乳歯と永久歯が生え変わる小学生の虫歯や歯肉炎を予防する 

子供が小学生になり「ひとりで歯みがきをし始めたら虫歯ができ始めた」と悩むお母さんは多いのではないでしょうか。

歯磨き粉を歯ブラシに付けて朝晩2回数分磨かせているのに、学校の歯科検診で紙をもらって来るんですよね?

乳歯の虫歯は白いために気づきにくく、痛みが出るまで気づかないことが多いんですよ。

よほど親が気をつけていない限り、子供の虫歯や歯肉炎は避けられないことないことかもしれませんね。

でも、永久歯と乳歯が混ざり合う生え変わり期はなぜ虫歯や歯肉炎になりやすいのか?

痛くなって歯医者に行く前に予防する方法はないのかお話しようと思います。

スポンサーリンク

虫歯になりやすい小学生の歯

食後、特に糖分を摂った後の口の中は「酸性」で虫歯になりやすい環境になります。

歯の生え変わりが激しい小学生の乳歯と永久歯が混在するデコボコの歯は、歯みがきで汚れをキレイに落とすのは簡単ではありません。

学校の歯科検診で「治療が必要」と診断される生徒の約50%は歯医者に行っていないのをご存知ですか?

私も子供の頃、歯医者がイヤで学校での歯科健診の紙を母に渡しませんでした(笑)

乳歯が虫歯になっていると口の中は虫歯菌でいっぱい!放っておくと新しい永久歯まで虫歯菌に感染してしまうのです。

意外と知らない「乳歯の虫歯」の特徴とは

  • 乳歯はエナメル質が大人の半分と薄いため、虫歯の進行が早い
  • 虫歯は歯と歯の間に出来やすい上、黒くない(白い)ので見過ごしがち
  • 神経までの進行が早いわりに痛みに気づきにくい

虫歯は黒くなるものと思いがちですが、実は乳歯の虫歯は白いというのがカギ!

だから歯科検診で虫歯を発見したら早く治療した方が良いんですね。

永久歯に生え変わり始めても油断は禁物です!

新しい永久歯はエナメル質が弱いので酸に侵されやすく、生え始めてから2年以内はとても虫歯になりやすいのです

子供の歯が虫歯になりやすいのは

・歯並び
の質
・虫歯菌
・食べ物
・唾液の分泌量
が大きく関係しています。

⇒「乳歯の虫歯は抜けるから大丈夫?生え変わり時期と注意点」も参考にどうぞ

子供が学校の歯科検診で”紙”を持って帰ってきた時は「乳歯はどうせ抜けるから」「痛みはないから」と軽視してはダメなんですよ~。

スポンサーリンク

虫歯が減少しても歯肉炎は増加する

免疫機能が不十分な小さな子供は細菌に感染しやすいため、お母さんから虫歯菌を感染しやすいと言われていますよね。

でも12~13歳の永久歯が生えそろう時期には、”免疫力”や”歯の再石灰力”がつき始めるので虫歯になりにくくなります。

文部科学省2014年度学校保健統計調査の「12歳1人当たりの永久歯虫歯本数(平均)」によると、20年間(平成6年~26年)で4本だった虫歯が1本になっていたそう!

3本も虫歯数が減少とはすごいですよね。

これは学校での「歯みがき指導」「フッ化物配合歯磨剤」や「フロス」を使用するなどの歯に対しての意識の向上の成果ではないかと言われています。

それとは対照的に厚生労働省の「歯科疾患実態調査」によると、小・中学生の40%が歯肉炎という報告があります。

隙間やデコボコが多い「生え変わり期」は、歯みがきの時に歯と歯茎の間に歯ブラシの毛先が届きにくいために磨き残しがち。

歯と歯茎の間に歯垢(プラーク)や歯石が残っていると、歯茎が腫れて歯肉炎になります。

スポンサーリンク

虫歯と歯肉炎を予防する方法

虫歯と歯肉炎を防ぐ方法は、食後の正しい歯みがきしかありません。

特におやつの後、子供はめったに歯みがきしませんよね。

キシリトールガムで唾液を出させたり、口をゆすぐだけでも虫歯予防につながるそうです。

お子さんの歯みがき、実は歯磨き粉の泡でキレイに磨けた気がするだけできちんと磨けてないのかもしれませんよ?

デコボコ高さや大きさの違う歯すべてに歯ブラシが行き届くように歯みがきすることが大切!

下の図のように歯ブラシをあてる順序を決めて、磨き残しをなくすために毎日同じ順序で磨くことを心がけましょう。prevent_illust06

歯肉炎は正しい歯みがきを続けていれば改善されます。

ポイントは歯ブラシの毛先の角度を45度にして歯と歯茎の間に入るようにすることです!

img-device03

                         clinica.lion.co.jp参照

歯と歯の間の汚れをかき出す「デンタルフロス」や殺菌作用のある「デンタルリンス」の併用で虫歯・歯肉炎予防効果をアップしてくれます。

「やっぱり子供に歯みがきを任せていては心配」

「これ以上虫歯を増やしたくない」ですよね・・・

歯磨き指導をどんなに頑張っても子供の口の中の虫歯菌はどうにもできない!

完全に除去しなければ虫歯はなくなりませんもの。

ニュージーランド発、虫歯菌除去成分配合の歯みがき粉「ブリアン」なら口内の虫歯菌を減らし、虫歯予防をすることが可能なのです!

日本初!虫歯菌除去用成分『BLIS M18』配合

こちら ⇒ 子供用歯みがきブリアン

  

善玉菌”BLIS M18″が虫歯菌のエサとなる歯垢を除去、虫歯の原因菌であるミュータンス菌を減らして虫歯のできにくい口内環境を作ってくれます。

しかも、気になる発泡剤、研磨剤、界面活性剤などを含まないから安心♪

え?虫歯菌を減らす効果があるならお母さんだって使いたいでしょ~

大人のお口のトラブルと言えば虫歯以外にも「口臭」や「歯周病」じゃないでしょうか。

虫歯予防成分「BLIS M18」にお口のトラブルを防ぐ成分『BLIS K12』をさらにプラスした大人用「ブリアン」はこちら♪

大人用歯みがきブリアン

大人用も発泡剤や研磨剤はもちろん、ラウリル硫酸ナトリウムやパラベン、シリコンなども含んでいないのもうれしいポイントですね。

親子で歯みがき粉とブラッシング方法を変えて虫歯ゼロの口内環境作りを目指しましょう♪

まとめ

いかがでしたか?

小学生の生え変わり期は、虫歯と歯肉炎になりやすい時です。

  • 虫歯になる原因は歯並び、歯の質、口内環境、食べ物などに関係
  • 乳歯の虫歯は白く虫歯になりやすい上、進行が早い
  • 正しいブラッシングと定期検診で虫歯・歯肉炎予防はできる
  • 虫歯予防に歯磨き粉・フロス・リンスの併用が効果的

歯科医院での「キーン」という機械の音・・・私も子供の頃から歯医者が嫌い

歯医者にはできることなら”治療”ではなく”定期検診”をしに行きたいものですね。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています