外に干す?室内に干す?洗濯物の干し方が違う海外

ポカポカ日和になると、外でカラッと洗濯物を乾かしたくなりませんか?布団や洗濯物を干した後のふかふか感と外の匂いが、海外在住者には恋しいものです(笑)

日本では洗濯をしたら基本的に”外干し”ですが、海外では事情が違う国も多いんですよ!

国が変われば洗濯物の干し方も違う!?そんな私が経験してきたお洗濯事情を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

イタリアでは

4235963_orig

この写真でイタリアらしさが分かります(笑)これは、私が住んでいたナポリではこれが当たり前の光景です。

通りに面してようが、ダウンタウンだろうが洋服もシーツも全然オッケーなんです。

でも、観光地である大都市となると、やはり景観を損なうので通りに面しての外干しは禁止!そのかわり、家の裏庭などの人目のつかない場所に外干ししています。

イタリアは日本と違って湿度が低くカラッとしているので、外に干すとすぐ乾く点はいいですよね~。イタリア人も乾燥機は使用してますよ。

干す以前に”洗濯”がまた大変なのが「硬水」と戦わなければならないヨーロッパ。

ドラム式洗濯機が主流ですが、”洗い”だけで2時間かかるのが難点・・・

「欧米で見られる硬水の影響と生活の違いとは」も参考にどうぞ♪

スポンサーリンク

韓国では

30階建ても珍しくない高層アパートばかりが目立つ韓国ですが、日本のように基本的には乾燥機を使わずに「干す」のですが、外ではなく室内干しなんです。

bfe38593                                 Photo:blog.livedoor.jp/

写真をよく見てもらうと分かるのですが、韓国のアパートのベランダは室内になっています。

韓国は黄砂の飛来が多い上に、冬は雪も多いので洗濯物は室内干しに限ります。

室内ベランダが基本的には「洗濯物を干す場所」ということもあり、私が住んでいた場所は、洗濯物が掛けられるような”物干し竿”が、最初から付いていました。

場所によってはベランダには何も付いておらず、自分で”洗濯物を干すもの”を探して設置しないといけない場合も。

私が韓国生活で一番恋しいのがポカポカの床暖房「オンドル」です。外が-10℃でも、防寒効果のあるこのような2重窓の造りで冷たい外気をシャットアウトしてくれて室内は快適♪

この「オンドル」はベランダ側の床には入ってないのですが、外からの日差しも入るしオンドルで室内は乾燥しているので、洗濯物を干すのにもってこいなんですよ。

スポンサーリンク

アメリカでは

アメリカは基本的には外干しも室内干しもせず、乾燥機を使うのが一般的です。

賃貸アパート(洗濯室付き)

アパートの場合は、敷地内に住民が共有する「洗濯室」があることが多いです。洗濯機と乾燥機が数台あるので、住民たちで仲良くシェアします。

私が昔住んでいたアパートは有料でした。洗濯機・乾燥機それぞれに75セントくらい(25セントコイン×3枚)が必要なので、1回の洗濯に200円前後かかる計算です。

合計で1ドル50セントですが「紙幣」は使えないんです「小銭」じゃないと。25セントコインが6枚ないと、その日は洗濯できません(汗)

賃貸アパート(洗濯室なし)

場所によっては、洗濯室がないアパートも。そんな時は、洗濯物を車に積んで近所のコインランドリーに出かけて行かなければなりません。

washingmachine-1459824-640x480

日本のコインランドリーは”こぢんまり”としたイメージですが、アメリカは洗濯機・乾燥機の設置数が多い上に、毛布が丸々洗える大容量の洗濯機などが設置されている所もあり結構広いんですよ。

一軒家

一軒家の場合は、日本と同じで自分で洗濯機と乾燥機を購入して使用します。

田舎町となると土地が広いからか、裏庭が広い家は外に洗濯ひもを設置して、こんな風にシーツや洗濯物を干しているところも。

clothesline-1463045-640x480

天日に干せば、乾燥機の電気代を節約できますもんね。

縦型(トップロード)が主流のアメリカの洗濯機は、一回に洗濯できる量が多いし洗濯時間が短くて便利!と私は思います。

あー、アメリカで使っていた洗濯機・乾燥機が欲しいと思う今日この頃です・・・

まとめ

いろんな国の洗濯物の干し方についてでしたが、いかがでしたか?

  • イタリアでは地域によるが、外干しも多い
  • 韓国では室内ベランダに干す
  • アメリカでは乾燥機使用で干さない

外干しが基本の日本では、昔は乾燥機がそんなに普及していかなったので、「雨が降ったら洗濯はできない」という感じでしたよね~。

でも乾燥機の普及率が高くなったので、海外の国のように天気を気にせずに洗濯ができるようになってきている気がします。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています