海外で人気のヤクルトにも入っている乳酸菌の効果とは?

日本でヤクルトと言えば、子供からお年寄りまで誰もが知っている乳酸菌飲料ですね。

そのヤクルトは海外ではとても人気で、世界中で飲まれているのをご存知でしょうか?

お腹(腸)に良いと言われるヤクルトに含まれる”乳酸菌”は、私たちの体にどんな効果をもたらすのか調べてみようと思います。

スポンサーリンク

日本が誇る世界のヤクルト

Yakult_Original_Frontal_5er_Stange2

ヤクルトの創設者である医学博士の代田稔さんが発見した乳酸菌

ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株

これは、生きたまま腸に到達する乳酸菌なんです。

たくさんある乳酸菌ですが、多くは胃液などの影響で腸に届く前に死んでしまうそうです。

65mlという小さなボトルに、生きたまま腸に届く200億個の乳酸菌シロタ株」が含まれている、というのがヤクルトの最大の売り!

そんな乳酸菌飲料であるヤクルトは、今では世界30ヶ国以上で販売されており、なんと1日で3000万本以上飲まれているんだとか。

私がどこへ住んでも(アメリカ、韓国、イタリア、ドイツ)スーパーで見かけたのが納得(笑)

ウチの息子がヤクルト好きなのでまめ買いたいのですが、海外ではとにかく価格が高い。

日本では1本40円のようですが、海外になると多分2倍以上・・・

ビンボーなわが家はなかなか手が出せないのでセールの時に買うのであります。

健康に良い飲み物だけど、きっと皆さんも思ったことがあるんじゃないでしょうか。

かな~り甘いと・・・

Yakultによると、ボトル1本に11.4gの砂糖が入っております。

100mlあたり17.5g、ちなみにコカコーラは100mlあたり10.6g

つまり、ヤクルトはコーラよりも砂糖の量が多いということです!ひえ~

体に良いと言えども、飲み過ぎ注意ですね・・・ 

スポンサーリンク

ヤクルトがイギリスで赤ちゃんを救った!?

イギリスでヤクルトに命を救われた赤ちゃんがいるんです。

アンナさんの息子ライリー君は、生後お腹が風船のように膨らんでしまう原因不明の病気に。

病院を転々としても原因がわからず、薬を処方されて自宅療養になっても状況は変わらず・・・

母親のアンナさんは自ら「抗生物質は腸内の善玉菌を殺してしまう」という事実を知り、善玉菌を増やすために乳酸菌入りのヤクルトをライリー君に飲ませてみました。

すると、たったの2日でお腹の膨らみが取れて完治したそうです!

ライリー君は抗生物質により腸内の善玉菌が減る=悪玉菌が増えてしまったのでしょう。

悪玉菌が増えて腸内のバランスが崩れると、免疫が低下して腸はきちんと機能せず・・・

すると消化されない食べカスが腐敗し、悪玉菌がガスをどんどん発生させます。

ガスがきちんとオナラとして体外に放出されれば良いのですが、排出されないとライリー君のようにお腹が膨れていってしまうのです。

ヤクルトで腸内の善玉菌を増やし腸内環境が整ったため、症状が改善されたんですね~。

あっぱれ、ヤクルトですね。

スポンサーリンク

乳酸菌にはどんな効果があるのか?

乳酸菌は善玉菌を増やすというのはわかるけど、そもそも乳酸菌て何なのか?

乳酸菌は、腸内でブドウ糖や乳糖など糖(炭水化物)を分解して乳酸を作り出す細菌のこと

乳酸菌の働きとは

  • 腸内の乳酸菌を増やして善玉菌を増やす
  • 乳酸や酢酸を産生して腸の運動を促進し、悪玉菌の増殖を抑える

その結果、こんなにたくさんの効果が期待されているんです!

  • 整腸作用(便秘や下痢の改善)
  • 免疫力アップ
  • 中性脂肪・コレステロール抑制作用
  • 虫歯菌や歯周病菌の抑制作用
  • アレルギー疾患の改善
  • 生活習慣病の予防や改善

乳酸菌の摂取の仕方

乳酸菌と言えば、”ブルガリア菌”や”ビフィズス菌”でおなじみの「ヨーグルト」ですよね?

ヨーグルト以外にヤクルトなどの乳酸菌飲料、チーズやバターなどのはっ酵乳の他に、漬物、味噌、醤油などの発酵食品にも乳酸菌は含まれています

このように整腸作用のあるものを”プロバイオティクス“と言うのをご存知な方も多いのではないでしょうか。

⇒「プロバイオティクスで整腸!ギリシャヨーグルトよりおいしいチーズ?」も参考にどうぞ

乳酸菌にはたくさん種類があり人それぞれ合うものを合わないものがあるので、色々なものを試して、自分に効果が感じられるものを探すことが大事なんですね。

よく、食品から摂取する乳酸菌は体内で胃酸や胆汁の影響を受けるため、腸に到達した時には死んでいる場合があると聞きます。

ところが近年、腸に着く前に死んでしまった”死菌”でも腸管にある免疫システムを刺激して免疫力を上げる効果があることがわかったそうです!

生きた乳酸菌を摂取しても腸内では1週間ほどしか生きられず、最終的に体外に排泄されてしまいます。

腸内で定着しにくいから乳酸菌はなるべく毎日摂ることが理想的なんですよ~

更に、オリゴ糖食物繊維を一緒に摂るとより効果がアップ♪

⇒「ヨーグルトもビフィズス菌も効かない40代の便秘はオリゴ糖で改善する」も参考に

とは言っても、現実は難しかったりしますよね。

特に私のように40代にもなると、加齢と共に体内の乳酸菌は減少するため積極的に摂らないとダメなんですって・・・

そんな時は「スティック粉末」を賢く利用したプロバイオティクスが効果的!

携帯に便利だし、水なしでいつでもどこでも飲めるからうれしいですよね。

たくさんある乳酸菌から自分に合うものを見つけるのは大変!でも「女神フローラ」には17種類の乳酸菌が入っており、更にうれしいオリゴ糖入り♪

⇒ かしこい乳酸菌の選び方『女神フローラ』

スティック1本に3兆個、ヨーグルトの300倍の乳酸菌!さらに4種類の酵母菌とダブル作用が魅力的な「ピュアラクトEX16」は70%以上のリピート率♪

⇒ 3兆個濃縮乳酸菌【ピュアラクトEX16】のご購入はこちら

「菌活」という言葉があるように、腸内を健康に保つ努力はしなければいけないのですね。

まとめ

海外でも人気のヤクルト、乳酸菌についてでしたがいかがでしたか?

  • 乳酸菌シロタ株の日本のヤクルトは世界30ヶ国以上で飲まれている
  • イギリスではヤクルトが原因不明の病の子供を救った
  • 腸に到達する前に死んだ乳酸菌でも免疫力を上げる効果があることが判明
  • 乳酸菌には整腸作用以外にも生活習慣病やアレルギー改善効果も
  • 腸内で定着しにくい上に、加齢と共に減少する乳酸菌は毎日摂取した方が良い

乳酸菌は腸内環境を整えるのに不可欠な「プロバイオティクス」であることが分かりました。

多種類ある乳酸菌の中から、自分の腸に合うものを見つけなければならないのが大変です。

病気に負けない身体作りのために頑張って菌活をして行きましょう!

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする