日本の軟水と違いヨーロッパの硬水は肌や髪に悪い?生活への影響とは?

ミネラル分が多い”硬水”は肌荒れや抜け毛の原因になるのをご存知ですか?

日本では「硬水がダイエットに効果的」と言われ人気があるようですが、ヨーロッパに住む人たちにとってはその”水”が頭を悩ます問題なんですよ。

今回はヨーロッパの硬水が生活に及ぼす影響について書いてみようと思います。

スポンサーリンク

硬水と軟水の違いとは

硬水と軟水の違いを簡単に言うと

  • 軟水とは含まれるミネラル分(マグネシウムとカルシウム)が少ない
    口当たりがまろやかな感じ
  • 硬水とは含まれるミネラル分(マグネシウムとカルシウム)が多い
    シャープで少しクセがある感じ

飲み水の話になりますが、ヨーロッパではミネラルウォーターが主流です。

こちらでは日本のような水の無料サービスはなく、レストランで水はお金を支払って買わなければなりません。

日本人には、やっぱりまろやかな口当たりの”軟水”がおいしいと感じますよね~。

軟水のおかげで、日本ではおいしい和食が作れるというのをご存知でしたか?

ミネラル分が少ない軟水は”ダシの旨味”がよく出て和食がおいしく仕上がるんですって。

どうやら日本では、軟水の中でもミネラルなどの不純物を除いたアルピナ のような「ピュアウォーター」と呼ばれる水が人気だとか。

北アルプスの湧き水を水源としたおししい天然水アルピナについてはこちら
↓ ↓ ↓

毎日のことだから、子供からお年寄りまで安心な水を体内に取り入れたいものですよね。

肌にもやさしいので手作り化粧水を作るのに経済的でもってこい♪

スポンサーリンク

石鹸や洗剤への影響

硬水に含まれるカルシウムとマグネシウムは、水に溶けない性質なので石鹸(洗剤)と結合すると”石鹸カス”が出来ます。

シャワーや洗濯をすると”石鹸カス”がたくさんできるため、石鹸(洗剤)の働きが悪くなる

つまり硬水のおかげで汚れ落ちが悪くなります

そのために多量の石鹸(洗剤)を使用しないと汚れが落ちません

ヨーロッパで主流のドラム式洗濯機は水量は少なくて済みますが、わが家の場合で1回の洗濯(7kg)に約100mlの液体洗剤を使用します!

ごくフツーの「普通洗いコース」を使用しても、しっかり洗浄&すすぎのおかげで、洗濯のみに約2時間かかるんです!その後に乾燥機がまた1時間以上ですから・・・

水道代が節約になっても、電気代がかかっているから意味がない気もしたり。

硬水対策

ヨーロッパでは硬水で洗濯する時に欠かせないのが、硬水を柔らかくする”軟化剤”です。

・洗濯中の石鹸カスをなくし汚れ落ちをよくする
・石灰化したカルシウムによる洗濯機の故障を防ぐ

という目的のために洗剤と一緒に使用するんです。

有名なものに粉末やタブレット、液体タイプの「Calgon」カルゴンがあります。

calgon-wasserenthaerter-gelpulver-oder-tabs-1661006

しかし、洗剤多すぎ、時間長すぎ、手間かかりすぎ・・・ビンボーなわが家には不経済!

でも、そうして硬水と戦わなければ

  • 泡立ちが悪く、洗浄力が低下する
  • 石鹸カスが洗濯物の色ムラやくすみを発生させる
  • カルシウムによる石灰が洗濯機や食器洗い機を故障させる

後々に大変なことになるので仕方ないんですけどね・・・

スポンサーリンク

女性の大敵、肌や髪への影響

先ほどお話した厄介モノの「石鹸カス」は肌や髪にも悪い影響を与えます。

石鹸カスは水に溶けない為に

  • 肌に残り膜を作ってしまうためにガサガサ乾燥や肌荒れの原因に
  • 髪はゴワゴワになり、頭皮の毛穴が詰まって抜け毛の原因に

では、そんな硬水で生活するヨーロッパの女性はどのようにケアをしてるのでしょうか?

硬水対策

・なるべく肌や髪を洗わない
・バシャバシャ洗顔をしない

【洗顔】

拭きとり化粧水またはクリームをコットンに付けて顔の汚れ(メイク)を落とす
                                        ⇩
保湿用のクリームやオイルなどで潤いを与える、以上です。

日本人の私としては、やっっぱり石鹸で洗顔してさっぱりしたい!

【シャワー】

シャワーは毎日浴びず、髪は週に1~2回しか洗わないようです。

通りすがりに体臭が気になる人って・・・そのせいかも!?(笑)

そんなヨーロッパに4年間住んでいる私は、デコルテにできる”大人ニキビ”とシャワーの時の”抜け毛”が直らないのが悩み。

ちなみに、毎日シャワーを浴びないのは”硬水が肌に良くないこと”が理由かと思ってましたが、どうやら水道代が高いドイツでは「節水」=「節約」のためらしい

最後に

日本とは違い、生活に及ぼす”硬水”の影響でしたがいかがでしたか?

  • 硬水が肌や髪の毛、洗濯機や食洗機にダメージを与える
  • 硬水での洗濯は時間がかかり電気代がかかる
  • ヨーロッパではなるべく硬水で髪や顔や体を洗わない

ヨーロッパで”硬水”は生活する上で厄介ものなので、「軟化させる」か「水を使わないようにする」かのどちらがしか対処法がないんですよね~。

肌荒れと抜け毛対策に「水を軟化するフィルター付きシャワーヘッド」を使い出したわが家ですが、私はいまいち効果を感じてません(泣)

ヨーロッパ在住の方、硬水と戦いながらうまく付き合っていきましょうね。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています