水回りの掃除は専用洗剤なしで!主婦の簡単節約方法

毎日の水回りの掃除は「トイレ用」「お風呂用」「キッチン用」と専用洗剤を使い分けてませんか?

たくさん種類があってどれを選んでいいか迷ったり、意外と出費がかさんでいたり、洗剤の臭いが気になったりしますよね。

それぞれ洗剤を買わなくても身近なものを使って掃除すれば、水回りは一気に掃除できて経済的なんですよ。

今回は専用洗剤なしでお掃除して洗剤代を節約する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

手作り洗剤に必要なもの

100円ショップでも最近では「重曹」や「クエン酸」が手に入るという情報。これは洗剤を作るしかない!!

  • ベーキングソーダ(重曹)
  • クエン酸(酢)
  • スプレーボトル
  • ティーツリーオイル、またはペパーミントオイル

たった4点で準備完了!

⇒ ティーツリーとペパーミントの精油については「お勧めエッセンシャルオイルの効能、家庭で活用できて便利な2つ!」を参考にどうぞ

どうやら100円ショップで売っている重曹は「掃除用」のようですね。重曹は掃除だけでなく料理にも使える万能な粉なので、できれば食用で使える重曹が便利なのでおすすめ!

それが私が使っているこちらの重曹です。

IMG_0651

アメリカの「アーム&ハンマー」の重曹ですが、日本のコストコにも売っているそうですよ。

「クッキーだけじゃない!食用重曹・ベーキングソーダの活用法」も参考にどうぞ

スポンサーリンク

台所とお風呂場の掃除

ベーキングソーダ(重曹)は「研磨作用」と「油を分解する作用」があるのでキッチンやお風呂場のお掃除に力を発揮して大活躍なんですよ。

シンクやガスコンロの汚れ

重曹を適量ふりかけて水を含ませたスポンジでこすればスッキリ汚れが落ちます。最後に水拭きで重曹を拭き取るのを忘れずに!

ヌルヌルの排水口

重曹を適量ふりかけたら、酢(またはクエン酸水)をかけます。シュワシュワと泡立ちますが20~30分そのまま放置して洗い流します。

お風呂場の壁や浴槽

湯垢や石鹸の飛び散りも、水を含ませてペースト状にした重曹をスポンジに付けてこすればあっという間にピカピカです。最後に水で重曹を洗い流すのを忘れずに!

お風呂場のカビ

ペースト状にした重曹を使いふるしの歯ブラシにつけてゴシゴシ擦るだけ。なかなか落ちないカビには酢をふりかけてしばらく置いてから洗い流して下さいね。

キッチンの殺菌

殺菌効果のあるティーツリーオイルかペパーミントオイルを使ってスプレーを作る。
(スプレーボトルに水1カップ位と精油を10滴ほど混ぜるだけ)

掃除後のキッチンカウンターやシンクにシュッとスプレーすればすっきり除菌と良い香り♪

※必ず使用直前にボトルをよく振って水とオイルを混ぜて下さいね。

スポンサーリンク

トイレの掃除

トイレの汚れ(水垢や尿石)とアンモニア臭はアルカリ性なのでクエン酸(酢)を使うと簡単にすっきり落とせるんです。

クエン酸は酢のように鼻につく臭いが無く、ほぼ無臭なので掃除にはオススメです。

まずクエン酸水をスプレーボトルで作ります。

  • クエン酸小さじ1~2
  • 水1カップくらい

これをスプレーボトルに入れてシャカシャカ振ったら出来上がり。普段のお掃除はこのスプレーだけで充分OK♪

「殺菌効果」がほしい場合はティーツリーオイルかペパーミントオイルをスプレーボトルに数滴加えれば殺菌力UPです!

※必ず使用直前にボトルをよく振って水とオイルを混ぜて下さいね。

私は台所にはペパーミント、バスルームにはティーツリーと使い分けています。

便器内のしつこい汚れと臭いを取る方法

消臭効果と研磨作用のある重曹をクエン酸と一緒に使います。重曹をペースト状にしてブラシでゴシゴシ擦り、クエン酸をかける。

もしこびりついて取れない場合は、クエン酸(または酢)を染み込ませたトイレットペーパーを汚れの部分に乗せてパックのようにして、数時間おいてから流すとだいだい取れますよ。

最後に

いかがでしたか?「クエン酸(または酢)」と「重曹」さえあれば、台所もトイレも掃除できちゃうんです。

しかも、エッセンシャルオイルも一緒に使用すれば殺菌効果をプラスできる上に、掃除中も部屋中にいい香りが広がって一石二鳥ですよね。

”環境”にも”お財布”にも優しいエコな洗剤でお掃除をして節約しましょう♪

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする