勤労感謝の日とはアメリカのレイバー・デー(労働者の日)と同じなのか?

日本では毎年11月23日は「勤労感謝の日」ですが、この祝日の意味をご存知ですか?

“働いている人々に感謝をする日”だから、アメリカの労働者の日に当たる「Labor Day」と同じような感じなんでしょうか。

レイバーデーの祝日で学校が休みだった息子に「日本にもレイバーデーってあるの?」と聞かれて「あるよ」と答えた母ですが、気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

勤労感謝の日ってどんな日なの?

単純に「労働者に感謝をする日」と思われがちですが、実はもっと深い意味があるようです。

第二次世界大戦後の1948年(昭和23年)に「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日」として制定されました。

元の起源は新嘗祭

「新嘗祭(にいなめさい)」とは新穀を得たことを神様に感謝する祭祀。

「新」は新穀、「嘗」はご馳走という意味です。

日本では古くから神々に五穀の収穫を祝う風習があったため、その年の新穀を天地の神に供え、天皇自らも食する儀式が行われてきました。

「古事記」にも記されているほど歴史が長い新嘗祭は、11月23日に天皇が国家と国民の安寧と繁栄を祈ることを目的に行う大切な祭祀の祝日だったんです。

労働者によって得られた農作物に感謝を捧げる「収穫祭」だった訳ですね。

「新嘗祭」がなぜ「勤労感謝の日」に?

第二次世界大戦後、敗戦した日本はアメリカ政府の支配下に置かれることに。

そして日本の伝統を切り離したいマッカーサー率いるGHQの占領政策により、伝統的な天皇行事である「新嘗祭」という名前を排除させられてしまったのです。

そこでGHQからの提案が、アメリカの祝日である”労働者の日(Labor Day)“と”感謝祭(Thanksgiving Day)

2つ合わせて「勤労感謝の日」となったと言われています。

だから日本の勤労感謝の日は英語で”Labor Thanksgiving Day“と訳されているんですよ。

スポンサーリンク

アメリカのレイバー・デーと同じ意味なの?

アメリカでは、9月の第1月曜日はレイバー・デー(Labor Day)という「労働者の祝日」

レイバーデーが祝われた当時のアメリカは、南北戦争前後から発展した産業革命の時期に当たり、労働条件に配慮が行き届いておらず低賃金・長時間労働が当たり前の時代でした。

労働組合の創始者である大工のピーター・マクガイアと労働者たちが、労働条件の改善を訴えアメリカの労働者をたたえるためにパレードを組織し、1882年9月5日の月曜日にニューヨーク市でパレードを行ったのがその起源と言われます。

パレードを行うことで公衆に「同業者・労働組合の強さと団結精神」を示し、労働者とその家族の祝祭を行うことが目的でした。

だから今でも毎年この日はパレードや有名人の演説がアメリカ中で行われているんです。

一般人の過ごし方はと言うと、3連休なのでゆっくりと休暇を過ごしたり、外でわいわいバーベキューを楽しむのが定番です(笑)

新嘗祭が由来の収穫を祝う勤労感謝の日と、労働者をたたえる日であるレイバーデー

似ているようで違うことがわかりますね~。

あれ?”労働者の日”ということは、

レイバーデーは5月1日のメーデーと同じ!?と思いませんか?

スポンサーリンク

レイバーデーとメーデーの関係

アメリカ発祥である5月1日のメーデー(労働者の日)は、国際機関によって定められた”国際デー”で世界80ヶ国以上が祝日にもかかわらず、残念ながら日本では祝日ではありませんよね。

実は日本と同じくアメリカもメーデーは祝日ではありません!

両方とも労働者の日である「メーデー」と「レイバーデー」

メーデー(5月)はヨーロッパでは”夏の訪れを祝う日”に対し、アメリカでレイバーデー(9月)は”夏が終わる日”を表すなんて面白いですよね!

それでは、レイバーデーと関わりのあるメーデーから少し説明していきましょう。

メーデーの起源とは

当時のアメリカでは、1日12時間から14時間労働が当たり前でした。

1886年5月1日にシカゴ中心に労働者が「8時間労働制」を求めるストライキとデモを起こし、それが3日後には”ヘイマーケット事件“という大きな暴動に発展してしまいます。

この事件をきっかけに、労働者の権利を主張する運動、また、国民がその時々の要求を掲げ団結と連帯の力を示す日として発展してきたのがメーデーです。

レイバーデーが労働者の祝日に

1882年にレイバーデーのパレードが初めてニューヨークで行われ、1887年にニューヨーク州を始めオレゴン州やコロラド州でもレイバーデーを祝日にすることを決めました。

1894年車両会社の業績悪化に対して、労働者に解雇や低賃金・長時間労働を課した経営者であるジョージ・プルマンに抗議した組合員によって暴動(プルマン・ストライキ)が起こります。

クリーブランド大統領が連邦軍を投入して鎮圧しましたが、多くの労働者が犠牲に。

そんな波乱の中でレイバーデーをアメリカの祝日にする法案が可決され、プルマン・ストライキからなんとたったの6日後に法が成立!

そして1894年にレイバーデーがアメリカで公式な祝日になったのです。

当時のクリーブランド大統領は、労働者のためのレイバーデーを既に存在していたメーデーと揃えるのは、ヘイマーケット事件に繋がることになると懸念していたそうです。

ちなみに、アメリカ以外にもカナダ、ニュージーランド、オーストラリアが、日にちはそれぞれ異なりますが、レイバーデーを”労働者の祝日”として定めているんですよ。

まとめ

いかがでしたか?

日本の勤労感謝の日とレイバーデーは同じではないですが、レイバーデーとメーデーは同じく労働者の祝日であることがわかりました。

  • 勤労感謝の日は、収穫を祝う新嘗祭が起源
  • 敗戦後にアメリカGHQの命令により勤労感謝の日に名前が変更された
  • アメリカのレイバーデーは労働条件の改善を訴えたパレードが始まりの労働者の祝日
  • 世界中でメーデーが祝われるが、レイバーデーのあるアメリカは祝日ではない

なかなか奥が深い勤労感謝の日でした。頭に勤労感謝の日を思いながら、息子に「日本にもレイバーデーがあるよ」と答えてしまった母の私・・・

補足としてきちんと説明しておこうと思います(笑)

子供に聞かれたらきちんと正しい説明ができるようにしておきましょう!

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする