欧米では花火禁止!?海外と違う日本の夏の風物詩

日本の夏の夜の風物詩といえば、美しい打ち上げ花火ですよね~。海外にいても”花火”を見る機会はありますが、日本が素晴らしすぎるのでがっかりすることも(笑)

日本の家庭では、花火を手に持って”おもちゃ花火”を楽しむ子供たちがたくさんいますが、欧米では基本的に花火は特別な日以外は売買すら禁止されているんですよ。

今回は、日本と少し違う海外の花火について書いてみようと思います。

スポンサーリンク

日本が誇れる花火職人

花火の発祥地はどうやら日本ではないようですが、娯楽として日本で楽しまれるようになったのは江戸時代と言われています。

今では、夏の花火大会以外にも、日本国外でセレモニーや遊園地、イベントなどで打ち上げ花火が上がるので見る機会も増えましたよね。

危険が伴う上に、大規模な打ち上げ準備は肉体的に厳しい花火師の仕事ですが、日本人花火師の技術は世界一と言われています。

海外の様々な花火のイベントに、日本人の花火師が引っ張りだこなのも当然ですね。

こちらは長岡花火大会のビデオです。やっぱり華麗な花火を見ると落ち着きます。

スポンサーリンク

海外の打ち上げ花火は何が違うのか

私は花火にまったく詳しくない素人ですが、海外で打ち上げ花火を見ていると、どうしても気になることがあるんです!!

「日本の花火の形」と「海外の花火の形」はこんな感じに違いがあるんです。

nichigai                  japan-fireworks.com参照    

海外では打ち上がった花火が丸くない

「わ~キレイ♪」と日本人が思うのは、パッと丸い花火の花が咲いた時じゃないですか?

それに比べて海外では丸くなく、ひん曲がっているのが多いんですもん・・・

日本の花火は球体の中心にある割火薬によって星を四方八方に球形に飛ばして、円状に花を開かせます。

花火の”星”(玉)をきれいに円状に詰め込まないと丸く花が開かないので、星を詰める時はすべて「手作業」で行っているんですって!

職人技のおかげで、日本の花火は綺麗な円状に花が咲いたように広がるんですね。

海外では花火の色が途中で変わらない

日本は1つの花火でも、最初に赤色だったのが紫色に変化すると「おぉー!」と感激します。

これは数色の火薬を層に重ねて丸めるために、途中で色を変えることが出来るんです。

それに比べて海外では、一種類の色の火薬だけを機械でプレスして作るから色の変化がないんですよね・・・

でも海外の花火は円筒形で火薬量が多く、2段3段重ねで開くなど変化をつけやすいから連射が可能です。連射により多色が見えるだけで、日本のような色の変化の仕方はしないんだとか。

ちなみに、パーンと花火が打ち上がった後、星がきれいに同時に消える”キレの良さ”も日本ならではの技術なんですって!素晴らしすぎ!!

スポンサーリンク

海外の「おもちゃ花火」事情

日本では花火=夏という感じですが、イタリアやドイツでは「新年」に、アメリカでは「新年と独立記念日」にというのが身近な感じでしょうか。

基本的には新年などの決められた日のみに、庶民が外で花火をすることができます。

普段は禁止されているため、日本のようにお店で花火は買えません。

だから新年を迎える前の買える時はスゴイんです!アメリカでは「花火専門店」で、ヨーロッパでは「スーパー」で大量の花火が販売されます。

でも、日本と規模が全然違うんです・・・
img8

1つの箱で49連発とか、ダイナマイトかよ?と思うような見た目ですから。日本の家庭用花火が可愛く見えます(笑)

これを皆さん、自宅の庭とかで平気で打ち上げるんですよ。

私が昔、イタリアで友人(イタリア人女性)の誕生日パーティーに自宅に招待された時、夜に庭で打ち上げ花火をドッカンドッカン上げてましたから~。

日本では、江戸時代に明の商人が、徳川家康の前で花火を打ち上げて見せたと言われています。

17世紀に全国で花火が流行したものの、花火による火事が相次いだので日本でも花火禁止令が何回も出ていたんだそうです。

やはり、安全性の面で海外では花火を禁止している国が多いのですね。

まとめ

海外と日本の花火の違いについて、いかがでしたか?

  • 手作業で丸い華麗な花火を作る日本の花火師技術は世界一
  • 日本と海外では花火自体の形の違いから、見た目や色に違いが出る
  • 海外では特別な日以外は花火を買って遊べない

海外に住んでいると、昔ながらのおもちゃ花火である”線香花火”ですら懐かしいです。

花火とは、海外では派手さが勝負のエンターテイメント的なイメージに対し、日本では夏の風物詩だけあって”花火師の技”を鑑賞するという感じがします。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています