ハーフの子供、難しすぎる海外でのバイリンガル子育て

日本(母)と外国籍(父)のハーフの子供を持つ母親なら、必ずぶち当たる壁が子供のバイリンガル教育ですよね。

子育てをする場所や環境によって難しさは異なると思いますが、「日本以外の国で子供に日本語を習得させることの難しさ」ってハンパない!と私は声を大にして言いたいです。

ハーフなだけで勝手にバイリンガルになってくれたらどんなに楽か・・・

今回はそんな苦労が耐えない「海外でのバイリンガル子育て」をどう乗り越えればいいのか、についてまとめてみました。

スポンサーリンク

教育の環境の違い 

これこそが、”子供がバイリンガルに育つかどうか”の一番の鍵となる部分ですよね。

いろいろ調べてみると、子供に対してひとりの親が1つの言語を話すことを徹底した方が良いそうです。母親が日本人なら常に日本語、父親が英語圏なら常に英語をいうように。

「日本在住」「海外在住」にかかわらず、住んでいる国の言葉がメインになるので、かなり努力しない限りはもう一つの言語が弱くなるのは当然です。

父親の国に在住→学校もテレビも父との会話も外国語、母とだけ日本語→日本語が「弱い言語」となる

家庭それぞれに環境の違いはあります。

・両親の言語能力(モノリンガルかバイリンガルか)
・海外で子供が日本語補習校に通う
・日本で子供がインターナショナルスクールに通う

やはり、弱い言語に触れる機会が多いほどバイリンガルになる可能性が高いので、補習校やインターナショナルスクールに通える子供の方が環境的には有利と言えそうですね。

スポンサーリンク

親がしがちなこんな間違い

2歳から海外在住の息子には日本語で話しかけてきた私ですが、振り返ってみると「やってはいけない間違い」をしっかり犯しているので紹介します。

これじゃあ息子のバイリンガルの道は遠そうです・・・

ひとり1言語を徹底してない

海外在住の場合に家で日本語で話していても、外では子供も母親も周りの目を気にして日本語を話すのをためらい、つい英語で話してしまう。

あるいは、日本語で話していても長い説明だと子供が理解できないだろうと判断して、つい英語で説明してしまう。

母親の焦りとプレッシャー

早いうちでないと習得できなくなってしまうという母親の焦りからアレもコレも教えようとする。

その上、わが子なので「なんでわからないの!」とつい感情的になってしまう。

さらに子供の日本語の上達速度が遅いとイライラしてしまう。

日本語に触れるチャンスを子供に与えていない

日常の会話や読み書きの学習だけでなく、日本語の本や動画、ゲームなどの子供が興味を示すものを与えていない。

子供から英語で話しかけられても、日本語で言うように促さずに英語で答えてしまう。

スポンサーリンク

海外でバイリンガルにするためには

徹底していない中途半端な日本語会話に加え、息子が4歳から読み書きを教えてきた私。

読み・書きする機会がないので、特に漢字は覚えたそばからどんどん忘れてしまいます。

おかげで12歳の息子の日本語力は、話す・読む・書くとも小学校2年生レベル止まり(涙)

今では私の日本語での問いに対し、8割は英語で答えが返ってきますし、はぁ。

もっとこうしておけば良かった、と母は反省ばかりです・・・

どうすれば私の息子のようにならずに、2つの言葉を適切に使い分けできるようになるのか?

ポイントをまとめてみました。

母子の会話は日本語のみ、子供に外国語で話しかけられたら応じない

ウチの息子で言うと、生活は95%英語なので英語の方がラクなんです。

私が英語を話すのを知っているから余計に日本語を話す必要性を感じないため、自分にとって簡単な言語を使ってしまう

これが「弱い言語」の方が上達しない原因なので、幼児期から日本語での会話を徹底しないといけない理由ですね。

母子との会話以外に日本語を「話す」「聞く」機会を与える

可能であるなら日本人のお友達を作って日本語で会話するようにすると、”言葉”を早く覚えるので日本語の上達も早いそうです。

あるいは、子供が興味がある”テレビ番組や動画”などで日本語に触れさせる。

興味がないものを日本語で見たり聞いたりしても、意味がわからないだけですぐ飽きてしまうんですよね。

私の息子はテレビゲームの影響で”戦車”に興味があり、アニメには興味はないのですが「ガールズ&パンツァー」のアニメを日本語で見せた所、萌え系だけど”戦車”なだけあってハマっていました!

息子が日本語のテレビや動画などを見た後は、「どんな話だった?」「どこが面白かった?」などと質問攻めにして、息子に無理やり日本語を話させる作戦です(笑)

子供の年齢と心理を考慮する

小学校低学年なら母親の言うことを聞いてくれるかもしれませんが、ある年齢になると日本語を学びたいと思わなくなったりイヤがったりするようになるんですよね

年齢に応じて、どんな形でどれだけ日本語に触れさせているかがキーになりそうです。

子供のやる気がなくなった時に「どうせ海外在住だし、日本語できなくてもいっか」と諦めてしまうお母さんが多いように思います。

私の周りだけの話ですが、海外在住でバイリンガルと言える子供は10人に1人くらいしかいないです。

あきらめないで!「バイリンガル子育て」は気長に

2か国語を習得できるのは小学生まではないんですよ~!

子供がお母さんとの日常会話を日本語で理解できているのなら、海外にいても日本語が上達するチャンスはあります。

お母さんが諦めずに日本語を話し続けて、子供に”日本語”や”日本”に触れさせる努力を気長にすることが大事だと思うのです。

最後に

息子の”バイリンガル子育て”に決して成功しているとは言えないダメ母な私ですが、まだ諦めていませんよ!

子供に「はぁ?」と言われても日本語で話しかけ続けないとー!

これから子育てをしていく新米ママさんや、私と同じ悩みを抱えている海外在住のお母さんのお役に立てたらうれしいです。

と言うものの、私も試行錯誤している母親のひとり・・・

海外在住のハーフの子供を持つお母さん「子供にはこんな方法が日本語力アップにいい!」というアイデアがあったらぜひ教えて下さい!

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

コメント

  1. 佐藤ナナ より:

    初めまして。もしかしたら、かなり前に書かれた内容かもしれませんが、たまたまたどり着いたので、コメントさせてください。

    お子さんの日英バイリンガル教育を、成功したと言えないかもしれないとおっしゃっている中、このように貴重な情報を提供してくださって、とてもありがたく読ませていただきました。

    現在6歳の男の子の母です。

    読みながら、苦笑してしまうところが度々ありました。。。

    私も「やってはいけない」とおっしゃっていたことを、何度もやっています。。
    つい先日も、子どもの日本語が「後退」していることに気づき、焦りが募り、怒ったり、急かしたりするようになってしまいました。。少し厳しいぐらいじゃないと。。と思ったのですが、その頃から、子どもが癇癪を起こすようになり、ふと、自分を振り返って、「私がイライラしているからかも。。」と思いました。日本語の進歩のことで、焦りが出て、そのことで子どもは敏感にも「ママは僕に満足していないんだ。」と感知したようです。

    そんなことが、癇癪の原因になっているような気がして、思い切って「ま、いっか。」という気持ちに切り替えました。日本語は、「三歩進んで二歩下がる」ぐらいの上達で、コツコツと続けていくこと。進歩したかどうかよりも、たくさん読んであげたり、一緒に感想を話し合ったりできるようになろうと。。子どもがどのくらいひらがなとカタカナを読み書きできるかとか、少しでも漢字を教えていこうという野望は、今でもありますが、限られた時間の中で、私なりにできることを頑張ろうと思うようになりました。おかげで癇癪もなくなったんですよ!

    小さい頃からの読み聞かせの量が膨大で、これだけは自信を持ってやってきたので、語彙の種類や使い方はとても豊富です。この強みを生かして、これからは、てりぃさんのアドバイスにあるように、アニメやテレビの日本語も活用して、子供に興味をもたせながら、母子で楽しめるような日本語を少しづつ積み重ねていきたいです。
    とても参考になりました。またお邪魔します。

    • てりぃ より:

      佐藤ナナ様

      コメントをありがとうございます♪
      ご子息の日本語教育を頑張っていらっしゃる様子がとても良く伝わってきます。
      6歳という事は色んな物に興味を持ち、吸収しやすい年齢ですね〜
      読み聞かせの効果で、日本語のボキャブラリーが既に豊富だなんて羨ましい限りです!
      うちの息子も当時はアンパンマンやパワーレンジャーの番組を日本語で見てたものですが、
      ティーンエイジャーとなった今では日本語の動画なんて興味がないので全く見てくれず(涙)

      海外にいると、子供の日本語(会話と読み書き)は親の育て方次第ですものね。
      私自身は自分の過去の「やり方」に後悔だらけなのですが、反抗期とはいえ
      息子は今でも日本語を上達させたいという気持ちがあるので諦めてないんです〜
      こんな私の失敗だらけの日本語教育にもかかわらず、参考にして下さってとても嬉しいです!
      時にはストレスになりながらも、お互い肩肘はらずに頑張りましょうね!