愛情は同じ、でも何かが違うアメリカとドイツの犬の飼い方

犬を飼っている人が必ず苦戦するのが「しつけ」ですよね。子育てと同じ、簡単ではないので根気と忍耐が必要です。

人間がどのように犬と接しているかによって犬の性格が変わってきますよね。

日本人の私が海外に住み、アメリカとドイツでは飼い主の”犬のしつけ”についての考え方が違うんだなと思ったことがありました。

そんな「所変わればこんなに違う欧米の飼い方事情」について書いてみようと思います。

スポンサーリンク

法に守られていきいきと暮らすドイツの犬

私がまずびっくりしたのが、駅やレストランなどどこでも犬を見かけること。

そして犬を飼っている人がとても多いにもかかわらず、どの犬もしつけがよく行き届いているということ。

その鍵は、犬を飼っている人が多いドイツの「動物保護法」の条例にありました!

例えば、犬を飼う場所の広さや環境がきちんと定められていること。

犬が犬らしく健全に生活できるようにきちんと考慮されているんですね~

例えばこの2つ

飼養者との交流が充分に保証されなければならない

ケージや鎖に繋がれず、家の中で放し家族と一緒に生活します。バスや電車に同乗できるし、デパートやレストランも同伴OKの所が多いです。

お留守番は犬へのストレスになるので、数時間のみと条例で定められています。だから飼い主はいつも犬と一緒なんですね。

犬の欲求を満たすために、毎日数回相当時間、外で散歩しなければならない

飼い主は犬を1日数回散歩に連れ出します。場所によってですが「ノーリード」は普通です。

犬が自らリードをくわえて散歩してる姿はとても愛らしいんですよ。

雨の日も雪の日もドイツ人は外に出て犬の散歩に行きます。

散歩をすることで他の犬たちとふれあい、外の世界を学ぶ”社会化”が犬には必要なんですね。

ここで疑問が出てくるんです、ドイツでは外や公共の場で犬にたくさん出会うのに、どの犬も落ち着きがあり、吠えたり喧嘩したり飼い主の元から離れたりというのをほとんど見かけないのはなぜ?

それは行き届いた「しつけ」のおかげなんです!

自宅でしつけをする人も「ドッグスクール」のような訓練施設に参加してトレーニングをする人もいます。

ドイツ人の徹底した”しつけ”が、どこに行っても恥ずかしくないお利口な犬に育てるのです。

さすが「子供と犬のしつけはドイツ人に!」と言われるだけあります。

私個人の意見ですが、犬を飼っている多くのアメリカ人にぜひ見習ってほしい(笑)

しかーし、ひとつ私が気になるのが、飼い主が散歩の時に犬のウンチを拾って行く人が少ないこと!

こればかりは飼い主の”しつけ”が必要そうですね~。

スポンサーリンク

運動不足がちょっとかわいそうなアメリカの犬

アメリカも犬を飼っている人が多いと思います。土地の広い田舎では、フェンスのある家の裏庭で放し飼いにしている人が目立ちます。

私が住んでいた田舎町の小さなサブディビジョンのご近所さん8割が、ヨークシャテリアからシベリアンハスキーまで様々な犬を飼っていたので、ウチの息子はすっかり犬好きに。

そんなアメリカ田舎生活で、私が気になったことがこの2点

1)充分な犬の散歩をする人が少ない

広い庭に犬を放していても、犬には不十分な運動量。

日本でも1日1~2回は犬の散歩に行きますよね?でもアメリカ人はあまり犬を散歩に連れ出さない気が・・・

犬と歩ける歩道がないから?それとも単に面倒臭いから!?

散歩に行かないならトイレはどうするのかというと、オシッコとウンチは庭でするようにしつけられています。

2)しつけが行き届いてない犬が多い

アメリカの訴訟で多いケースのひとつが”飼い犬の隣人トラブル”です。

番犬としてピットブルを飼っている家庭も多く「噛まれてケガをした」と訴訟になる恐ろしいケースが結構あるんですよー!

元々凶暴な犬ではありますが、しつけがきちんとされてないケースが多い気がするんです。

ペットショップの「しつけ教室」や「ドッグスクール」があるのに、アメリカではあまり利用されないんでしょうか・・・

アメリカ人はドイツ人ほど「主従関係の大切さ」や「犬が欲しいもの」を認識・理解していないのかもしれません。

犬が言うことを聞かないと、しつけを諦めて犬を手放す飼い主がいるんですから~!

自分の子供に対しても「手を焼く子だから」と育児放棄するのかい?と思ってしまう

これがアメリカのペットシェルターにピットブルがたくさんいる理由なのかもしれない・・・

スポンサーリンク

犬に必要な3つのこと

犬を飼っている人なら知らない人はいないであろうアメリカのカリスマトレーナー、シーザー・ミランをご存知ですか?

1226-cesar_millan_by_allen_birnbach

彼のテレビ番組「Dog Whisperer」は息子とよく見ていた番組です。シーザー・ミランが問題犬のいる家庭に行き、犬には正しい振る舞いを、飼い主には正しいしつけ方法を教えるというもの。

アグレッシブすぎる、リードをグイグイ引っ張って勝手に進んでしまう、人が来ると吠える・・・などなど、あるあるですよね!?

手を焼くワンちゃんのしつけに悩んでいる人は多いです。

でも、このシーザー・ミランの言う通りに訓練すると「今までは何だったの!?」と思うくらいにお利口さんの犬になるんですからびっくりです。

彼いわく、犬の必要なものを与えてあげることで、多くの問題が解決できるそうです。

犬に一番必要なことは何だと思いますか?

  1. 運動・・・ 犬は運動不足だとストレスが溜まり、噛んだり吠えたり悪さをしたりする
  2. ルール・・・リーダーが誰なのかをはっきりさせて、しつけを徹底する
  3. 愛情・・・ 1番と思いがちな愛情は、3番目で良いそうです

シーザー・ミランいわく、これが犬に必要なことベスト3だそうです。

最後に

私の狭い世界でのアメリカ人とドイツ人の犬の飼い方の違いでしたがいかがでしたか?

やはり、アメリカのように犬を散歩のために外に連れ出さず、庭で遊ばせるだけでは犬はストレスが溜まってしまいそうですね。

他の犬との交流もほとんどない上に運動不足だし、吠えたり悪さをしたり言うことを聞かなくなるのは仕方のないことかもしれません。

ドイツでは、犬に良い環境を与える国の法律と、飼い主による徹底したしつけが、ストレスのないお利口な犬を育てているんだなぁと実感しました。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする