アメリカ発ケトルコーンはディズニーランドにないポップコーン

軽い食感で映画館の定番といえば、バターや塩で味付けされたポップコーンですよね。

今ではディズニーランドのようにカレー味を始め、キャラメルやチョコ味など甘いのも人気!

アメリカには”甘さ”と”しょっぱさ”を合わせた”ケトルコーン”があるのをご存知でしょうか?

甘じょっぱさが絶妙なケトルコーンは、まだ日本のディズニーランドにはないようです。

今回は、アメリカ発祥の一度食べたらやみつきになるケトルコーンの話をしようと思います。

スポンサーリンク

ケトルコーンとは?

AWKC-stand-2

18世紀頃のアメリカでお祭りなどのイベント時に売られていたのがケトルコーン始まりです。

普通のポップコーンと違う点は、オリーブオイルと砂糖を入れた高熱の鉄鍋(Cast iron kettle)でとうもろこしを焦げないようにひたすら煎り続けて最後に塩で味付けをすること。

熱いオイルで砂糖が溶けてポップコーンをコーティングするので、サクサクのおいしい”Sweet & Salty”なケトルコーンに仕上がるんです。

甘じょっぱいポップコーン「ケトルコーン」はアメリカ全土に広まり、オリジナルのポップコーンに負けない人気となりました。

⇒「映画館はなぜポップコーンなのか?値段が高いけどおすすめな理由」も参考にどうぞ♪

これを見れば普通のポップコーンとの違いが分かる!ケトルコーンの作り方のビデオを参考にどうぞ♪

簡単に言うと普通のポップコーンは「しょっぱい」のに対して、ケトルコーンは「甘い」という感じですね。

スポンサーリンク

ケトルコーンの買える場所とは

昔ながらの作り方で作った新鮮なケトルコーンは、アメリカではファーマーズマーケットやフリーマーケット、お祭りなどで買うことが出来ます。

スーパーで買うより割高だけど、おいしいので買う価値はありだと思います!

作りたてが1番おいしいのですが、新鮮なものを買える機会はアメリカでも少ないもの。

でも、わが家で常備しているケトルコーンはスーパーで買えるものなんですよ♪

ポップコーンといえば、夫は元祖バター派な対して私は断然ケトルコーン派

私のおすすめケトルコーンはアメリカのスーパーに売っているレンジで作るOrville Redenbacher’s

0027000490120_CL_version_type_large

軽いのでアメリカのお土産としても喜ばれること間違いないですよ~

1箱に3袋入りが200~300円とお手頃価格で買え、6袋や10袋入りもあります。

私が「Orville Redenbacher’s」のファンなだけで、もちろん他のブランドのケトルコーンも買うことが可能です。

例えば

・Jolly Timefull

・Pop Secret

611QYVWXDXL

・ACTⅡ

617muVA6nvL

レンジでチンするタイプだけでなく、すぐ食べられるバッグ入りもありますよ。

私のおすすめは、こちらのPOPCORN INDIANA↓↓

Bag-Kettle

ドラッグストアでたまにセールになる時だけ買っています、定価は高いので(笑)

たくさんある袋入りポップコーンの中でも、このケトルコーンが私の一押し!!

機会があったらこちらもぜひ試してほしいです。

スポンサーリンク

ケトルコーンをおうちで作る

maxresdefault

日本ではなかなか手に入らないケトルコーン、それなら作っちゃいましょう!

ポップコーンの素(Kernel)種?豆?が手に入るなら、おウチで手作りできますよ。

材料があれば15分くらいで新鮮なケトルコーンが食べれます♪

【材料】計量カップはアメリカサイズ(1カップ250ml)

・ポップコーンの種 1/2カップ
・サラダ油 1/4カップ
・砂糖 1/4カップ
・塩 ティースプーン1/4くらい

【作り方】

  1. 深さのある大きいフタ付きの鍋にサラダ油を中火で熱し、砂糖とポップコーンの種を入れます。さっと混ぜあわせてフタをします。
  2. ポンポンとはじけ始めたら鍋を持ち上げて振り、はじけ音がゆっくりになるまで約3~4分鍋を振り続けます。
  3. 火から素早くおろして大きなボウルに移します。
  4. 塩を振りかけてよく混ぜ合わせたら完成です。

ポップコーンが焦げないように鍋を振り続けるのがポイントです。

まとめ

私のイチ押し!アメリカで人気のポップコーン「ケトルコーン」についてでした。

  • アメリカの屋台で売られたのがケトルコーンの始まり
  • ケトルコーンは普通のポップコーンと違い甘じょっぱい
  • レンジで作れるケトルコーンはスーパーで買え、自宅でも作れる

ポテトチップスに比べるとカロリーも油分も少なめで女性には嬉しいポップコーン。

“とうもろこし”が原料だから食物繊維が豊富なことも知られていますよね。

しょっぱいポップコーンに飽きたら、ポップコーンを作るのも簡単なのでおすすめです。

ぜひ、ディズニーランドにはないケトルコーンをおウチで楽しんでみて下さいね!

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています