海外で焼きそば人気!ソース味じゃないインスタントYakisoba

日本の庶民の味「やきそば」は、海外でも”Yakisoba”として人気なのをご存知ですか?

私たちの知っている焼きそばは、インスタントでも生麺でも”ソース味”が一般的ですが、海外で売られているカップのインスタント焼きそばにはソース味はないんです。

じゃあ、一体何味だよ?と思った人のために、今回はアメリカで見かけるインスタント焼きそばを紹介したいと思います。

フレーバーが豊富な海外バージョンにびっくりしますよ~

スポンサーリンク

アメリカvs日本のカップヤキソバの違い

調理方法

アメリカで売られているカップのインスタント焼きそばで、私が知っているのは2種類です。

どちらも日本で有名な会社ですね。

  • 日清食品・・・商品名:Chow Mein
  • 東洋水産・・・商品名:Yakisoba

アメリカの中華料理レストランなどにある”焼きそば”を英語で「チャオメン(Chow Mein)」というので、どちらも”焼きそば”という意味になります。

海外版と日本版で大きく違うのは調理方法

・日本式・・・熱湯を注ぎ、数分後に湯切りをする
・海外式・・・少量の水を加えてレンジで数分チンして湯を切らない

えーーっ!!とびっくりした人も多いんじゃないですか?

でも!日本でも20年以上前に、同じような湯切りなしのインスタントカップ焼きそばがあったそうですよ~。

”一平ちゃん”でおなじみの明星食品から発売された、その名も「お湯捨て禁止」という焼きそば、その後「お湯すてマッタ」という名前に変更したらしいけど、名前がちょっと。

しかし消費者からは「麺がふやけておいしくない」と不評だったので3年半で製造終了。

味の違い

一番気になるそのお味ですが・・・

日本の方が10倍美味しいです!!

まず、いろんなフレーバーがある点は良いのですが、味がけっこう濃い、いや濃すぎる!

もし濃さがバッチリだったら私は好き!アメリカ定番の甘め「テリヤキ味」自体は美味しいと思います。

味付けはOKでも問題は「麺」です。

NissinもMaruchanも作り方はレンジ加熱で同じなので、仕上がりはまったく同じ

麺は日本と違い太めでコシが強いです。レンジ加熱後は水分を含み、べちょ~ねちょ~とした感じに仕上がります。

フォークで一口分をすくおうとすると、もれなく麺が全部くっついてくる・・・みたいな感じですかね。

日本で製造中止になった「お湯すてマッタ」のようにならないのは、アメリカ人と日本人の味覚の違いかもしれないですね(笑)

スポンサーリンク

Nissin Chow Mein

Nissin Foods(日清)といえば、世界に誇る「カップヌードル」!という感じですが、焼きそばも海外に進出中

販売されているフレーバーは大きく分けると「チキン系」「ビーフ系」「アジア系」

【チキン】
・Teriyaki Chicken
・Chinese Chicken Vegetable
・Roast Chicken 
・Spicy Chicken
・Kung Pao Chicken

最後の”Kung Pao Chicken(カンパオチキン)”は鶏肉とカシューナッツの炒めもので、いわゆる”アメリカ風中華料理”、アメリカ人受けするように作られた中華料理です。

⇒「アメリカ人に人気の中華料理は本場中国人が知らない料理?!」も参考にどうぞ

この焼きそばの作り方と感想を紹介した日本語のビデオをご紹介!

【ビーフ】
・Teriyaki Beef
・Spicy Teriyaki Beef

【アジア】
・Pad Thai(パッタイ)
・Sriracha(シラチャ)

この他に「シュリンプ味」もありますが、とにかく種類が豊富にあります。

私もこんなに種類があるとは知りませんでした。

ちなみに日本で有名な「ラ王」は、アメリカでは”カップ”ではなく”袋入り”の「ラ王」が通販で売られているらしいですね。

スポンサーリンク

Maruchan Yakisoba

「赤いきつね」が国際線の機内食にもなっている世界の”マルちゃん”

こちらも日清と同じでインスタント焼きそばやラーメンが海外で人気です。

特にメキシコでは”Maruchan”は国民食で、インスタントといえばマルちゃんと言われるくらいポピュラーなものだそうです。

そんなMaruchan焼きそばの作り方と感想を紹介したビデオはこちらです。

気になるフレーバーはNissinと似たりよったりですが・・・

【チキン】
・Chicken 
・Roast Chicken 
・Spicy Chicken 
・Teriyaki Chicken
・Sweet & Sour Chicken 

【ビーフ】
・Teriyaki Beef 
・Spicy Teriyaki Beef

【その他】
・Cheddar Cheese 
・Four Cheese
・Savory Soy Sauce Flavor
・Shrimp 

こちらはなんと、”チーズ味”があるんです!!

これ、実はカップラーメンにも同じ「チェダーチーズ」味があり、人気フレーバー!

友達の家でチーズ味を食べたことがあるウチの息子「おいしい」と言ってました。

半分日本人の君は本物のラーメンのおいしさを知っているはずなのに・・・

まとめ

今回は、アメリカで有名な日清と東洋水産のインスタントカップ焼きそばについてでした。

  • アメリカやメキシコで人気の焼きそばは”ソース味”はないが、フレーバーが豊富
  • 海外版はレンジ加熱調理で湯切りでないので、仕上がりがべたついている
  • マルちゃんは焼きそばなのに洋風なチーズ味がある

日本人にアメリカのカップ焼きそばが「マズイ」と言われるのもわからなくもない!

でも、私は時間がない時やランチを作る気がしない時などに1人ランチで食べます。

ちなみに私のオススメはテリヤキ系とシュリンプ系♪

価格が安い上に数分で食べれるから、わが家では非常食感覚で常備しています。

機会があったら試してみてはいかがでしょう。意外とジャンキーな味にハマるかも!?

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています