なぜ映画館といえばポップコーン?値段は高いけど味はおすすめ!

映画館に行くと値段が高いのになぜかポップコーンを注文してしまう。そんな経験はないですか?

日本の映画館ではバター以外にキャメルポップコーンなどが販売されているようですが、アメリカでは”バター風味”だけなことが多いです。

やはり、あの匂いと映画館ならではの味が人を惹きつけるのかもしれないですね。

世界中なぜ「映画館といえばポップコーン」なのでしょうか?

今回は、そんなポップコーンについて書いてみようと思います。

スポンサーリンク

映画館の中ではなく、外で売られていたポップコーン

アメリカで蒸気動力による移動式ポップコーンマシーンが誕生したのが1885年、ポップコーンの始まりは映画館ではなく、カーニバルなどの屋外でのお祭りの屋台でした。

popcorn-1240514-640x480

1900年代になると、トーキー(有声)映画が一般人の娯楽として流行りだし、人々は安く楽しめる”エンターテイメント”を求めるように。

映画が一般の娯楽となると、それをビジネスにしようと目をつけた売り子が、映画館前の通りに屋台を出し、紙袋入りポップコーンを売り始めたんです。

スポンサーリンク

なぜ、いつの間に映画館の定番に?

その後、ポップコーン売りの屋台は映画館側に手数料を払い、館内のロビーで売ることが許可されたのが映画館でポップコーンが売られるようになったきっかけ。

ところが、映画館側は屋台と契約を打ち切り、自分たちでポップコーンの販売をスタートさせてしまったのです。

Movie-tickets--popcorn-jpg

時代は第2次世界大戦中、貴重な砂糖は軍隊に送られてしまうため、甘いスナックは入手困難。

そのため、アメリカではポップコーンが映画館の定番スナックとなった訳ですね。

そんな風に始まったのがアメリカですが、日本ではどうだったんでしょう・・・

日本の映画館にポップコーンがやって来たのは昭和初期らしい。

それまでは、庶民のお菓子「おせんべい」などが映画館で食べられていたようですが、なんせ「バリバリ、ボリボリ」という音が大きい!

それに比べてポップコーンは軽いし食べやすい上にうるさくないので、日本人にもすんなりと受け入れられたよう。

そして、安価なコーンを使用するポップコーンは映画館側にも利益率80%というメリットが!

日本でもあっという間に”映画館=ポップコーン”となったんですね~

スポンサーリンク

映画館のポップコーンはなぜおいしい?

多くの人が疑問に思うこと、それは・・・

「なぜ映画館のポップコーンは市販のものよりおいしいのか?」

映画館といえば、やっぱりこのバケツ♪サイズは高さ約22cm、直径25cm!!

41evEd9cNzL

映画館内に漂うポップコーンのバターの香り・・・がそそりますよね~

お腹が空いてなくても、つい飲みものと一緒に買ってしまい、映画を見ながらモリモリ食べてしまう不思議な魅力の”ムービーポップコーン”

おウチで作るポップコーンと映画館で作られるポップコーンは作り方に違いがあるようですよ。

ほとんどの映画館では、本物のバターではなく「バター風味やシーズニングを含んだオイル(フレーバーオイル)」を使用してポップコーンを作っているそうです。

家庭でなかなか出せない風味だからこそ、映画館でつい買ってしまうのかも・・・

映画館のポップコーンは高いけどおすすめする理由

映画館仕様のポップコーンは他では味わうことのできない風味だから、つい食べたくなってしまうもの。

でも、映画館の食べ物や飲み物の値段ってとても高いですよね・・・

それでもお勧めする理由はあるんです!

理由その1

頻繁に映画館へ行くわけではないので、たまに行った時はおいしいポップコーンを食べながら映画を楽しむ方が良い

理由その2

ポップコーンは、ビタミンミネラルポリフェノールといった女性にはうれしい栄養素が意外と豊富。

クッキー、チョコ、ポテトチップスを食べるよりヘルシー

やっぱり映画館は高いから・・・という人のために、アメリカにあるコチラをご紹介!

アメリカのスーパーで売られている「レンジ用ポップコーン(Microwave Popcorn)」

orville-redenbachers-gourmet-pour-over-movie-theater-butter-microwave-popcorn-2pk_544302

お値段は1箱に2~4袋入って300円前後。レンジでチンすればアツアツのポップコーンが食べれるから、やめられない止まらない~なのです。

定番の”バター”や甘い”ケトルコーン”の他に、この写真↑のような映画館仕様の「ムービーシアターバター」というものがあるんですよ。

⇒「ディズニーランドにないポップコーン、アメリカ発ケトルコーンがウマイ!」も参考にどうぞ♪

これで、おウチで映画を見る時もちょっぴり映画館気分だからわが家のマストアイテム!

これはスーツケースにかさばらないので、海外のお土産としてもお勧めですよ♪

最後に

映画館の定番ポップコーンについてでしたが、いかがでしたか?

私自身がポップコーンの大ファンなので、レンジのポップコーンは常備品(笑)

勝手な予想ですが、ポップコーンが苦手な人ってあまりいないような気がするんですよねー。

コーンのかたい部分が歯に詰まるので、それがイヤなのは確かにありますけど。

映画館のポップコーンは市販のものとはひと味違います!!

値段が高いのが痛いけれど、映画館に行く機会がある時は奮発して映画と一緒にムービーポップコーンを楽しんでみて下さいね。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする