アメリカのスーパーにある世界のヨーグルトが美味しいヘルシー!

日本でもグリークヨーグルトと言われる濃厚なギリシャの風ヨーグルトが流行っていますね。

アメリカでも主流はグリークヨーグルトですが、近年はギリシャだけでなく、アイスランドやオーストラリアのヨーグルトも人気があるんです。

一度食べたら、もう普通のヨーグルトでは物足りなく感じるかも!?

今回はそんなおすすめの美味しくてヘルシーな3種類のヨーグルトをご紹介します。

スポンサーリンク

 グリークヨーグルト(ギリシャ)

 日本でもポピュラーなのでほとんどの人が知っているグリークヨーグルト

乳清(ホエー)を取り除く水切り製法で作られる濃厚な味わいが、あっという間に人気なりましたよね。

アメリカのスーパーではたくさんのブランドからグリークヨーグルトが発売されています。

なかでも人気の3つはこちらではないでしょうか。

  • Fage 
  • Chobani
  • Oikos

プレーンヨーグルトは食べないウチの夫がファンなのが、Oikosシリーズの”トリプルゼロ(Triple Zero)”という商品

脂肪分0、砂糖0、人口甘味料0だからトリプルゼロなんですね~

いろんなフレーバーがあり普通に甘いです(笑)

でもグリークヨーグルトだから1つ(150g)にタンパク質が15g含まれているのがポイント。

普通のヨーグルトに含まれるタンパク質は10g以下と言われるので、水切りヨーグルトにはタンパク質が多いことがわかりますね。

毎朝スムージーにプレーンヨーグルトを加える私は、食べきりサイズではなく大きなサイズを購入してます。

日持ちするのでセールの時に買いだめするのがChobaniのプレーングリークヨーグルト

こちらはなんと約900gもある大容量!近所のスーパーのお買い得セールで3ドル以下♪

スポンサーリンク

 スキール(アイスランド)

 アメリカではアイスランディック(Icelandic)ヨーグルトと呼ばれていますが、ヨーロッパではスキール(Skyr)と言います。

スキールはアイスランドの伝統食品であり、作り方はグリークヨーグルトと同じ水切り製法

普通のヨーグルトで比較するとグリークヨーグルトは3倍濃縮なのに対し、スキールはなんと4倍濃縮

ゼラチンや寒天を使わない固めテクスチャーは「チーズ」という位置づけになるのが納得!

私がドイツで出会った”クワルク”というチーズと似たデザート感が私好みなんです~♪

⇒「ギリシャヨーグルト風クワルクチーズはプロバイオティクス効果あり」も参考にどうぞ

私はストロベリーなどのフレーバー付きが好きですが、もちろんプレーンタイプにジャムやはちみつ、メープルシロップをかけて食べてもおいしいですよ。

まったりだけどクリーミーな食感で甘さ控えめなスキールは絶対試すべし!!

アメリカでもスーパーで気軽に買えるけれど、お値段が少しだけ高めなのが残念。

最近スーパーで人気上昇中なのがSiggi’sのスキール、プレーンもフレーバーもおすすめです。

こちらもグリークヨーグルトと同じく1つ(150g)にタンパク質が15g含まれ栄養満点♪

脂肪分0でカロリーはたったの80カロリーだからとてもヘルシーですよね。 

もうひとつ、美味しかったのがこちらのIcelandic Provisionsのもの

ヨーグルトの定番は円形の容器が定番だけど、こちらは平行四辺形だったので目を引き、なおかつセール価格だったので思わず買ってみたら大当たり♪

プレーンタイプでも脂肪分を2g含むので少し高めの110カロリーですがタンパク質は17g!!

低カロリー高たんぱくなスキールは、朝食やダイエット中のおやつにもぴったりですね。

スポンサーリンク

 オージーヨーグルト(オーストラリア)

普通のヨーグルトと同じく水切りはなく、緩めなテクスチャーが特徴のオージーヨーグルト

そのクリーミーな舌触りは、普通のヨーグルトとグリークヨーグルトの間という感じ

”Fruit at the bottom”といわれる底にあるフルーツソースと混ぜ合わせて食べるタイプです。

年齢を重ねるごとに、なぜかヨーグルトに口うるさくなってきた息子が最近お気に入りなのがこのタイプなんです。

息子がおやつで食べていたストアブランドのオージーヨーグルト(レモン味)

今アメリカでは、生乳と果物のフルーツピューレという自然素材のみで作られたリッチな味わいのNoosaというオージーヨーグルトが人気なんですよ。

ヨーグルトにしては少しお値段が高めですが、容量が227gと他のヨーグルトより大きめ。

フレーバーによって前後しますが、1つ(227g)にタンパク質は14~17g含まれています。

脂肪分(17~20%)もカロリー(270~300cal)も高めだからヘルシーにはならないかも(汗)

それならプレーンタイプはどうなのか、まだ見かけたことがないけれど調べてみました。

Noosaのプレーンタイプは脂肪分が22%で240カロリー、タンパク質17gだそうです。

グラノーラやシリアルなんかと一緒に朝食にぴったりかもしれないですね!

 最後に

スーパーで気軽に買えるいろいろな国のヨーグルトでしたが、いかがでしたか?

  • 水切り製法のギリシャ風ヨーグルトは高タンパク
  • アイルランド風スキールも水切り製法、高タンパクで甘さ控えめ
  • オーストラリア風は普通のヨーグルトよりクリーミーで高タンパク

整腸効果や美肌効果があると言われるヨーグルトは毎日摂るように心がけたいものですよね。

アメリカやヨーロッパのスーパーには、たくさんの種類のヨーグルトがあります。

機会があったらぜひ色々なヨーグルトを食べ比べてみて下さいね。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています