アメリカ100円ショップは得か?損か?うまく利用して節約する

100均と呼ばれる”100円ショップ”は庶民の味方ですが、好き派と嫌い派に分かれますよね。

店舗が多い上にその入りやすさから、1度は利用したことがあるのではないでしょうか。

品物の品質「安かろう、悪かろう」が気になる所ですが、買うものを選んで上手に利用すれば節約にも繋がるんですよ!

今回はアメリカの”1ドルストア”で買うとお得な物と、損してしまう物をまとめてみました。

スポンサーリンク

100円ショップの良い点と悪い点

日本では「ダイソー」「キャンドゥ」「セリア」「ワッツ」など、たくさんのお店がどこにでもあり便利ですよね。

欧米にも「1ドルストア」や「1ユーロショップ」はありますが、やはり日本の100均が品揃えも雰囲気もベストだと私は思います!

だから海外在住の人が日本に里帰りしたら、必ず立ち寄る場所のひとつ(笑)

買うものを決めて立ち寄ったはずが、気づくとアレもコレも買い物カゴに入れてしまい、100均マジックにハマるのがオチですよね!?

この写真はアメリカの”Dollar Tree”の入り口です。

消費者の心理はアメリカでも同じ「買い物カゴを取って下さい、きっと必要になるから」と書いてありますから(笑)

dollartree

メリット

・お試しができる、壊れても(嫌いでも)安いから気にならない
・価格が均一でわかりやすい
・物によってはお買い得

デメリット

・価格が安い分、低品質のものもある
・安いように見えて実は割高のものもある
・必要以上に浪費してしまう

スポンサーリンク

買って良いもの・ダメなもの

アメリカでも庶民に人気なダラーストア(1ドルショップ)ですが、大手に「Family Dollar(ファミリーダラー)」や「Dollar Tree(ダラーツリー)」があります。

スーパーと同じく”マニュファクチュアクーポン”が使えます!

ただでさえお得な1ドルが、クーポン使いで75セントになったり50セントになったり、もしかすると無料になる可能性もあるんですから~!

安いからと次々に品物を買ってしまいそうですが、スーパーやドラッグストアより割高になるものもあるのをご存知ですか?

それを見落としてしまったら無駄にお金を使うことになり兼ねませんよ!

”買った方が良いもの”と”買わない方が良いもの”をぜひ参考にしてみて下さいね。

買った方が良いもの

グリーティングカード

誕生日やクリスマスなどに贈るカードは、お店で買うと1枚3~5ドルくらいします。

ダラーストアでならたった1ドルなので、好きなデザインのカードは買い置きしましょう!

使い捨てパーティーグッズ

紙コップ、紙ナプキン、紙皿、グッディバッグ、テーブルクロス、飾りなど、子供のお誕生日会やパーティーをする時に必要なもの。

1回使いきりで捨てるものだからなるべくお金はかけたくないですよね。

子供用の本・ぬりえ

子供の絵本やぬりえもよく使うものだから、なるべく予算を低く抑えたいもの。

私は日本の100均で、息子の日本語勉強用に「ももたろう」や「さるかに合戦」などの本(2か国語対応!)を買ったことがあります。

スパイス類

ガーリックパウダー、シナモンなどのスパイス類はスーパーより断然お得だと思います。

ヘアアクセサリー類

ヘアピン、ヘアバンド、ヘアクリップ、髪留めゴムなどは、たくさんの色から選べてお得!

メイク用品

日本ではダイソーの化粧品類に人気な商品が多いですよね。

アメリカではダラーツリーにレブロンやメイベリン、e.l.fなど大手メーカーのアイシャドーやマスカラ、口紅など通常3~5ドルするものをたった1ドルで売っている場合あり。

ママだけでなく、年頃の女の子メイク用にも良いかも。

お掃除グッズ

掃除用洗剤やスポンジなど、よく見ると大手メーカーと中身や素材は全く同じものが安い場合が多いので有効活用しましょう!

食器・カップ類

1ドルだからってシンプルなカラーやデザインのものだけではないんですよ~。

おしゃれな食器やグラスやマグカップが安く見つけられる可能性ありです。

10年以上前になりますが、私はダラーストアで買ったカラフルな大皿が今でも好きです。

買わない方が良いもの

子供のおもちゃ

日本の100均のおもちゃは種類が豊富なので一概には言えませんが、アメリカのダラーストアに売っているおもちゃは低品質なものが目立ち、安全面も疑問なのでお勧めしません。

ペーパータオル・トイレットペーパー

スーパーやドラッグストアのセールで買った方が、品質も価格もベターだと思います。

文房具

ボールペン、クレヨン、鉛筆などの文房具は一見お買い得に見えて実はそうでもなかったり、品質が良くないことが多いです。

電池

日本でも賛否両論の電池、アメリカでもダラーストアの電池は「液漏れ」と「寿命の短さ」が指摘されています。

缶詰・食品類

すぐに必要な時は仕方ないとして、「安いからストックしておこう」という場合はちょっと考えた方が良さそうです。

品物によりますが、スーパーのセールで買った方がお買い得のことが多いですよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?便利だから買いすぎ注意な100円ショップは世界中で人気なようです。

  • 100均は買って得する商品とがっかりする商品がある
  • 100均は一般の店より割高になることがある
  • 100均をうまく利用すれば、生活費を節約できる

たった100円(1ドル)とはいえ、買って損するのは気分的にイヤですよね。

賢く買い物をして上手に節約しましょう。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています