顔についたシーツや枕カバー跡を消したい!予防と改善方法

寝起きに鏡を見た時、顔に「シーツや枕カバーの跡」がついていることありませんか?

メイクでも消えないからショックと恥ずかしさで朝から憂鬱になりますよね。

若い時はすぐに取れた跡も、40代になると半日経っても取れないから外出が憂鬱に。

そんな女性の敵”シーツの跡”をつかなくする方法、ついてしまった寝跡を早く消す方法は無いのでしょうか。

今回は原因から改善する方法までご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

なぜ顔に跡がつくのか?

不思議なもので、年齢を重ねるごとに気になり出すシーツや枕カバーの跡

若い頃は跡がついてもすぐに消えていたので、さほど気にならなかったのかもしれません。

横向きで寝ただけなのに、なぜ顔に跡がくっきりと付いてしまうのでしょう。

むくみ

血液の循環が悪くなることでおこる「むくみ」

”運動不足”や”塩分や水分の摂り過ぎ”など思い当たることはないですか?

むくみの解消には利尿効果や血行促進効果のあるカリウム、ポリフェノール、食物繊維を積極的に摂取して体内の水分バランスを整えてあげましょう。

「ルイボスティーの栄養成分はノンカフェインで40代にオススメ!」ではむくみを解消してくれるルイボスティーについて書いていますので参考にどうぞ♪

更に私のように1日中パソコンの前に座りっぱなし・・・そんな人は要注意ですよ!

ストレッチやウォーキングなどの軽い運動を取り入れて規則正しい生活を心がけることも大切ですね。

肌の老化

加齢と共に肌の弾力を構成する「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」が減少し、肌自身の押し戻す力が衰えます。

肌の表皮にはこのコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す繊維芽細胞があります。

加齢により繊維芽細胞の活性力が低下すると、シワやたるみを引き起こすだけでなく乾燥や肌荒れも起きやすくなるんですって。

繊維芽細胞を活発に保つためには、真皮に栄養と酸素を与えて肌の潤い・ハリ・弾力をキープすることが大切なのです!

化粧水で充分に保湿をし、ビタミンEなどの抗酸化力のある栄養を肌に与えてあげましょう。

私が愛用しているビタミンEたっぷりのホホバオイルやアルガンオイルがお勧めです♪

⇒「ホホバオイル?アルガンオイル?人気の美肌オイル40代お勧めの使い方」も参考に。

スポンサーリンク

跡をつけないようにするには?

枕カバー

「サテン」や「シルク」などのツルツルとした表面のものは肌に跡が付きにくいです。

シーツは肌触りや保湿性に優れたコットンがいい!という人は枕カバーのみサテンに変えてもいいかもしれませんね。

寝る姿勢

私は寒い冬、寝る時につい横向きに丸まってしまいがちなんです。

「うつ伏せ」や「横向き」は寝心地が良いですが、顔の肌には大敵!顔に力がかかり、”シワ”や”たるみ”や”ほうれい線”ができやすくなってしまいます。

しかも体の歪みの原因にもなるらしいので、美容のためには仰向け寝を心がけましょう!

食生活

肌の手入れや寝る姿勢など外側からのケアも大切ですが、体の内側から「シーツの跡がつきにくい肌」にすることも大事!

肌のハリと弾力のために意識的に摂取したいのが

・コラーゲン…手羽元、豚足、ナンコツ、豚バラなど
・イソフラボン…豆腐、納豆、豆乳、味噌など
・ビタミンE…ナッツ類、オリーブ油、ほうれん草、アボカドなど
・ビタミンC…いちご、レモン、ブロッコリー、パプリカなど

肌の手入れ

紫外線対策…肌の弾力に必要なエラスチンには紫外線が大敵!日焼け対策を万全に!
保湿対策…コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、プラセンタなどを取り入れる

どうすればわからないよ~!と言う方は、アンチエイジング用の化粧品を普段のスキンケアに取り入れてみてはいかがですか。

プラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸だけでなく、美容成分のザクロやアロエベラエキスも含んだ贅沢なシートマスクでふっくら肌を目指すならこちら

エイジングラボルテ ゲル状シートマスク

高濃度プラセンタにコラーゲン+ヒアルロン酸も含むリッチな美容液、テレビや雑誌でも紹介された美容液はこちら

⇒ AGOSリッチエッセンス

肌にふっくらプリプリな弾力が戻れば、頑固なシーツの跡も簡単に取れるかもしれませんね!

そして肌のお手入れ後、日中は日焼け止めを塗るのを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

跡がついてしまったらどうすればいい?

cri_img_6067_tp_v

慌ただしい朝だけど、跡を少しでも消すためにこんな方法を試してみましょう♪

軽い運動

家の中で軽くジョギングしたりジャンピングジャックをしましょう。

血行が促進してへこみの出来た筋や跡がふっくらとして目立たなくなります。

蒸しタオル

水を絞ったタオルをレンジでチンして跡に当ててみましょう。

緑茶のティーバッグ

カフェインには跡を消す効果があるそうです。

飲み終わったティーバッグを冷ましてからパックとして使いましょう。

保湿

いつも以上に化粧水パックでしっかりを保湿しましょう。

リンパマッサージ

オイルやクリームでリンパに沿ってマッサージをしてみましょう。

まとめ

40代になると、枕カバーやシーツの跡ほど朝からがっかりすることってないですよね。

私の場合は横向きで寝ているせいで毎回同じ場所、目から頬骨にかけてクッキリ縦線が入ります(笑)

枕カバーの跡をつけないために出来ること

  • 寝る時は、枕カバーの素材と寝る姿勢に気をつける
  • 食べ物や運動など生活習慣に気をつける
  • 紫外線対策や肌の保湿に気をつける

どうやら日頃から”むくみ”や”肌の保湿”に気をつけなければいけないようですね~

また、跡が付いてしまったら「保湿」と「血行促進」で解消してみて下さいね。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています