マクドナルド”アメリカと日本の違い”は意外と知られていない!?

マクドナルドといえば、世界中で一番有名なファストフード店ですよね。

日本のマックと本場アメリカのマックでメニューや価格が違うのは当然ですが、同じ商品でもサービスの仕方が違うことがあるんですよ。

今回は「マクドナルドのアメリカと日本の違い」について書いてみようと思います。

スポンサーリンク

無線LANサービス(Free Wi-Fi)

sk_mcdonalds

アメリカでは、マックなどの大きなチェーン店では「無料Wi-Fi」が使えるのがほとんど

しかも、イギリスOpenSignalの調査によると、アメリカのマクドナルドのダウンロードスピードは平均4.187 Mbpsで、他のどの飲食店の公共ネットワークよりも速いそうですよ。

日本では無料Wi-Fiスポットの少なさが、海外からも指摘されていますよね~。

でも、どうやら2016年6月から東京都内のマックでもこのサービスがスタートし、7月末までには全国(約1500店)に拡大する計画とのこと。

実現したらとても便利になり、外国人観光客も喜ぶこと間違いなしですね。

スポンサーリンク

アップルパイ(Apple pie)

日本のマックのアップルパイは、油で揚げたサクサクの食感がおいしいですよね~。

実はアメリカのアップルパイは1992年以来「よりヘルシーに」という理由から、油で揚げずにオーブンで焼く”ベイクド”なんですよ。

(どうやら最近は油で揚げるバージョンが復活したようです)

箱にもきちんと「Baked」と書かれています。
RAW_apple-pieアメリカのマックの”ベイクドアップルパイ”は、油で揚げたようなサクサク食感がない上に、シナモンの味が強すぎて好きじゃなかった私。

ヨーロッパのマックでは、日本と同じサクサクなアップルパイなのでうれしいのです!

スポンサーリンク

ドリンク(Drink)

サイズ

日本とアメリカでは、同じマックでもS・M・Lドリンクのサイズが違うんですよ!

これは「Sサイズ」ドリンクの大きさの違いがわかる写真です。

6071329559_b60bfa19c3

                                                               Photo:globalgrind.com

左側2つがマックの日本(300ml)とアメリカ(500ml)のサイズ比較です。

右側2つは、アメリカの”バーガーキング”と”映画館”のSサイズになっています。

右の2つのカップもSサイズですよ、どうしたらそれを”スモール”と呼べるんだ?!

ちなみに日本のLサイズは650mlですが、これはアメリカのMサイズより小さいんですよ!

日本 Lサイズ < アメリカ Mサイズってどうなの・・・

リフィル(おかわり)

日本ではドリンクのマシーンが設置してあり、飲み放題のサービスがあるファミリーレストラン多いですが、ファストフード店に「おかわり自由」はないですよね。

アメリカではファストフード店にはマシーンがあり飲み放題なのが当たり前!

店内で食べながらドリンクをゴクゴク飲み、店を出る時にカップいっぱいにソーダを入れて店を去るのがアメリカ人の基本ですから(笑)

もし飲み放題じゃないファストフード店があったら客に訴えられそう。

drinks-fountain

                        Photo:www.independent.co.uk

ドリンク飲み放題が当たり前のアメリカ、肥満大国になるのも当たり前かも・・・

値段(Price)

日本のマクドナルドは「地域別価格」を導入しているのをご存知ですか?

同じハンバーガーでも東京などの大都市は値段が高く、地方都市は値段が安いという地域よって価格に格差があるんです。

1015N-McDonald-s_article_main_image

同一商品の価格差はというと、単品で最大40円、セット商品で最大90円になるらしい。

例えば、セットメニューがA店で600円、B店で690円としたらかなり大きいですよね~

マックの本場50州もあるアメリカでさえ、ハンバーガーの値段はどの州も同じなのに!?

支払い方法(Payment)

日本のマックでは、電子マネー以外は基本的に現金払いしか受け付けていないですよね?

これって日本に来た外国人観光客にはちょっと不便かも・・・

特にカード社会のアメリカでは、コーヒー1杯でもカード払いが当たり前!

「アメリカ社会のクレジットカード事情、なぜ使い方次第で借金地獄?」も参考にどうぞ

でも、日本は必ず近くにATMがあるからそんなに不便ではないかもしれませんね(笑)

でも調べてみると、日本のマックでもクレジットカード払いができる店舗がありました!

それは、成田国際空港です。

確かにインターナショナルな店舗には、カード払いがあった方が旅行者に便利ですよね。

まとめ

マクドナルドの日本とアメリカの違いについて、いかがでしたか?

  • 無料Wi-Fiが普及してない日本、Wi-Fiスピードの速いアメリカ
  • アップルパイは油で揚げたのが日本、オーブンで焼いたのがアメリカ
  • ドリンクSサイズは300mlが日本、500mlがアメリカ
  • ドリンク飲み放題は日本になし、アメリカにあり
  • 現金払いのみが日本、カード払いも可能なのがアメリカ

アメリカ旅行でマクドナルドに行く際は参考にしてみてください!

また、お知り合いの外国人が初めて日本のマックに行く時は、現金を持っているか確認してあげましょう。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています