライドポテト、ステーキが頭に浮かびませんか?

アメリカの南部と言われる南東部の州には、独特で伝統的なおいしい”南部料理(サザンフード)”があるんですよ。

黒人が多いことで知られる南部地域にはどんなユニークな料理があるのでしょうか?

南部出身の夫を持ち南部にも住んでいた私が、1度食べたら病みつきな?南部料理について書いてみようと思います。

スポンサーリンク

南部料理の歴史とは?

the-feast-southern-foods-up-north-promote

日本でも地域によって郷土料理があるように、アメリカにも南部独特の食文化があります。

今では世界中で有名なKFC(ケンタッキーフライドチキン)は、名前から分かるようにアメリカ南部(ケンタッキー州)から生まれたものですね。

南部には黒人が多いことから「サザンフード(南部料理)=ソウルフード」と一括りにされることもあるようです。

ではサザンフードと言われる”南部の家庭料理”の原点をさかのぼってみましょう。

南北戦争前のアメリカには、アフリカからたくさんの黒人が奴隷として連れて来られました。

奴隷貿易によりアメリカにやって来た黒人の9割以上が、アメリカ南部の白人家庭で働かされていたそうです。

農産地帯である南部では米やとうもろこしなどが栽培され、南部料理の食材として普及していきました。

さらに、アフリカ原産のピーナッツや豆類、オクラやスイカなどがアメリカ南部にもたらされたため、黒人たちは母国アフリカの食材を好んで食べていたと言います。

川や湾で取れる安上がりなザリガニやナマズも南部の人たちの大事な食料でした。

このように、自給自足の生活から生まれた家庭料理が南部料理として定着していったのです。

スポンサーリンク

南部料理に欠かせない豚肉と鶏肉

アメリカといえば、分厚いステーキというイメージですが、南部では少し違うんですよ。

豚は飼育が簡単であり牛よりも安価なことから昔から南部でよく食されてきました。

そしてベーコンやソーセージだけでなく、BBQ(プルドポークやスペアリブ)やカントリーハムが南部料理として根付いていったのです。

・プルドポーク(Pulled pork)
20151023095544_597_13_704x388

当時白人たちは鶏肉といえば胸肉しか食べず、なんと手羽やもも肉など骨の付いた部位は捨てていたんだそう!

それを黒人たちはラードで揚げて食べていたのが南部料理”フライドチキン”のはじまり。

・フライドチキン(Fried chicken)
southern-fried-chicken

また、彼らは捨てられる豚の足や内臓も手を加えて料理していました。

代表的な南部料理に豚の小腸を煮込んだチトリンズ(Chitterlings)というがあります。

os-cal-heather-mcpherson-nikkic-jpg-20130725

夫の実家に行くと南部出身の義理の父が作ることがあるのですが、とにかく下処理と煮込むのに時間がかかります。

そのニオイがなんとも言えなく夫も私も食べれません・・・多分南部の人でも、好きな人の方が少ないんじゃないかと(笑)

こちらが豚の足を燻製にしたハムホック(Ham hock)

2020-2

昔の黒人たちが白人たちが捨てていた食材であったものを使い料理をしていたものですが、今でも南部料理の煮込みには欠かせない食材です。

スポンサーリンク

アメリカで食べるべきサザンフードはこれ!

meat-and-three1

今では南部だけでなくアメリカ中で食べることが出来る南部料理

確かに油をたくさん使うものが多く健康には悪そうですが、それが「体に悪いものはおいしい」と言われるところ(笑)

南部料理はた~くさん種類がありBBQやフライドチキンはもちろんおいしいのですが、中でもお勧めをご紹介したいと思います!

南部の家庭で食べるのが1番良いですが、今ではいろんな所に南部料理レストランがあるので便利ですね。

”Meat & Three”と言われるメインの肉や魚+3つのサイドディッシュが付いているセットがあり、上の写真はフライドチキンにカラードグリーン、マカロニ&チーズ、フライドオクラがサイドとして付いています。

メインディッシュ

グリッツ

grits
Photo:cookdiary.net      

見た目がアレなので好き嫌いが分かれるかもしれませんが、わが家は皆が大好きなグリッツ

グリッツとは、”ホミニー”という種類の粒の大きいとうもろこしを挽いたもの

グツグツと水で煮ておかゆのようにしてスプーンですくって食べるグリッツは、つぶつぶ感がクセになりおいしいんですよ~

わが家の味付けは粉末ブイヨン(チキン、コンソメ、ビーフなど)を使いますが、シンプルに塩コショウとバターでも美味です♪

ベーコンとスクランブルエッグを混ぜて朝食として食べるのがわが家の定番です。

ガンボ

1483066
Photo:allrecipes.com

エビ、鶏肉、ソーセージに玉ねぎとセロリとピーマンを入れ、オクラでとろみを付けたスパイシーなシチューはルイジアナ州が始まりと言われています。

わが家はスパイシーなソーセージ&エビを入れて、コーンで甘みを足すので息子も大好きな1品。

柔らかいとろとろオクラ入りのスパイシーなガンボは白いご飯がもりもり進みます!

サイドディッシュ

フライドオクラ

1033249144001_2038106678001_900944612-18085-1355608878475
Photo:allrecipes.com

オクラって日本語かと思ってたら、実はネイティブアメリカンの言葉なんですね・・・

オクラにコーンミールの衣を付けてサクッと油で揚げるフライドオクラは南部ではよく食べられるんですよ。

ちなみにコーンミールもとうもろこしの粉ですが、先程のグリッツと違いコーンミールは粒が細挽きなので揚げ物の衣用に使われることが多いです。

マカロニ&チーズ

img_5609
Photo:divascancook.com

チーズ味だから南部に限らずアメリカの子供たちが大好きな通称”マック&チーズ”

スーパーにはレンジでチンできるインスタントが売っていますが、本場の南部では卵を加えてオーブンで焼く”ベイクド”が基本なんです!

チェダーチーズと数種類のチーズを混ぜて焼き上げる濃厚なマック&チーズは絶品♪

たくさん出来ても小分けにして冷凍保存できるのが貧乏主婦にはうれしいのです(笑)

グリーンビーンズ

still-11
Photo:divascancook.com

豚肉の旨味が柔らかいサヤインゲンに染み込んだ日本人受けのする煮物

家庭によって一緒に煮込む”肉”はハムやベーコンなど違いますが、わが家はハムホックを使用

南部以外はなかなか手に入らないハムホックは、これまた良いダシが出るんです!

コーンブレッド

pb0709h_moist-and-easy-cornbread_s4x3-jpg-rend-sniipadlarge
Photo:foodnetwork.com

焼き立てはフカフカでほのかなコーンの甘みを感じる南部の定番コーンブレッド

コーンを入れるレシピもありますが、基本はコーンミールを使用します。

素朴なのでメープルシロップやはちみつをかけて食べると美味なんですよ~

デザート

ペカン(ピーカン)パイ

pecanpie-2

ペカンナッツがぎっしりなコーンシロップを使うかなり甘~いパイです。

レモンメレンゲパイ

12318375-lemon-meringue-pie

甘酸っぱい濃厚な下層とフワフワ卵白のメレンゲの上層がとても良く合う軽い食感のパイ。

バナナプディング

50745_mxm_k1868v0_or1_h_640x428
Photo:craftrecipes.com

プディングと言っても日本のようなゼラチンで固まったプリンではなく、バナナとバニラワッファー(クッキー)にカスタードとホイップクリームを混ぜた簡単デザート

これがなぜサザンフードと呼ばれるのか私は不明ですが、私の好きなジャンクなデザート!

最後に

アメリカの南部料理についてでしたが、いかがでしたか?

奴隷時代の黒人たちが、手に入る食材で作り出した料理が”南部家庭料理”として普及したアメリカ

興味深いのが、多くの料理がサンクスギビングやクリスマスディナーとしてアメリカ全土で食べられているということ。

そして基本の調理法は同じでも、地域やお店によって味付けが少し変わってくるのがまた面白いところ!

各家庭で味が微妙に違う日本で食べるカレーやミートソースのようです。

アメリカでステーキも良いけれど、私は南部の家庭料理をお勧めしたいです!!

機会があったらぜひ試してみて下さいね♪

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする