日本の化粧水を手作りして節約!海外で簡単おすすめの理由

なぜ海外では肌に浸透させる保湿タイプの日本の化粧水(ローション)が見つからないのか?

市販のトナーと言われる海外の化粧水はたくさんあるけれどすべて拭き取り式タイプ

日本の化粧水の持ち込みは重くて大変だし、郵送や通販を利用しても割高になりますよね。

では、現地で手に入るものでシンプルで保湿力のある化粧水を手作りしてみましょう!

今回は簡単で節約にもなる化粧水の作り方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

なぜ海外には日本式の化粧水がない?

やはり肌質や気候の違いからでしょうか、欧米の女性はトナー(Toner)と言われる拭き取り用化粧水を使用します。

トナーは汚れ(メイク)を落とすのが目的なので、日本の製品と違い保湿効果がほとんどありません。

特にヨーロッパの水は硬水のために肌や髪への影響が懸念され、なるべく水道水を肌につけないようにするのが普通なようです。

欧州の女性は”拭き取り用化粧水(トナー)”、あるいは乳液状の”ミルククレンジング”で汚れやメイクを拭き取ります。

その後は水道水で洗顔せずにクリームなどで保湿をするというスキンケア

私たち日本人からしたら「!!!」と思わずにはいられないです(笑)

でもスーパーやドラッグストアにはちゃんと”洗顔料(クレンザー)”が売られています。

このビオデルマのふき取りトナー”サンシビオH2O”は人気なので日本でも話題ですよね。

やはりフランス産というのもあり、この商品はアメリカでも値段は少々お高めです。

アメリカ人女性はというと、アイメイクを専用リムーバーで落とした後に洗顔料で洗顔するのが主流です。

洗顔後はトナーで残った汚れを拭き取り、セラムやクリームやオイルを使用します。

欧米女性の保湿はクリームかオイルだから保湿目的の化粧水はない!という事ですね。

スポンサーリンク

手作りがおすすめの理由

「私の肌にはこれがベスト!」という市販の化粧水がある方には物足りないかもしれませんが、ちゃんと”手作り化粧水”がおすすめの理由があります。

コストパフォーマンス

やはり1番はコストの面、私のような貧乏主婦には低価格は本当に助かります。

・日本から送ってもらうと送料がかかる
・通販を利用しても割高になることが多い

など、海外にいながら日本のものを使い続けるのは結構お金がかかりませんか?

市販の化粧水の値段はピンキリですが、たいてい数千円は払いますよね。

手作りの場合も最初に材料を揃えるのに数千円かかるかもしれません。

でも、その後は材料がなくなるまでの間は買い物不要なので、トータルで考えると手作りの方がぐっとお得になる場合が多いのです♪

無添加で肌に良い

シンプルで少ない材料だから、香料や添加物など余計なものを加えないのでお肌に優しいのも魅力のひとつだと思います。

その代わり手作り化粧水は日持ちはしないので、冷蔵庫で保存し2~3週間くらいで使い切ることが望ましいです。

保湿効果がある

海外の拭き取り用化粧水はアルコールが含まれているものが多く、水分が飛びまくり逆に肌荒れにつながることも!

やっぱり潤い重視の私たち日本人には、化粧水での「保湿」がポイントではないでしょうか。

グリセリンは市販のローション、クリーム、美容液などの化粧品に使われる肌に安全なもので、簡単にドラッグストアや通販で買えます。

手作り化粧水には保湿効果のある”グリセリン”を使用するのできちんと肌が潤いますよ!

スポンサーリンク

手作り化粧水の作り方

さっそくシンプルな化粧水の作り方を紹介したいと思います。

◆用意するもの◆

・植物性グリセリン
・精製水(Purified Water)
・化粧水を入れる容器
・お好みでエッセンシャルオイル(私のお勧めはネロリ)

◆作り方(50ml)◆

容器にグリセリン5ml(お好みで精油3~4滴を加えて)と精製水45mlを入れてよく振る。

※冷蔵庫で保存をして使用前に必ず容器をよく振って下さいね。

とっても簡単ですよね?

私はこれを手に取りハンドプレスしながら顔に付けています♪

精油はネロリが1番のおすすめですが、ラベンダーを加えてもいい感じですよ~

◆ネロリとは◆

ネロリの精油がお肌の「アンチエイジング」に効果大ってご存知ですか?

ネロリはオレンジの甘いフローラルな香りが特徴の精油

この癒される香りにはアンチエイジングだけでなく「リラックス効果」も抜群!

木から少ししか採取できない希少な精油のためにちょっとお値段が高いのが痛いのです。

でも、ネロリには抗酸化力があり肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促し、シミやニキビ跡などの色素沈着を予防・改善する効果があります。

さらにネロリに含まれる成分が女性ホルモンのバランスに働きかけるため、PMSや更年期障害にも効果があり、私のような40代にはぴったりな精油なんです!!

私は通販で半額セールを利用して、100%ピュアオイル(15ml)を2,000円位で購入しました。

高価なネロリの精油ですが、海外だと日本よりは安く購入できると思います。

まとめ

海外での手作り化粧水についてでしたがいかがでしたか?

  • 欧米では拭き取り化粧水を汚れ落とし目的で使い、日本のような保湿化粧水はない
  • 海外で手作り化粧水を使えば安上がりなために節約できる
  • 加える精油はアンチエイジング効果の高いネロリが女性にはおすすめ

海外在住でなかなか日本の化粧水が手に入らない方は、ぜひ手作り化粧水にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

安上がりなので気兼ねなくたっぷり使える上に、お好みの精油を加えればアロマ効果で心もリラックスできますよ!

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする