イギリスでは料理をしない上に味がまずいのが文化なのか?

イギリスの食べ物で頭に浮かぶものと言えば「フィッシュ&チップス」じゃありませんか?

スコーン&紅茶で優雅にアフタヌーンティーというイメージもあります。

でもイギリスは「料理がまずい・おいしくない」国で知られています。

本当においしい食べ物はないのでしょうか?

料理がまずいと言われていることをイギリス人はどう思っているのでしょうか?

今回はイギリスの食べ物について書いてみようと思います。

スポンサーリンク

イギリス料理がまずいと言われる理由

イギリス料理は、フランス料理やイタリア料理などと比べ種類が少なく、食材や調理法の多様性も貧弱である。世界的に「まずい料理」というイメージが定着してしまっており、当のイギリス人たちでさえ食事のまずさをジョークとして自虐的に口にするほどである。

イギリス料理がまずいのは、イギリス人自身が認めるところなのである。

なぜこれほどにまでまずいと言われるのかというと、野菜は本来の食感がわからなくなるほど茹でる、油で食材が黒くなるまで揚げる、麺を必要以上にゆでるなどといった、イギリスでよく行われる、食材本来の味や食感を残さないほど加熱する調理法が他国人には好まれないからである。  ウィキペディアより

 なるほど、調理や調味の仕方が他の国とちがい、イギリス人自身も「まずい」と認めているというわけですね(笑)

でもイギリスと言えば、料理家のゴードン・ラムゼイやジェイミー・オリバーが日本でも有名なシェフですよね。

彼らも自国の料理をマズイと思っているのか気になるところ・・・。

実はこの2人のカリスマシェフ、アメリカでも有名人なのを知ってますか?

ゴードン・ラムゼイは、アメリカの経営が悪化しているレストランを立て直すテレビ番組「Kitchen Nightmare」で有名です。

彼のあまりの毒舌ぶりに放送禁止用語が飛び交うので、番組では所々に”ピー音”がよく入ります(笑)

ジェイミー・オリバーもアメリカでは名の知れたシェフ、「Food Revolution(食の改革)」で注目を浴びています。

彼はイギリスやアメリカの学校給食の食材や質の悪さを訴え、ジャンクフードによる肥満児の増加についても指摘。

テレビを通じて「食育の改善」に取り組んでいるんですよ。

スポンサーリンク

イギリス人は料理をしない?

私は学生時代にイギリスに短気留学をしていたことがあるんです。

日本からはクラスメイトと一緒に渡英し、ホームステイしながら語学学校に通っていました。

私のホストファミリーは料理好きで食器にもこだわりがあるほど、中華料理も作るほどマメだったので、食事がまずいという印象は一切なくおいしく食べていた記憶があります。

ところが、日本人クラスメイトに食事に悩んでいた子がいたのを思い出しました!

彼女は「ホストファミリーのご飯がまずくて食べれない」と、お菓子などを買い込んで自分の部屋で食べて空腹を満たしていたんです・・・

なぜ、イギリス人は料理らしい料理をしないのか?面白い調査を発見したので紹介します。

28M_POPULAR MEALS.1

                             www.dailymail.co.uk参照

1980~2012年のイギリス4000世帯の夕食の日課を調査した結果なんです。

よく食べられる夕食ランキングを見て下さい。

1位 ロースト(ミート)
2位 ピザ
3位 サンドイッチ

夕食を作る調理時間は1980年は1時間だったのに対し、今はたったの34分ですから!

多分、スーパーの冷凍ものやインスタント、テイクアウトものを利用しているのでしょうね。

いや~これは本当にイギリス人は手間ひまかけて料理はしないのかも!?

スポンサーリンク

イギリスでおいしいのは朝食だけ?

full-english-breakfast035

美味しそうじゃないですか?これがイギリスのトラディッショナルな朝食です。

・トースト
・マッシュルーム
・焼きトマト
・ベーコンとソーセージ
・ベイクドビーンズ
・スクランブルエッグや目玉焼きなどの卵
・ハッシュブラウン

写真にはマッシュルームとハッシュブラウンが見えませんが、これらが「イングリッシュ・ブレックファスト」のメニュー

ウィキペディアには、イギリスの朝食についてこう書かれています。

素朴でシンプルなイギリス料理ではあるが、イギリス式の朝食はソーセージやベーコン、卵料理がつくなど充実している。

卵やベーコンは、現代ならともかくとして、20世紀初頭以前においては、他国では庶民が朝食メニューとして食することは到底考えられない、ぜいたくな食材である。

一般的に「イングリッシュ・ブレックファスト(ウェールズなど場所によって名称は異なる。総称はフル・ブレックファスト)」と言えば、より品数の少ないアメリカン・ブレックファストや温かい料理がないコンチネンタル(大陸式)・ブレックファストよりも上級に位置付けられる。

英国式朝食は”アメリカン・ブレックファスト”や”コンチネンタル・ブレックファスト”より上級らしい!!

作家であるウィリアム・サマセット・モームはこんな皮肉な名言を・・・

イギリスで美味しい食事を摂りたければ、3食朝食を食べるべき

確かにそんな気がしてきました(笑)

まとめ

イギリス料理についてでしたが、いかがでしたか?

私自身イギリスの伝統料理をすべて試したことがないので、試してみたくなりました。

  • 調理や調味の仕方が異なるのでイギリス料理はマズイと言われている
  • イギリス人も食事の不味さは認識し、ジョークにするほど
  • 普段の夕食は準備に30分程度しか時間をかけず、サンドイッチやピザなどばかり
  • イギリスの朝食だけはボリュームがあり豪華なので上級と言われている

国が変われば違うもので、イギリス人は料理には無関心なのが伝統のようです。

食材に火を通したものを食べてお腹いっぱいにさえなれば、味はどうでもいいという調理法が普及したイギリス。

加熱しすぎる上に味付けも素っ気ないのが、他国の人からは「マズイ」と言われる理由のようですね。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする