病気予防には手洗いとハンドジェル(サニタイザー)消毒が効果的!

冬は毎年流行して心配なのが風邪やインフルエンザなどの”ウイルス性の病気”ですよね。

胃腸かぜやノロウイルスなどの胃腸炎は誰もかかりたくないものです。

自分自身や大切な家族をばい菌から守る抗菌対策はどのようにしていますか?

今回はわが家の必需品「ハンドサニタイザー」についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

ハンドサニタイザー大国アメリカ

感染症の80%は手に付いたバイ菌が原因なのをご存知ですか?

欧米では当たり前になっているハンドサニタイザー(ハンドジェル)の携帯習慣

大人も子供もこのような小さなボトルを専用ホルダーに入れて持ち歩いています。

page

うちの息子が通う小学校の教室には1年中大きなサニタイザーのボトルが常備!

アメリカでは病院内だけでなく、学校を始めショッピングモールなどの人が多い場所にも設置されているのをよく見かけます。

教室や食堂、トイレ、図書室など共有スペースや共有物が多い学校内はバイ菌がウヨウヨですものね~。

そんなことはお構いなしに鼻をほじったり、物に触ったり、口元を抑えずに「ハクショ~ン」とクシャミをしたりするのがちびっ子たち(笑)

手洗いだってランチの前かトイレに行った時くらいしか洗ってませんよ?

だから子供は学校から病気をもらってくることが多いんですよね。

バイ菌がついた手で目や鼻や口をを触ることにより感染症を引き起こしてしまいます

アメリカでは

  • Purell
  • Bath & Body Works
  • The Body Shop

から発売されている携帯用ミニハンドサニタイザーがポピュラーです。

家の洗面所に置くボトルタイプは、スーパーやドラッグストアで簡単に買えます。

外出先での食事の前、トイレの後、電車に乗る時などにサッと出して除菌・殺菌できるので、バッグに常備していると便利でお勧めですよ!

スポンサーリンク

ハンドサニタイザーは安全?

 アルコール消毒は病院でも同じだけど、本当に安心安全なのでしょうか?

肌への影響

アメリカで市販のハンドサニタイザーには、60%以上のメチルアルコールメタノール)が含まれています。

強力なので殺菌力に優れていますが、確かに手荒れや乾燥が気になります。

そんな時はサニタイザー使用後に”ハンドクリーム”や”ローション”で保湿してあげましょう。

乾燥が気になる人はオイルやローション入りのものを使用したり、ノンアルコールタイプのサニタイザーを使う方法もあります。

市販品の香りの強さが気になる人は、アロエジェルや精油を混ぜてマイルドな手作りハンドジェルにチャレンジしてみてはいかがでしょう?

  • アロエジェル
  • 精製水
  • ティーツリーオイル

この3つを混ぜるだけでシンプルな手作りサニタイザーの完成なんですよ♪

「おすすめエッセンシャルオイルは独特な香り!ティーツリーとペパーミントの使い方」でティーツリーオイルについて書いていますので、参考にどうぞ♪

体への影響

私はアメリカのあるテレビ番組を見て「こんなことがあるものなのか!?」と愕然としたことがあります。

外出先でお酒が手に入らない”アルコール依存症”の女性が、お酒代わりにハンドサニタイザーをチューチュー飲んでいるではありませんか!!

まさかと思い調べてみると、ハンドサニタイザー飲用でアルコール(メタノール)中毒になることが可能なんだそうです。

若者のハンドサニタイザー乱用が社会問題になっているアメリカでは、近年サニタイザーの設置を止める学校も多いんだとか。

確かに息子が中学校になってからは、学校の教室内では見かけなくなったかも・・・

ちなみに日本で販売されている「手ピカジェル」の成分は、メチルアルコールではなくエチルアルコール(エタノール)だそうです。

メタノールもエタノールも体に入ると「酔い」をもたらします。

エタノールは体内で無害の酢酸に分解されるのに対して、メタノールは有害な蟻酸(ぎさん)に分解されます。

蟻酸が溜まることにより頭痛など様々な症状をもたらしたり、視神経を傷つけて視力障害や失明が起こることがあります。

どちらも口に入れてはいけませんが、日本の「手ピカジェル(エタノール)」の方が体には害が少ないようですね。

スポンサーリンク

正しい手洗いで予防する

学校から帰宅した息子がおやつを食べる前に「石鹸で手を洗った?」と必ず聞く私

それは、息子の手洗いは石鹸を使っても10秒以内という驚きの早さだから(汗)

石鹸自体に細菌やウィルスを殺菌する効果はありませんが、石鹸の泡と流水の力で90%以上のバイ菌やウィルスを洗い落とすことができるんだそうです。

ただし、ウチの息子のような洗い方ではダメで時間をかけて丁寧に洗うことが大事!

石鹸で念入りに20秒は洗い流水でよ~くすすぐようにしましょう。

アメリカ人夫いわく、Happy Birthday to you~ Happy Birthday to you~続く♪と”お誕生日の歌”を最後まで普通に歌うとちょうど20秒くらいになるとか。

手を洗う時間を計る目安に歌を歌うとは夫よ、ナイスアイデア!

手指を正しい方法で洗い、その後にアルコール消毒することで感染症予防ができるんですね。

まとめ

除菌・殺菌などの外側からの予防だけでなく食事、睡眠、運動などに気をつけて免疫力をアップし、内側から病原体に負けない身体を作ることも大切です。

消毒しすぎるのも良くないと聞きますが、外から帰って来た時や人が多い場所にいた時などは手洗い+ハンドサニタイザーの併用は除菌・消毒にとても有効です。

  • 栄養バランスなどの健康管理に気をつける
  • 正しい手洗い+ハンドサニタイザーの併用の習慣化
  • 外出時はハンドサニタイザーのミニボトルの携帯が便利

自分自身だけではなく、家族の健康のためにもサニタイザー(ハンドジェル)を併用して病気予防に努めましょうね♪

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています