海外在住主婦必見!3つの工夫で食費を節約するコツ教えます

家計の中で「食費」の占める割合って意外と大きくないですか?特に海外在住だと、日本食を作るのに、”味噌”や”醤油”などの割高な食材を買うので出費がかさみますよね。

家族の人数や住む地域によって異なりますが、毎日ちょっとしたことに気をつければ食費は減らせるんですよ!

今回は、3つのポイントを抑えれば食費が減らせる節約方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.買い物

カツカツ生活の我が家は、食費を少しでも抑えることが必須なので「今日の夜ご飯は何にしようかなぁ」と考えながらスーパーに買い物には絶対に行きません!!

それは、3つのポイントを抑えないと節約にならないからなんです。

3人家族のわが家の1ヶ月の食費(ランチ代は別)を、アメリカでは300ドルくらいに押さえることも可能でした!

食費を抑えるため、買い物に行く前にチェックすべきことがあります。

  • 1週間分の献立
  • クーポン
  • 広告のセール品

1週間分のメニューを考える

面倒なら「麻婆豆腐」「ハンバーグ」などのメインのおかずだけでも良いので、ざっと1週間分の献立を書き出し必要な食材を紙に書き出します。

買い出し回数や食材の数を減らすことで、余計な出費を防ぐためです。

クーポンのチェックと用意

ウェブサイトやチラシなどのクーポンをチェックして用意します。

クーポンと言っても「たった50¢割引だし~」と、もしかして思いました?

セールの時に使用すればより安くなるし、”ストアクーポン”と”マニュファクチュアクーポン”のダブル使いでタダ同然になる場合もあるのであなどれないんですよ!

詳しくは⇒「アメリカで食費をクーポン使いで節約する方法」をどうぞ

チラシのセール品をチェック

チラシのセール品を見ながら献立を考えるのがやっぱりお得ですよね♪

時間はかかりますが、お店によって同じ商品でも値段が違うのできちんとチェック!

2件のお店同士が離れているとガソリン代がもったいないですが、ご近所なら底値を目指してお店のハシゴをするのがベターです。

「買い物リスト」に書かれたものだけを買い、なるべく週1~2回の買い物で済むようにするのもポイント♪

スポンサーリンク

2.食材

保存方法

買い出しに行って、食材を買ったらすぐにすることがあります。

食材をただ冷蔵庫や冷蔵庫に入れるだけじゃないですよ~

ズバリ、食材を長持ちさせるように保存することです。

じゃがいもは芽が出ちゃうし、もやしは日持ちしないし・・・

せっかく買ったのに、食べ切らなかったり傷んでしまっては無駄になってしまいますよね?

例えば、お肉は小分けにして冷凍にしたり、野菜は刻んで冷凍保存したりと少し手を加えることでグ~ンと長持ちするんです!

詳しくは⇒「食品を長持ちさせて使い切る保存方法」をどうぞ

ここでお肉を買う時のポイントをひとつ!

夫はアメリカ人の肉好き。ステーキやポークチョップなどのような大きな肉を買っていたら食費が大変なことになるので、ほとんど買いません!

私は節約のために、豚肉を買う時は塊を買って、スライサーで薄切りにして小分けにして冷凍保存します。

ひき肉や薄切り肉はお料理の応用が効くし、野菜を加えればたくさんの肉を使わずに済むので、肉好き夫のためにほぼ毎日夕飯にお肉を使用しても大丈夫♪

日本食材

材料費が高価だから、日本食を作ると食費がアップしてしまうのは仕方がないですよね・・・

日本のごはんが食べたいけど、買うと日本の2~3倍は当たり前だから頻繁に食べれない

そんな時、作れるものは「手作り」しちゃいましょう。Cookpadが大活躍ですよ~

・納豆⇒「冷凍納豆を種に手作り納豆を作る」
・餃子の皮⇒http://cookpad.com/recipe/940160 
・ふりかけ⇒http://cookpad.com/recipe/1346728
・ポン酢⇒http://cookpad.com/recipe/1173495
・めんつゆ⇒http://cookpad.com/recipe/1174283
・お好みソース⇒http://cookpad.com/recipe/2110511

などなど、手作りは手間と時間がかかるけど節約のために!

スポンサーリンク

3.ランチ

1食分は大した額ではなくても、月単位で見ると結構バカにならないのがランチ代ですよね。

子供の学校給食、アメリカに関してはジャンクフードが基本です。そんな不健康な給食を変えようと始まった大統領夫人ミシェル・オバマさんの政策によって、アメリカ給食は更にマズく、量も少なくとんでもない給食に・・・

「日本の給食と違い、マズすぎるアメリカのランチ」も参考にどうぞ

もちろん、そんな給食に月50ドルも払うのはもったいない。

夫の仕事中のランチだって月100ドル以上はイタイ出費だし不健康

それなら、夕飯を多めに作って翌日の家族のお弁当にしてしまいましょう。

じゃあ、妻のランチはというと・・・たまにはお友達と外でランチしたいですよね~

それも良いのですが、自分の自宅にお友達を呼んで持ち寄りランチにすれば、外食よりも出費が抑えられると思うんですよね。

まとめ

食費を節約するための3つのポイントでしたが、いかがでしたか?

  • 準備をして買い出しに行く
  • 食材の保存方法に気をつけ、作れるものは手作りする
  • 多めに作った夕飯の残りを活用してランチ代も節約

普段こうやって頑張って節約して浮いたお金は、貯金に回すのも良いですが、たまにはレストランでおいしいステーキを食べるのに使うのもメリハリがあっていいと思いませんか?

アメリカではクーポンを駆使していた私、ヨーロッパではアメリカほど節約が出来ないのが悔しい~~!

節約は楽しみながら続けましょう!海外在住の主婦の方の参考になれば幸いです。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする