アメリカ生活、クーポンのダブル使いで高い食費を節約する方法

アメリカにいても、主婦なら食費を節約する方法を知りたいですよね。

実はアメリカは”クーポン天国”なのはご存知ですか?

雑誌、新聞チラシ、ウェブサイト、店頭にもクーポンだらけなんです。

節約生活が必須な私は、アメリカではクーポンを駆使して食費を節約していました。

ちなみにアメリカでは、家族4人の平均食費は1ヶ月800ドル前後と言われます。

今回は、クーポンを賢く使う方法と私の食費節約方法を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

買い物の計画を立てる

アメリカの多くのスーパーやドラッグストアは、会員になると通常価格よりも安く買い物ができることが多いんですよ。

まずは、利用するお店のウェブサイトから会員登録をして「メンバーズカード」をゲットしておくことを忘れずに!

さらに会員特典でサイトからお店のクーポンをダウンロードできるから絶対お得♪

”カード”と言っても、こんな風にキーチェーンに付けれるサイズなのでかさばりませんよ~

1週間分の献立と食材チェック

まず、節約で一番大事なのは買い物に行く回数を少なくすること!週に1~2回で充分です。

えーっ?!野菜やお肉は新鮮なのを買いたいからムリ無理~って?

お肉やほとんどの野菜は冷凍保存が可能!保存方法をひと工夫して食品を軽々1週間長持ちさせちゃいましょう。

「野菜は冷蔵庫で1週間以上長持ちさせる!保存方法を工夫して食費を節約」も参考に♪

1週間分の大まかなメニューを書き出し、料理に必要な食材をメモします。

「ハンバーグ」「カレー」などメインなものだけでもOK!

メイン以外のおかずはその日に冷蔵庫にあるもので調理すると無駄がありませんよ。

お店のチラシやサイトで特売品をチェック

折り込みの”スーパー”や”ドラッグストア”のチラシ、またはウェブサイトを覗いて献立に必要な食材がセールになっていないかチェックしましょう!

ほとんどのセール期間は1週間単位ですが、たまに「2 day Sale」などの数日だけのセールもあるので気をつけて下さいね。

スポンサーリンク

クーポンの準備

クーポンには大きく分けて2種類ありますので、簡単に違いを説明します。

ストアクーポン(store coupon)

お店が発行しているクーポンを「ストアクーポン」と言います。

このクーポンは、クーポンを発行しているお店だけで使用できるクーポンです。

クーポンの上の方に”◯◯(お店の名前)クーポン”と記載があるので確認して下さい。

上の写真は”Target”というお店のクーポンなので”Target Web Coupon”と記載があります。

お店のウェブサイトから簡単にストアクーポンを入手できますよ。

また、スーパーやドラッグストアのチラシにもストアクーポンが付いているので、忘れずに切り取りましょう。

マニュファクチュアクーポン(manufacturer’s coupon)

もう1つ、メーカーが発行しているのクーポンが「マニュファクチュアクーポン」

このクーポンは、どのお店(スーパーやドラッグストア)でも使用できるクーポンです。

チラシや雑誌や商品、クーポンサイトから手に入れられます。

写真の上のクーポンがクーポンサイトから印刷してハサミで切ったクーポンです。

アメリカで有名なクーポンサイトの3つがこちら↓↓(会員登録する必要はありません)

coupons.com

SmartSource.com

redplum.com

その商品の扱いのあるお店ならどこでも使える便利なクーポンなんですよ。

更に分かれる「ペーパークーポン」と「デジタルクーポン」

クーポンにはメーカー発行とお店発行の2種類があるというお話をしました。

実は更に2種類に分かれるんです。

自宅のプリンターで印刷する紙の”ペーパークーポン”と、サイトからデジタル形式(ペーパーレス)でカードにダウンロードする”デジタルクーポン”

それぞれ、メリットとデメリットがあります。

ペーパークーポン

【メリット】

ペーパーのクーポンは、”マニュファクチュアクーポン”と”ストアクーポン”を併用できるため、割引率が最大限になる!

つまり、1つの商品に2枚のクーポンのダブル使いが可能ということです。

もちろん2枚のクーポンが同じ商品対象でないとダメですよ。

例えば、セールで$1.99の商品が「50¢オフのストアクーポン」+「50¢オフのマニュファクチュアクーポン」のダブル使いで

$1.99-$1=99¢、つまり半額になるんですよー!

セール価格の半額ですからね!定価からしたら半額以上の割引になっちゃいます。

商品によっては、最終的に無料になってしまうこともあるので侮れませんね~。

【デメリット】

自宅で印刷しなければならないのでプリンター(紙とインク)が必要で、ハサミで切り取るなど手間と時間がかかる

デジタルクーポン

【メリット】

お店やクーポンサイトからカードに直接ダウンロードできるので簡単便利である

【デメリット】

ペーパークーポンとの併用が不可の場合が多く、ダブル使いができない

ペーパークーポンなら枚数分商品が購入可能に比べ、買える品数に限度がある

というようにそれぞれに良い点と悪い点がありますが、私は食費節約のためにプリンターのインク代がかかっても、ペーパークーポンの”ダブル使い”がお勧めです!(笑)

スポンサーリンク

買い物に行く時に気をつけること

いざ、クーポンを持って買い物に行く時もいくつか注意点があります。

ドラッグストアとスーパーを使い分けるべし

アメリカで有名な3大ドラッグストアといえば・・・

  • Walgreens
  • CVS
  • Rite Aid

だと思うのですが、これらは”薬”だけのお店ではありませぬ!

日本のマツキヨのように食品や日用品やメイク用品も売っており、セールで掘り出し物がある場合も多いから要チェックです。

ドラッグストアでは、商品によっては「セール+クーポンダブル使い」でスーパーより安く購入することも可能だから。

ドラッグストアとスーパーが近いなら是非ハシゴして下さい(笑)

ピーリークーポンを見逃さぬべし

時には、商品に「Save 50¢Now」などと書かれたシールのマニュファクチュアクーポンがくっついている場合があります。

このようなクーポンをピーリー(Peelie)クーポンと言います。

使いたい時はその場でテープを剥がし、支払い時にレジで出せば即時使える優れもの。

もちろん、お持ち帰りしてあとで使ってもOKです。

まとめ

クーポンを使ってお得に買い物をするポイントは

  • 空腹時に買い物に行かないこと
  • クーポンは予め前もって用意しておくこと
  • リストに書いたものだけ買うこと
  • 買い物はなるべく週に1~2回にすること

これさえ気をつければ1ヶ月の食費をグッと減らすことが出来ますよ♪

わが家は3人家族ですが、アメリカの1ヶ月の平均食費の半分以下に押さえていました。

少しずづ食費を削ることでその分をヘソクリや貯蓄に回し、やりくり上手になりましょう!

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする