なぜ小学校で体育のドッジボールは賛否両論なのか?

ドッジボールといえば、私の子供の頃は小学校の体育の時間にあったもの。ボールが当たれば痛いこともあるけれど、子供が楽しいと思える球技のひとつではないでしょうか。

ところが、今の時代は子供のドッジボールについて「学校で禁止すべき」という意見が出てきているそうです。

実はアメリカでは長年この議論は続いており、学校でのドッジボールが禁止されている州もあるんですよ!

今回は、日本とアメリカの「ドッジボール論議」について書いてみようと思います。

スポンサーリンク

アメリカの現状

アメリカのニューハンプシャー州、メイン州、メリーランド州、ニューヨーク州、テキサス州などの学校ではドッジボールを禁止している学区があります。

アメリカではドッジボールのことを”Murder ball”や”Killer ball”、そのアグレッシブさから殺人玉と呼ばれることも。なんか大げさ?

10年以上前になりますが、ニューヨーク州で7歳の女の子が学校でドッジボール中にチームメイトとぶつかり転倒、ひじを骨折したので学校を訴えたことがありました。

これを機にアメリカの多くの学校では、表向きは”安全性”を理由にドッジボールを禁止しています。

・弱い子をターゲットにした”いじめ”
・ケガ
・暴力的

などがドッジボールが禁止されるべきと言われる理由

でも実際は、このように親が学校を訴えるケースがあとを絶たず、キリがないので「面倒だから学校で禁止にしちゃえ」というのが本音でしょうね・・・

アメリカのDebate.orgの調査では「ドッジボールは禁止されるべき?」という問いに対し

27%が「禁止されるべき」と答え、73%は「禁止すべきではない」と答えています。

我が家の息子が通っていた小学校では、運良く体育の時間にドッジボールがあり、息子はとても楽しんでました。

場所によるかもしれませんが、アメリカの公立学校の体育の授業ってホントつまらないし、たいしたことをしないんですよね。

ひたすら走るか筋トレ、あとはバスケやサッカーなどの球技が少しだけ

だから、ドッジボールなどの”球技”は子供達には刺激的ですごく楽しいみたいですよ!

体育館でゴム製ボールを使用するのでケガは少ないようです。

体育の授業ではないですが、ドッジボールが暴力的と言われるなら、子供に人気のアメリカンフットボールもギアを付けているとはいえ、かなり暴力的だし大ケガが多いスポーツじゃないかと私個人的には思います。

スポンサーリンク

日本ではというと

以前ドッジボールについて、SNSでのある日本人の方の「いじめにも繋がりかねない暴力的なスポーツだから禁止にすべき」発言が話題になり、色々な意見が飛び交ったようですね。

反対・賛成意見のアンケートがウェブ上でたくさん公開されていたのが興味深い!

NumberWebがこの日本人の方の”禁止提言”についてどう思うかアンケートを取った結果、

禁止はやり過ぎ・・・90.6%
禁止でも良い・・・9.4%

と、やはり禁止にする必要性を感じてない人が圧倒的です。

私も禁止はやり過ぎだと思う派なんですけどね~

アンケートについての意見を抜粋してみると・・・

確かに、弱い子に思いきりボールをぶつければ、あてられた方からすれば、怖いし痛いし怪我もするかもしれません。
でも、「だからやめましょう」では、何の解決にもなっていない。いわゆる臭いものにフタをしただけの話。「だからやめましょう」ではない。それが教育現場であればなおのこと。61さんより

考え方が極端。野蛮に見えるスポーツはほかにもある。いじめにつながるというも短絡的。イカ刺しさんより

私も個人的に同意見です!私が小学校の頃は授業中に包丁を使うことも、彫刻刀を使うこともありました。

ドッジボールが当たってケガをするより、刃物で手を切る危険性の方が高くないですかね?

今の日本では、手を切る危険性があるから刃物を授業で子供に使わせない、または使いたくないと言う子供には使わせないようにしているのでしょうか?

だとしたらアメリカと同じニオイがぷんぷんですよー(笑)

例えリスクが低くても、何かが起きてしまったら学校が困る、企業が困る、親が困るからという理由で”禁止”にしてしまおうとする大人の都合な気が・・・

球技、器械体操、水泳などいろいろなことを体験し学べるのが日本の体育の授業。

だからこそ、体育の中でも子供個人で”好き/嫌い”や”得意/不得意”があるのは当然ですよね。

ドッジボールも好きな子もいれば嫌いな子がいるのも当然ですから!

スポンサーリンク

最後に

日米子供のドッジボールについてでしたが、いかがでしたか?

ドッジボール言えば、ベン・スティラーの「ドッジボール」というコメディ映画♪5926fdaa-74bb-4ce9-9eb0-93d9fde2dd56_625x352

話がそれました・・・アメリカの小学校でドッジボールや鬼ごっこが禁止されている所が多いと初めて聞いた時、日本で育った私は本当にびっくりしました。

考え方に”はぁ~?”と呆れることも多いアメリカ、今では「アメリカらしい」と思えるようにはなりましたけど、この”ソフトさ”がアメリカの現状であり問題点でもある気がするんです。

だから、日本でも論争があったと知ってアメリカっぽいなぁと思っちゃいました。

反対の人は「安全性」など反対なりに、賛成の人は「キリがない」など賛成なりの意見がそれぞれあることでしょう。

なんでも簡単に「ダメ」とすることが、長い目で見た時に本当に良い結果になるのかを、子供の手本になるべき大人がよく考えた方が良さそうですね。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. マリア より:

    ドッチボールは断固ゼッタイに大反対です。
    アメリカでは現に法律で禁止になっています。青少年の非行の原因になるので、法律で禁止するべきだと思います。青少年に悪影響します。非行から犯罪に繋がります。
    断固ゼッタイに反対意見です。

    • てりぃ より:

      マリア様、コメントを頂きありがとうございます。
      そうですね、日米を始め学校でのドッジボールについては賛否両論があるのは当然ですよね。
      子供の”球技”としては私は賛成派ですが、もちろん”いじめ”の手段としては反対です!