なぜドイツはBio(オーガニック)先進国?お勧めは近所のスーパー

日本では「オーガニックのもの」といえば、手に入りやすいコスメなどの”肌に付けるもの”に人気があるのではないでしょうか?

食べ物はどうでしょうか?有機栽培の食品を扱うお店が少ない上に、値段が高いので手に入れにくいですよね。

私の住むヨーロッパでは、有機栽培「Bio」のものが、ディスカウントストアでも手に入るほど身近なものなんです。

Bio(オーガニック)は、ここヨーロッパでどうしてこんなに身近に溢れ人気なんでしょうか?

スポンサーリンク

ドイツのBio(ビオ)について

Bio(ビオ)って何?

ヨーロッパでは、無農薬農産物やそれをエサにして育てられた家畜や魚、又はそれらを原料とする加工食品などを総称して「Bio食品」と呼んでいます。

Bio=オーガニックということですね。

オーガニック生産者協会が設けている審査基準が世界で最も厳しいと言われているドイツ

こちらがドイツの「Bio」マーク、ほとんどの食品を扱うスーパーやモールで見かけます。
img01「Bio」マークは、連邦消費者保護・食糧・農業省大臣によって導入された、連邦政府が認定するオーガニック認証の統一規格で、EU有機農業規則で厳しく定められているんですよ。

審査基準とは?

”厳しい基準をクリアしたもの・・・”と聞いただけでも、消費者からすると「安心感」がありますよね~

そこで気になる”基準”とはどんなものなんでしょうか?

クリアすべき基準を抜粋するとこんな感じです。

【野菜】
1)農薬や化学肥料を使用しない
2)3年間、基準を満たした土で栽培している
3)遺伝子組み換え技術を使用していないこと

【肉・卵】
1)家畜は狭い檻に入れず、なるべく自然に近い状態で育てる(ケージフリー)
2)ホルモン強化剤、飼育用補助剤、予防的抗生物質の注入物を使用しない
3)家畜に有機栽培によって生産されたエサを与えること

【加工品】
1)Bioの環境で育てられた農畜産物、素材を使用すること
2)合成添加物、化学薬品、加工助剤などを使用せずに加工すること
3)保存料や着色料を使用しないこと
                       plaiaden.com参照

スポンサーリンク

Bioがこんなに人気な理由

どこでも手に入る気軽さ

「Bio」専門ではない一般のスーパーはもちろんのこと、こちらではディスカウントストアやドラッグストアでも「Bio食品」が手に入ります。

野菜・果物はもちろん、肉、コーヒー、ワイン、お茶、乳製品、シリアルなどなど・・・

ドイツでは、どのお店(チェーン店)に入っても必ず「Bio食品」があるという感じ

しかも、オーガニックブランドだけでなく、ストアブランドの商品にさえ「Bio」があるのがこれまたスゴイところ!

最近、我が家の近くにオープンした「Bio」専門スーパーdenn’s Biomarkt
image

こんなにドイツの人々の生活に密着しているのは理由がありそうです。

Bio先進国になった背景とは

一番大きなきっかけとなったのは、2000年の世界で大問題となった「狂牛病」事件。

これをきっかけに、人々の中で「Bio食品は安全である」という意識が高まったのです。

その後、ドイツのオーガニック市場は急上昇し、食品からコスメまで消費者の中に定着していきました。

ある調査によると、ドイツの94%の世帯がBio製品を購入するようになったとか!

さらに、ドイツ人の90%が「オーガニック食品に賛成」70%が「遺伝子組み換え食品を購入するつもりはない」と意思表示をしています。

ヨーロッパの中でも、ドイツのオーガニック市場が他の国に比べていち早く定着した理由には、ドイツ人の”自然に対する考え方”があります。

「ドイツ人は世界一ビーチでヌードになりやすい」と言われているのを知っていますか?(笑)それだけ”自然本来のあり方”を重視する人々なんですよ。

だからこそ、ドイツは自然や環境保護、健康を大切にする「エコ大国」であり「ビオ大国」でもあるんだと思うんです。

スポンサーリンク

デメリットもあるBio食品

食品、特に有機野菜に関しては「栄養価が高い」「おいしい」というメリットがある「Bio」ですが、デメリットはあるんでしょうか?

値段が高い

需要が高くドイツでは身近な「Bio」ですが、やはり手間ひまがかかることから、値段は一般のものより10~20%アップしてしまいます。

お肉とか結構高いです!でも、商品によってはほとんど値段が変わらないものもあるから、お得な気分にはなりますよ。

賞味期限が短いものもある

酸化防止剤や添加物などが使用できないために、一般のものに比べると商品によっては「日持ち」がしないです。

少し価格が高くても、賞味期限が短くても”体に良いもの”や”安全なもの”を選ぶ人が増えているんですね。

最後に

ヨーロッパの「Bio」の中でも、先進国であるドイツについてでしたが、いかがでしたか?

オーガニックについて書いたものの、これ以上食費をアップすることが出来ない我が家は、食品のほとんどは一般のものですよ(笑)

オーガニック(有機栽培)については賛否両論あるとは思いますが、私はお金に余裕があったらもっと毎日の食材にオーガニックを取り入れたい!!

でも、基礎化粧品だけは、オーガニックのオイル(アルガンオイルやローズヒップオイル)を使用しています。

「ホホバオイル?アルガンオイル?人気の美肌オイル40代お勧めの使い方」も参考にどうぞ

ヨーロッパに旅行する機会があったら、ぜひスーパーに寄って「Bio」マークをチェックしてみて下さい!

コスメだけでなく、お菓子やハーブティー、調味料などお土産にぴったりな「Bio」がきっと見つかりますよ。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする