子供が食事を食べないのは夏バテ!?原因と簡単な対策とは? 

暑くなると冷たいものやサッパリしたものが食べたくなるものですよね。

普段はモリモリ食べる子供が、夏になると食欲が落ちて食事の量が減ったと感じたことはありませんか?

「夏バテ」は大人だけでなく子供もなるもの!ちょっと気をつけることで夏バテを予防したり、早く回復することが可能なんですよ。

今回は夏バテの原因や回復方法、予防方法などについて書いてみようと思います。

スポンサーリンク

夏バテの原因は生活の乱れ!?

”夏バテ”とは医学用語ではないのですが、ウィキペディアによると夏の暑さによる自律神経系の乱れに起因して現れる様々な症状のことを言います。

夏バテの症状と言えば・・・

・食欲がなくなる
・身体がだるい

などの体調不調があげられますよね。

img2                              park.ajinomoto.co.jp参照

こんなことに心当たりはないでしょうか?

低温の冷房にあたりすぎ

暑い外と涼しい室内では温度差があるため、体がなかなか一定の体温を保てません。

クーラーで体が冷えることも自律神経が乱れる原因になり、だるさを引き起こします。

発汗による体内の水分やミネラル不足

日本は湿気が高いので蒸し暑く、汗をよくかきます。

汗で体内の水分が奪われると共にミネラルも無くなってしまうんです。

ミネラルが不足すると、脱水症だけでなく熱中症やだるさを引き起こします。

暑さで寝れない、睡眠不足

暑いと寝苦しいですよね~。なかなか寝つかず睡眠不足になりがちです。

寝不足は体の疲れが取れず、免疫力も低下して体調不良の原因に!

冷たいものばかり摂る

暑いと食欲がなくなるのは、胃の消化機能が低下して栄養の吸収が悪くなるからです。

さらに、暑さから冷たいものを食べたり飲み物をガブガブ飲みがちですよね。

これも胃が冷えてしまい、更に胃の消化機能が低下してしまう原因なんですよ。

暑いから涼しい所へ、暑いから冷たいものを・・・

こうやって見ると「暑いから」と日頃何気なくしている生活が、実は夏バテの原因になっていることが分かりますね!

スポンサーリンク

夏バテの体に必要な栄養素とは

私たちの体は夏の暑さや睡眠不足でストレスを感じ「ビタミンC」を消費しています。

汗をかくと「ミネラル」が放出されるとお話しましたが、水溶性の「ビタミンB1」も汗で流れて不足しがちです。

更にビタミンB1は体内のアルコールを分解する働きや、炭水化物をエネルギーに変える働きがあるため、夏バテ予防には欠かせない栄養素なんです!

夏バテ予防と改善に積極的に摂りたい栄養素は・・・

・タンパク質
・ミネラル
・クエン酸
・ビタミンB1・B2
・ビタミンC

肉、魚、大豆食品、緑黄色野菜、果物や、ニンニク、ネギ、梅干しなどが効果的!

スポンサーリンク

夏バテの予防と対策は?

ポイントは生活習慣!規則正しい生活が夏バテ防止と改善に繋がります。

栄養バランスのとれた3食

タンパク質やミネラル、ビタミンの含んだ食品を3食バランスよく食べたいものです。

「時間がない」とか「食欲がない」という理由で朝食を抜かないように!

夏のスタミナといえばニンニク!食欲を増進するためにニンニク料理がオススメです。

あとは、野菜と豚肉をたっぷりかけた”冷やしぶっかけうどん”もいいかも!

果物は水分も多いので水分補給にもなるし、サッパリしているので摂取しやすいですね。

ぐっすり眠ること

昼間にカーテンを開けていると、室内の温度が高くなり夜もなかなか温度が下がりません。

室内温度を低く保つためにも、日中はカーテンやブラインドを閉めておきましょう!

室内が快適でないと、夜はなかなか眠れませんよね?

ぐっすり眠るためにクーラーで部屋を快適な温度にします。

室内と外気の温度差が大きいと自律神経が乱れる原因になるので、温度差は5℃以内に。

クーラーの設定温度は28℃くらいにして、タイマーをセットするなどして一晩中かけっぱなしにしないようにしましょうね。

こまめな水分補給

よく喉が乾いたと感じて飲む時は、体内は既に水分不足だと言われます。

特に子供は遊びに夢中になると水分を取らないし、夏は特に汗をたくさんかきますよね~。

ポイントは早めに、こまめに少しずつ水分補給をすること!

食事の時以外にも、朝起きたら1杯、外出前に1杯、寝る前に1杯など工夫するといいかもしれないですね。

水分と言っても、キンキンに冷えたソーダ類やアルコール類ではダメですよ(笑)

お水やノンカフェインの麦茶などがベストですが、スポーツ飲料も水分補給には良いですよ。

私はミネラルが豊富で子供からお年寄りまで飲める”ルイボスティー”をおすすめします!

⇒「ルイボスティーの栄養成分はノンカフェインで40代にオススメ!

まとめ

夏バテの原因や簡単にできる対策でしたがいかがでしたか?

暑いとやる気もなくなりがちですが、規則正しい生活を心がけることで夏バテの予防や改善ができるんですね。

  • 冷たいものを摂る、温度の低いクーラーにあたりっぱなしは夏バテの原因になる
  • 食欲がなくてもタンパク質・野菜・果物を積極的に摂ることで夏バテ改善になる
  • 体温調節、水分補給、良い睡眠を心がける

夏バテは免疫低下から夏風邪を引いてしまうこともあるから要注意。

暑さでお子さんの食欲が「落ちてきたかな?」と思ったら食事や睡眠、水分補給を気をつけてあげて下さいね!

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする