家族3人ほとんど風邪を引かない身体な理由を考えてみた

毎年冬になると風邪やインフルエンザなどのウイルス性の病気が流行しますよね。

”風邪は万病の元”と言われるだけあって、できれば引きたくないものです。

我が家は免疫力に良いとされる食事、運動、睡眠などに特別に気を付けている事は何もありませんが、家族3人ともほとんど風邪を引きません。

理由はハッキリとわかりませんが、今回は思い当たる「我が家が風邪を引かないようにしていること」を書いてみようと思います。

スポンサーリンク

うがい・手洗い・殺菌消毒

実はアメリカには、手洗いの時に日本のようにうがいをする習慣がありません。

でも、私は息子が小さい頃から「手洗いとうがい」はセットで教えて来ました。

普段は「水うがい」が基本ですが、ちょっと喉がイガイガするなと思ったら、ティーツリーオイルを1滴コップの水に垂らしうがいをするようにしています

ティーツリーの精油には優れた殺菌作用があるからです。

「お勧めエッセンシャルオイルの効能、家庭で活用できて便利な2つ!」も参考にどうぞ

そして、手洗い後はハンドサニタイザーに含まれるメチルアルコールで手を殺菌消毒します。

学校、トイレ、ドア、テーブル、電車のつり革など他人と共用する場所はバイ菌だらけ!

そんな時に小さな携帯用サニタイザーを持っていれば、出先で使用できるのでとても便利♪

私が使用しているのはフランスの「イヴロシェ」というコスメショップのものです。

香りがきつ過ぎずいい香りな上に、サラッと使えてお気に入りです。

IMG_0654

「病気予防に正しい手洗いとハンドサニタイザー併用の勧め」も参考にどうぞ♪

スポンサーリンク

サプリメントの利用

欲しい食材(特に日本食材)が簡単に手に入らない海外では、あるもので料理をすることが多いもの。

毎日の料理はなるべく野菜を使うようにしていますが、決して栄養バランスが完璧とは言えない食事です。

外食することもあるし、家でもピザやホットドッグなどのジャンクフードを食べることも!

だから毎日、朝食後に家族全員がマルチビタミンのサプリを摂取しています。

我が家は日本でもおなじみ「コストコ」ブランドの大容量を愛用中です。

アメリカブランドのマルチビタミンはいくつか試しましたが、ビタミンとミネラルのバランスの良さにこれに落ちついています。

IMG_0655

ビタミンCの1日の必要摂取量は100mg以上が望ましいらしい。

食事からも摂取している事を考えると、このサプリ1粒に90mg入っているのは風邪予防に役立っているのかいないのか・・・

もうひとつ、なかなか海外で食べることが出来ない魚の代わりにフィッシュオイルEPADHAを補っています。

DHAは子供の脳に良いので息子は液体やグミタイプを摂取!

「DHAは子供の脳に良い!飲みやすいフィッシュオイルのサプリがお勧め」も参考に♪

糖尿病などの生活習慣病に良いからか、フィッシュオイルはアメリカの医者からは本当によく勧められるサプリです。

フィッシュオイルには免疫力を強化したりコレステロールの低下や血液をサラサラにする効果があるんですよ。

スポンサーリンク

毎日のルイボスティー

ルイボスティーを飲み始めたのも、健康云々ではなく些細なきっかけでした。

「ルイボスティーの栄養成分はノンカフェインで40代にオススメ!」も参考にどうぞ 

たまたま地元のスーパーに売っているお手頃なルイボスティーを試しただけなんです。

活性酸素を除去する抗酸化作用により、免疫力を高めてくれるのがルイボスティー

風邪の予防に欠かせないビタミンCは、身体のエネルギー産生に必要なビタミンB1群、鼻や喉の粘膜を強化する働きのあるビタミンB2と一緒に摂取するのが効果的だそう。

なんと、ルイボスティーにはこれらのビタミンすべてが含まれているからスゴイ!!

私はハーブティーやコーヒーも飲むので、ルイボスティーはコップで2~3杯しか飲みませんが、毎日飲み続けていることで効果を得られているのかもしれませんね。

まとめ

本当にこれだけ?と言われそうですが、思い当たるのはこれくらいなのです(笑)

本当は規則正しい生活や適度な運動などが強い身体つくりに必要だと思うのですが。

もしかしたらこれだけで風邪を引きにくくなるかも!?

  • うがいと手洗い、手の殺菌消毒に心がける
  • 食事+サプリメントで栄養補給
  • 毎日のルイボスティー

風邪をよく引いてお困りの方のお役に立てたらうれしいです。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする