海外で人気のヤクルト!乳酸菌プロバイオティクス効果とは?

日本でヤクルトと言えば、子供からお年寄りまで誰もが知っている乳酸菌飲料ですよね。

海外でも人気があるヤクルトは、世界中で飲まれているのをご存知でしょうか?

お腹の調子を整えるプロバイオティクス効果のある飲み物として人気があります。

ヤクルトの小さいボトルに含まれる”乳酸菌”は、私たちの体にどんな効果をもたらすのか調べてみようと思います。

スポンサーリンク

日本が誇る世界のヤクルト

Yakult_Original_Frontal_5er_Stange2

ヤクルトの創設者である医学博士の代田稔さんが発見した乳酸菌、その名は

ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株

これは生きたまま腸に到達する乳酸菌なんです

たくさんある乳酸菌ですが、多くは胃液などの影響で腸に届く前に死んでしまうそうです。

65mlという小さなボトルに「生きたまま腸に届く200億個の乳酸菌シロタ株が含まれている」というのがヤクルトの最大のポイント!

そんな乳酸菌飲料ヤクルトは世界30ヶ国以上で販売されており、なんと1日で3000万本以上飲まれているんだとか。

どおりで米国、韓国、イタリア、ドイツ、どのスーパーでも見かけた訳だ(笑)

日本では1本40円のようですが、海外になると価格は日本の2倍以上

健康に良いはずの飲み物だけど、1度はこう思ったことありませんか?

あ、甘い・・・と。

Yakultによるとボトル1本に11.4gの砂糖が入っているそうです。

ヤクルト100mlあたり17.5g、コカコーラは100mlあたり10.6g

つまり、ヤクルトはコーラよりも砂糖の量が多いんです!

ボトルが小さいのには理由があったのかもしれません・・・ 

スポンサーリンク

ヤクルトがイギリスで赤ちゃんを救った!?

イギリスでヤクルトに命を救われた赤ちゃんがいるのをご存知ですか?

ライリー君は生後お腹が風船のように膨らんでしまう原因不明の病気にかかりました。

病院を転々としても原因がわからず、薬を処方されても病状は改善されません。

母親のアンナさんはインターネットで治療方法がないか自力で調べ始めます。

そして「抗生物質は腸内の善玉菌を殺してしまう」という事実を突き止めました。

アンナさんは、ライリー君の体内の善玉菌を増やす目的で乳酸菌入りのヤクルトを飲ませてみたのです。

するとたったの2日でお腹の膨らみが取れて完治してしまったそうです!

ライリー君は病院から処方された抗生物質により腸内の善玉菌が減少し、悪玉菌が増えてしまったのでしょう。

悪玉菌が増えて腸内のバランスが崩れると、免疫が低下して腸はきちんと機能しません。

すると消化されない食べカスが腐敗し、悪玉菌がガスをどんどん発生させます。

体外に放出されるはずのガスがオナラとして排出されないライリー君のお腹は膨れていってしまったのです。

ヤクルトを摂取したことで腸内の善玉菌が増え、整腸作用により症状が改善されました。

あっぱれ、ヤクルトですね。

スポンサーリンク

乳酸菌にはどんな効果があるのか?

乳酸菌は善玉菌を増やすというのはわかるけどそもそも乳酸菌とは何なのか?

乳酸菌は、腸内でブドウ糖や乳糖など糖(炭水化物)を分解して乳酸を作り出す細菌のこと

乳酸菌の働きとは

  • 腸内の乳酸菌を増やして善玉菌を増やす
  • 乳酸や酢酸を産生して腸の運動を促進し、悪玉菌の増殖を抑える

その結果、こんなにたくさんの効果が期待されているんです!

  • 整腸作用(便秘や下痢の改善)
  • 免疫力アップ
  • 中性脂肪・コレステロール抑制作用
  • 虫歯菌や歯周病菌の抑制作用
  • アレルギー疾患の改善
  • 生活習慣病の予防や改善

乳酸菌の摂取の仕方

乳酸菌と言えば”ブルガリア菌”や”ビフィズス菌”でおなじみの「ヨーグルト」

ヨーグルト以外にヤクルトなどの乳酸菌飲料、チーズやバターなどのはっ酵乳の他に、漬物、味噌、醤油などの発酵食品にも乳酸菌は含まれています

このように整腸作用のあるものを”プロバイオティクス“と言うのをご存知な方も多いのではないでしょうか。

⇒「ギリシャヨーグルトみたいなチーズ?おいしいプロバイオティクス」も参考にどうぞ

乳酸菌にはたくさん種類があり人それぞれ合うものと合わないものがあるので、色々なものを試して、自分に効果が感じられるものを探すことが大事なんです。

しかも食品から摂取する乳酸菌は体内で胃酸や胆汁の影響を受けるため、腸に到達した時には死んでいる場合があります。

生きた乳酸菌を摂取しても腸内では1週間ほどしか生きられず、最終的に体外に排泄されてしまうそう。

ところが近年、腸に着く前に死んでしまった”死菌”でも腸管にある免疫システムを刺激して免疫力を上げる効果があることがわかったそうです。

腸内で定着しにくいからこそ乳酸菌はなるべく毎日摂ることが理想的なんですよ~

オリゴ糖食物繊維を一緒に摂るとより整腸作用の効果がアップ♪

⇒「40代便秘はオリゴ糖で改善!ヨーグルトもビフィズス菌も効かない訳」も参考に。

特に私のような40代は体内の乳酸菌は減少するから、積極的に乳製品や発酵食品を摂らないとダメ・・・でも簡単ではないですよね。

たくさんある乳酸菌の中から自分に合うものをどうやって見つければいい?

「女神フローラ」なら17種類の乳酸菌が入っており、更にうれしいオリゴ糖入り♪

詳しくはこちら ⇒ かしこい乳酸菌の選び方『女神フローラ』

スティック1本に3兆個、ヨーグルトの300倍の乳酸菌!さらに4種類の酵母菌とダブル作用が魅力的な「ピュアラクトEX16」もおすすめです♪

詳しくはこちら ⇒ 3兆個濃縮乳酸菌【ピュアラクトEX16】

スティック粉末だから水なしでいつでもどこでも飲めるし、携帯にも便利だから毎日無理なく続けられますよね。

まとめ

海外でも人気のヤクルト、乳酸菌についてでしたがいかがでしたか?

  • 乳酸菌シロタ株の日本のヤクルトは世界30ヶ国以上で飲まれている
  • イギリスではヤクルトが原因不明の病の子供を救った
  • 腸に到達する前に死んだ乳酸菌でも免疫力を上げる効果があることが判明
  • 乳酸菌には整腸作用以外にも生活習慣病やアレルギー改善効果も
  • 腸内で定着しにくい上に、加齢と共に減少する乳酸菌は毎日摂取した方が良い

乳酸菌は腸内環境を整えるのに不可欠な「プロバイオティクス」であることが分かりました。

ヤクルトと一緒にサプリなどを利用して自分にあった乳酸菌で菌活しましょうね。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする