乳歯の虫歯は影響なし?子供の歯の生え変わり時期と注意点

12歳の息子の乳歯が立て続けに抜けているのですが、この時期の子供はたくさん歯が生え変わる時期なのでしょうか。

少し前に息子は奥歯の虫歯を治療したので、こんなに一気に乳歯が抜けるなら虫歯を治療しなくてもよかったのでは?とビンボーな母は思ってみたり。

虫歯の乳歯がグラグラしていたら、治療しないで抜けるのを待っても良いのでしょうか?

今回は子供の歯の生え変わりの時期や注意すべきことについて調べてみました。

スポンサーリンク

子供の歯の生え変わりの時期は?

小学校に入る6歳ころから子供の歯(乳歯)が抜け始めて、12歳くらいまで乳歯と永久歯が混在している「混合歯列期」と言われます。

8番の「親知らず」が生え始めるのは17歳の高校生あたりからなんですね~。

from-baby-teeth-to-permanent-teeth-01

この表を見て納得!ウチの息子は4番と5番の歯が相次いで上下とも生え変わっていたんです。

しかも、この1年で歯の生え変わりが頻繁だった気がする理由がわかりました!

  • 奥歯になればなるほどグラグラしてから抜けるまで時間がかかる
  • 奥歯が大きいためか、永久歯が生えきるまでも時間がかかる

1本ずつでなく2~3本同時にグラグラし始めたり、抜けるの数ヶ月かかったり、生え始めるのに数ヶ月かかったりしてるからダラダラ時間がかかってる感じがするんです。

あとは7番の「第2大臼歯」で息子の歯の生え変わりが完了ということが分かりました。

と、ここで気づいたのですが、6~7歳で生えてくる6番の奥歯(第1大臼歯)は、”生え変わらない永久歯”なんですね。

表からわかるように、個人差はありますが13歳前後で永久歯の生え変わりが完了します。

しかも、男の子と女の子では生え変わりの時期に若干ズレがあるようですよ。

スポンサーリンク

生え変わりの時期に気をつけること

歯みがきの仕方

乳歯と永久歯、大きさの違う歯が並ぶ「混合歯列期」はデコボコで歯みがきがしにくいです。

さらに生え始めた永久歯は酸に弱いため、しっかりと歯みがきやフロスでケアをしないと虫歯になりやすいそうです。

歯肉炎

新しい歯、特に奥歯が生えている過程は歯茎が敏感なために歯みがきを怠りがち。

そうすると歯肉との間に汚れが溜まり炎症を起こします。

これ、ウチの息子がなっています(汗)でも歯がしっかり生えてくれば治まりますよ。

乳歯が抜けない

歯の生え変わりは個人差があるので、そんなに心配しなくて良いそうです。

もし上の表の平均より1~2年経っても抜けない場合は、歯医者に行ってレントンゲンで永久歯があるかチェックしてもらうことをお勧めします。

乳歯が抜けたのに永久歯が生えてこない

なかなか永久歯が生えてこない子供を見て、お母さんなら一度は心配したことがあるんじゃないでしょうか?

場所にもよると思いますが、2~3ヶ月たっても新しい歯が見えて来ないと焦りますよね。

乳歯が抜けたあと6ヶ月以上経っても永久歯が出てこない場合は、歯医者に行ってレントンゲンで永久歯があるかチェックしてもらうことをお勧めします。

それまでは気長に待っていましょう。

スポンサーリンク

生え変わるから乳歯は虫歯になっても大丈夫?

「どうせ子供の歯は抜けて生え変わるんだから虫歯でも平気じゃない?」と思っているお母さん、おそらく多いのではないでしょうか。

虫歯の治療後にその歯が抜けた息子を見て、母の私は正直「治療費がもったいない」と思いました(笑)

実は乳歯には「永久歯が正しく生えるためのガイド役」という役割があるんです。

だから、乳歯は「虫歯になっても大丈夫」ではないんです!!

乳歯が生えそろう頃には、その下で永久歯も育ち始めています。

乳歯を大きな虫歯にしてしまうと、細菌が乳歯の根を通って永久歯のエナメル質に達してしまうことがあり、永久歯のエナメル質の成長を妨げて発育不全を起こします。

不完全なエナメル質では、表面がデコボコなので虫歯になりやすく弱い永久歯になるのです。

乳歯の虫歯は永久歯に影響を及ぼすので、虫歯がある時はきちんと治療をしましょう!

「なぜ乳歯と永久歯がある小学生は虫歯・歯肉炎が多い?予防方法とは?」も参考にどうぞ

まとめ

いかがでしたか?

  • 歯の生え変わりは6~13歳頃まで
  • 生え変わった永久歯は虫歯になりやすいので注意
  • 乳歯の虫歯は永久歯に影響を及ぼすので治療すべき

歯は食べ物を砕くだけでなく、全身と関わりがあり一生使い続ける大切なものです。

子供の頃は虫歯が多いくせに歯医者が大嫌いだった私が言うのは説得力に欠けますが、永久歯が揃いつつある息子には虫歯にならないように歯みがきとフロスでしっかりケアをしてほしいものです。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています