ホホバオイル?アルガンオイル?人気の美肌オイル40代お勧めの使い方

美容オイルとして人気のある「ホホバオイル」と「アルガンオイル」ですが、効能の違いって理解していますか?

流行りものに弱い私は”アンチエイジング”と聞いただけで飛びつき、2つのオイルを使っているけれど違いをきちんと理解していないので使いこなせてない自信あり(笑)

そんな私のような初心者のためにホホバオイルとアルガンオイルの特徴をまとめ、私の利用法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ホホバオイルとは

結論から言うと、ホホバオイルは”オイル”ではなく”ワックス”なんですよ。

ホホバとはアメリカ西南部や北メキシコ、オーストラリアやイスラエルなどの乾燥した砂漠地域で栽培される、暑さと乾燥にとても強い多年生の木です。

ingredient-jojoba

砂漠で生き抜くために「ワックスエステル」 を含んだ脂層で表面を覆って水分の放出を防いで自ら保湿制御しています。

人間の角質も同じように、ホホバとほぼ同じ成分のエステルで水分調整をしているというから驚きですよね!

ホホバのワックスエステルは98%、植物性オイルの中ではホホバオイルが1番多くエステルを含んでいるのです。

スポンサーリンク

アルガンオイルとは

モロッコの南西部に自生するアルガンツリーは8千万年前から生き続けていると言われます。

ホホバと同じく砂漠に近い乾燥地帯で生き抜く生命力のあるアルガンツリーは、絶滅の危機を乗り越え、今はユネスコから世界遺産と認定され保護されている貴重な木

argan

その”奇跡の木”の実から作られる「アルガンオイル」にはすごいパワーが秘められており、昔から人々は食用だけでなく、美容や医療用にも利用してきました。

100キロの実を集めて10時間かけて搾っても、わずか1リットルのオイルしか出来ないと言われる貴重なオイルなのです!!

スポンサーリンク

効能と使い方

ホホバオイルとアルガンオイルのそれぞれの効能と、おすすめの使い方をご紹介します。 

ホホバオイル

成分・効能

  • トコフェロール(ビタミンE)
  • アミノ酸
  • ミネラル
  • ビタミンA
  • ビタミンDなど

トコフェロールは抗酸化作用があり40代の肌には欠かせません!

さらにアンチエイジング効果のあるビタミンA・E・Dとアミノ酸には、皮脂を抑制する作用と毛穴つまりを解消するクレンジング効果があるんです。

・肌を柔らかくして保湿する効果は、肌の保湿とアンチエイジングに
・殺菌作用とバリア機能は、ニキビや肌荒れ、アトピーに効果的

おすすめの使い方

1. クレンジングオイルとして

私が主に使用しているのが化粧落としです。

乾いた顔の上でクルクルとマッサージすると、ウォータープルーフマスカラもすっきり。

ティッシュでオイルを拭き取ってからぬるま湯ですすぎ、洗顔料で顔を洗います。

2. 化粧水のあとの保湿オイルとして

化粧水で潤いを与えたら、2~3オイルを手で温めてハンドプレスで顔や首に広げます。

量が多いとべたつくので少量を手で広げてくださいね。

3. 頭皮のマッサージに

抜け毛や頭皮のニオイが気になった時に「毛穴のつまり」を取るために始めたマッサージ。

シャワー前にオイルをつけた指で地肌をマッサージし、シャワーキャップをかぶること10分。

その後は髪を濡らしていつも通りに洗髪します。

私はズボラなので月に1~2回しかしてませんが、頭皮のニオイが気にならなくなったんです!

これはかなりオススメかも~

⇒ NATURAL ORCHESTRAの高品質「オーガニックホホバオイル」

  

アルガンオイル

成分・効能

  • トコフェロール(ビタミンE)
  • オレイン酸・リノール酸
  • パルチミン酸
  • ステアリン酸など

ホホバオイル同様に、こちらもトコフェノールが多くアンチエイジング効果が高いオイル。

約80%も含まれるオレイン酸やリノール酸は、角質への浸透性が高く肌を柔らかくし、肌の水分量を高めてキメを整えてくれます。

アルガンオイルの最大の特徴が「不鹸化成分」で、1%と微量ですがポリフェノールやフラボノイドなどによる高い抗酸化作用が期待できるんです!

・ホホバオイルより高い浸透力
・肌の水分・油分バランス、肌細胞を活性化し血行促進効果
・アンチエイジング効果、シワの予防、肌の柔軟化や再生に効果

おすすめの使い方

1. 化粧水前のブースターとして

洗顔後にオイルを手で温めてから顔全体にハンドプレスでつけます。

その後に化粧水をつけると、グンと化粧水の浸透力が高まります。

ポイントは化粧水の前!保湿力が一段とアップして肌がモチモチに♪

2. 手作り美容液に

お好きなエッセンシャルオイル+アルガンオイルを混ぜます。

化粧水の後に顔につけてから乳液やフェイスクリームをつけます。

3. ハンドクリームやフェイスクリームのパワーアップに

普段使っているフェイスクリームやハンドクリームにオイルを1滴混ぜてから使うと、保湿力とアンチエイジング効果がアップできますよ!

⇒ エイジングの肌悩みにはコディナのアルガンオイル

   

保湿力が抜群なのにサラッとしているアルガンオイルは万能なのでイチ押し♪

まとめ

ホホバオイル・・・アルガンオイルより低価格な上に、クレンジング効果に優れているのでクレンジングオイルとして顔や髪に使うのが良い。

高い保湿効果があり、肌質を問わず全身に使える手軽さが良い。

アルガンオイル・・・抗酸化作用が高いのでアンチエイジングケアに適したオイル。

浸透性が高く肌なじみが良いためフェイスケアに向いている。

ホホバオイルより高価なのが欠点かな・・・

でも、いつまでも若々しい肌や髪をキープしたい40代は惜しみません(笑)

オーガニックのキャリアオイル「アルゼンチン産ホホバオイル」や「モロッコ産アルガンオイル」がおなじみの「ココロコスメ」シリーズもおすすめ♪

ココロピュアシリーズ

私は今後も顔と髪のクレンジングにはホホバオイル、顔や体の保湿をメインとしたアンチエイジングにはアルガンオイルと使い分けていこうと思います!

40代の肌や髪の老化が気になりだしたら、女性にうれしい成分がいっぱいの「ホホバオイル」と「アルガンオイル」をスキンケアやヘアケアにぜひ取り入れてみて下さいね。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています