海外でも日本の和包丁が使いたい!おすすめブランド5選

毎日する料理だからこそ、海外でも使い慣れた「日本の包丁」が使いたいと思いませんか?

海外のお手頃なナイフはまな板の上でしなったり、切れ味が悪すぎたり使い勝手が悪い!

世界中で”和包丁”がとても人気な今は、三徳包丁などの日本式包丁は珍しくありません。

でも「ジャパニーズ・スタイル」と「メイド・イン・ジャパン」はちょっと違いますよね。

今回は海外にいても手に入るオススメのメーカー5社をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スミカワ

大正5年創業、780余年の歴史を持つ関刀鍛冶の伝統を守り続けるSUMIKAWA

切れ味と機能性にこだわったハイクオリティーの包丁は世界45ヶ国で愛用されています。

Made in Sekiのハイレベルな包丁、特殊鋼材を使用した”KASUMI” ダマスカス包丁シリーズは海外で高い評価を受け、ヨーロッパでいろいろな賞を受賞しています。

kasumi_masterpiece_life6

ウェブサイト ⇒ https://gifuproduct.jp/english/product/index/CUT#subproductlist7

アマゾンやebayなどの通販でも購入可能のようです。

スポンサーリンク

藤次郎

TOJIROは「切れ味」にこだわった複合材の製造数量では世界で最も多い包丁製造メーカー。

国内トップレベルであり、2004年から欧米やアジアでも販売を始めたグローバル企業

伝承技術と最新技術を合わせた高品質が日本を始め世界でも高い支持を得ています。

こちらが高品質でコストパフォーマンスの良い人気の”Tojiro DP(F807)”

DSC04936_large

アメリカのアマゾンでのレビューは5つ星!!

ウェブサイト(英語)⇒ http://www.tojiro-japan.com/

アマゾンやebayなどの通販でも購入可能です。

スポンサーリンク

青木刃物製作所

600年の歴史を持つ堺打刃物の伝統を伝承する職人たちにより丁寧に作られた”堺孝行”

”Sakai Takayuki”として洋包丁から和包丁まで幅広く世界で販売し支持を得ています。

ステンレスとニッケルを交互に合わせた33層ダマスカスにマホガニーウッドの柄が上品

7392

スウェーデンの特殊鋼を使用した”Grand Chef”シリーズも海外では人気があります。

t_807

ウェブサイト ⇒ http://www.aokihamono.co.jp/english1/english%20index.htm

アマゾンやebayなどの通販でも購入可能です。

ZWILLING(J.A.Henckels)

刃物で有名なツヴィリング(J.A.Henckels)社は、1731年に刃物の町で有名なドイツのゾーリンゲンで創業 Zwilling_Logo双子マークの包丁が世界中で人気なのをご存知な方も多いのではないでしょうか?     

ナイフの最高峰と言われるドイツ・ツヴィリング社ですが、包丁は日本の高い技術を採用し、刃物で有名な岐阜県・関市の自社工場で刃付けを行っているんですよ。

「料理の鉄人」の道場六三郎と共同開発された”MIYABI 雅”

雅”Kaizen”シリーズは用途に応じていろいろな種類が選べ、レビューもほとんど5つ星!

miyabi_kaizen_collection_500

オンラインストア(アメリカ)⇒ http://www.zwillingonline.com/

CHROMA Cnife 

アメリカのジョージア州の本社のあるクロマ社ですが、ウィキペディアによると

Chroma knives are mostly made in Japan by small family-owned operations.

「家族経営のクロマナイフはほとんどが日本製」と書かれています。

うーん、ほとんどということは日本製じゃないものもあるということですよね。

日本製と外国製の区別がわからないのですが、海外で知られている包丁をご紹介します。

”Haiku 俳句”オリジナルシリーズ

ヨーロッパのデパートなどの店頭やオンラインで「和包丁」として見かけるのがこちら

1897-Santoku-+-Kochmesser-kl--+-Stein-1800L-Chroma-Haiku

ウェブサイト(アメリカ)⇒ http://www.chroma-cutlery.com/
サイト上の「Importers」をクリックすると、ヨーロッパを始め世界中の取り扱いのあるディーラーの連絡先が見れます。

アマゾンやebayなどの通販でも購入可能です。

最後に

海外でも手に入るメイド・イン・ジャパンの包丁の紹介でしたが、いかがでしたか?

プロ仕様の包丁の必要はないけど、毎日使う包丁だから「切れ味」や握った時の「使いやすさ」が重要ですよね~

今回紹介した包丁は、お手頃な値段のものが多くあるので手に入れやすいと思います。

私自身は、日本から包丁を持ち込んで20年使い込んだ和包丁がリタイヤし、ドイツのWMFのお店で実物を触って気に入った三徳包丁を買いました!

⇒「国際結婚で海外へ引っ越し!日本から持ち込むべきもの3つ」も参考にどうぞ

海外でも気に入った包丁、日本の包丁が見つかりますように♪

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています