アメリカ節約クーポン生活!これが8割引きの日用品買い物方法

日用品は食品より買う頻度は低いけれど、レシートの合計金額に驚いたことはありませんか?

日本ではディスカウントストアや特売日を利用すれば、日用品を通常価格の2~3割引きで買えることがありますよね。

アメリカでも洗剤やトイレットペーパーは意外と値段が高いのですが、会員セールとクーポンを利用すれば定価の半額以下、もしくは60~80%引きの買い物も可能なんですよ!

今回は私が実際に激安で購入した日用品の買い物方法をを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 アメリカのクーポンの仕組み

まず、クーポンには2種類あることを覚えておきましょう。

  • Manufacturer’s Coupon(P&GやOral-Bなどメーカーが発行)
  • Store Coupon(スーパーやドラッグストアが発行)

マニュファクチュアクーポンはクーポンサイトが発行した「折り込みチラシ」や「クーポンサイト」から入手でき、大手のお店なら基本的にはどこでも使用可能です。

女性のスキンケア商品、Garnierの拭き取りトナーのクーポンで見てみましょう。

こちらは折り込みチラシの2ドル割引マニュファクチュアクーポン

必ずManufacturer’s Couponと書かれているので分かりやすいです。

ストアクーポンは「お店発行のチラシや冊子」や「お店のウェブサイト」から入手し、そのお店でのみ使用可能です。

たいていお店のロゴや名前がクーポンに印刷されています。

こちらはウォルグリーン(ドラッグストア)発行クーポン冊子の1ドル割引ストアクーポン

この拭き取りトナーをウォルグリーン以外のお店で買う場合は、マニュファクチュアクーポンのみ使用可能なので2ドルオフになります。

でもウォルグリーンで買う場合はマニュファクチュア+ストアクーポンのダブルで使用可能なため、合計で3ドルオフで買うことができるんです!

アメリカのクーポンってスゴイと思いませんか??

⇒「アメリカで食費を節約する方法!日本とは違うクーポンの使い方」も参考にどうぞ

クーポンの仕組みが分かったところで、次に実際に私が激安価格で購入した節約例をご紹介!

スポンサーリンク

 女性用カミソリを買う

女性のムダ毛処理に欠かせないカミソリ、結構なお値段しますよね~。

こちらが実際に私がドラッグストアで買ったカミソリBICのSoleil(3本入り)です。

まず、セールの詳細はこんな感じです

  • 会員セール価格は1つ$5.99(通常価格$8.49)
  • 2つ購入すれば3000ポイント($3キャッシュバック)もらえる

ここからがクーポン威力の発揮時です(笑)

クーポンサイトからこのような3ドル割引のマニュファクチュアクーポンを2枚印刷
(この写真のクーポンは例で、実際に使用したものとは異なります)

セールとクーポンを利用して購入した結果をレシートで見てみましょう。

通常価格で買った場合は$8.49×2つで合計$16.98

セール(-$5)+クーポン割引(-$6)で合計$5.98になります。

さらにレシートには記載がありませんが、2つ購入したので会員特典で3000ポイントがカードに加算($3キャッシュバックと同じ)

つまり$5.98-$3で実質支払ったのは$2.98通常価格の80%オフで購入~♪ 

1,700円のものを300円で買ったと考えるとすごいですよね!

スポンサーリンク

 洗濯用液体洗剤を買う

洗剤も1度買うとしばらく買わずに済みますが、アメリカでは安いものではないんですよ。

ドイツではBest-sellingな洗剤として有名なPersil(パーシル)、2015年からアメリカでは”Persil ProClean”として販売を開始しました。

するとその優れた洗浄力から、今ではアメリカで長年Best-sellingであるTide(タイド)の人気を抜く勢いだそうな。

ドイツではもちろんパーシルを愛用していたわが家、アメリカでも使いたいけどお値段が痛い!!

そんな時はセールとクーポンを利用して買うのが得策なんですよね♪

ドラッグストアで通常価格$8.49のパーシルが、会員セール価格$4.99になっていました!

これだけでもかなりのお買い得感がありますが、まだまだですよ~

じゃ~ん!折り込みチラシの2ドル割引マニュファクチュアクーポンの出番です。

残念ながらストアクーポンは見当たらなかったので、このクーポンだけで買い物します。

セール価格$4.99-$2=$2.99、なんと通常価格の65%オフで購入~♪

 最後に

クーポンを上手く利用した節約方法でしたがいかがでしたか?

  • お店の会員になっておくこと
  • セールとクーポンを最大限に利用すること

アメリカではこの2つで通常価格の半額以下で買い物することが可能なんです。

会員にならずにスーパーやドラッグストアで定価で買い物をするのは、何十ドルも損することになります!

手間ひまはかかるけれど、セール品やクーポンの下調べをしてから買い物に行くことでグーンと生活費を抑えることができますよ。

アメリカ在住の方に参考にして頂けたら幸いです♪

Happy Savings!!

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています