眠気なし!アレルギーや花粉症対策はハーブティーで体質改善が良い

毎年やってくる鼻がムズムズして目のかゆみが辛い花粉症やアレルギーの季節

薬は眠気などの副作用が心配だし、できれば体にやさしいナチュラルなもので症状を改善できたら良いですよね。

メディカルハーブの「抗菌・抗ウイルス作用」や「抗酸化作用」を利用してハーブティーで効果的に体質改善を目指してみませんか?

今回はアレルギーや花粉症対策に効果が期待されるハーブティーを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

エルダーフラワー

Holunder1-big

ヨーロッパに生息するエルダーフラワーは、世界最古のハーブと言われ薬用として古代から欧米で利用されてきました。

エルダーフラワーの木は花だけではなく根・根・樹皮にも薬用成分を含んでおり、様々な効能があることから「万能の薬箱」と呼ばれているのです。

【アレルギーや風邪への効果】

●鼻水・痰などの分泌を抑える作用に優れ、気管支炎などを改善する効果

●喉のイガイガ感や鼻づまりを緩和する抗炎症作用

●発汗・利尿作用によって毒素を排出しデトックス効果

●免疫機能をきちんと働かせる免疫力の向上や抗菌・抗ウイルス作用

マスカットのような甘い香りと言われるお茶ですが、実(エルダーベリー)はブルーベリーみたいなんですよ。

elderberry

私の住むヨーロッパでは加糖の「ジャム」がポピュラーですが、アメリカでは薬用シロップになって売られ「風邪の引き始めに効く」薬代わりとしてポピュラーなんです。

スポンサーリンク

ネトル

brennessel

こちらも私の住む国では「アレルギー=ネトル」というくらい有名なハーブティーです。

ヨーロッパ~アジアを原産とするイラクサ科の多年草で、和名は「セイヨウイラクサ」

ネトルにはアレルギー症状を引き起こす「ヒスタミン」が含まれていますが、これが抗アレルギー作用になり花粉症に効果を発揮するんですって。

【主要成分】
・フラボノイド
・クロロフィル
・ビタミン類
・葉酸
・ミネラル

ネトル茶に含まれているフラボノイド「ケルセチン」にはヒスタミンの分泌を抑制しアレルギー症状を緩和する働きがあり、抗炎症作用のダブル効果で目のかゆみ・くしゃみ・鼻づまりなどの症状を緩和する効果があるんです。

成分を見ても分かるように、鉄分を含むミネラルやクロロフィルも豊富に含んでいるので貧血予防や血行促進、浄血の作用もあります。

体に必要な栄養素がたっぷりなので、特に女性はアレルギー対策以外でも毎日飲みたいお茶ではないでしょうか。

スポンサーリンク

ペパーミント

pfefferminze-pflanze

ヨーロッパ原産のペパーミントはシソ科ハッカ属の多年草で、和名は「セイヨウハッカ」

花粉症などのアレルギー症状緩和の他に「胃腸強化」や「口臭対策」などにも効果的で「万能薬」と言われるハーブです。

また、ペパーミントの精油の強い殺菌力は、病原性大腸菌O157に対して有効との研究結果が報告されていましたよね。我が家では精油と水を混ぜてキッチンの殺菌スプレーとして使用しています♪

【主要成分】
・メントール
・フラボノイド
・タンニン
・ミントポリフェノール

ペパーミントに含まれている「メントール」や「ミントポリフェノール」はヒスタミンの放出を抑え、鼻の粘膜の腫れを抑制する作用などアレルギー症状を緩和する作用があると言われています。

鼻づまりや喉のイガイガ感などにも効果が期待でき、殺菌作用もあることから風邪の初期症状にも効果が期待できるそう。

まとめ

花粉症やアレルギー症状の緩和に有効な3つのハーブティーでした。

  • エルダーフラワーは、アレルギー症状、風邪やインフルエンザ予防、発熱、副鼻腔炎
  • ネトルは、アレルギー症状、貧血、血行不良、月経過多、ぜんそく、不眠、肌荒れ
  • ペパーミントは、アレルギー症状、風邪初期、花粉症、胃腸不調、鎮静作用、口臭

メディカルハーブが薬と違い優れている点は、成分全体が「抗酸化作用」「消炎・鎮痛作用」「抗菌・抗ウイルス作用」などの相乗効果により全身に作用することです。

今年はハーブティーで早めにアレルギー対策を始めて体質改善に努めましょう♪

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています