ヨーグルトもビフィズス菌も効かない40代の便秘はオリゴ糖で改善する

オリゴ糖が「便秘」や「ダイエット」に効果があると言われて話題になっていますよね。

ヨーグルトや食物繊維を摂っているのに便秘に効かないと悩んでいる方はいませんか?

また、女性は40代になるとホルモンバランスやストレスの影響で便秘になりがち!

今回は、便秘に悩む女性の救世主かもしれない”オリゴ糖”について書いてみようと思います。

スポンサーリンク

その便秘、加齢のせいかも!?

「毎日排便がないから私は便秘ぎみ」と思っていませんか?

実は、毎日お通じがあってもスッキリしてなければ「便秘」になります。

逆に、週に2~3回だけでもスッキリと出ていれば便秘にはならないそうです。

腸内で悪玉菌が増えて体内に便などの老廃物が溜まるのが便秘

放っておくと肌荒れや体調不良などを引き起こすので、腸内の環境を整えて便秘を改善する必要があります。

さらに「加齢による自律神経のバランスが崩れ」が便秘を引き起こすんです!

自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、胃や腸を動かす”副交感神経”の働きは、女性の場合40代からどんどん低下します。

すると消化機能が低下し、腸のぜん動運動が鈍くなるために便秘になりやすいという訳です。

しかも「加齢により体内のビフィズス菌(善玉菌)が減少してしまう」というダブルパンチ!

ヨーグルトを食べているのに効果がないんだけど~という方

自分の腸と相性の良いヨーグルトを食べていますか?

オリゴ糖と同じくお腹の中の善玉菌を増殖してくれる「乳酸菌」は、腸と相性の良いものでないと効果を感じられないんです。

しかも、腸内で1週間ほどしか生きらない乳酸菌は、最低でも2週間以上の摂取を続けないと自分に合っているか効果が分からない・・・

毎日ヨーグルトを摂取しても便秘が治らないという方は

・整腸に有効な善玉菌が充分に足りていない
・自律神経のバランスが崩れている

ことが原因なのかもしれません。

⇒「海外で人気のヤクルトにも入っている乳酸菌の効果とは?」も参考にどうぞ♪

40代からの便秘は腸内環境を整えてあげると同時に、副交感神経の機能を回復させることも大切なことが分かりました。

スポンサーリンク

善玉菌を増やすオリゴ糖

オリゴ糖には、腸内で善玉菌のエサになり善玉菌を増やす働きがあることから、腸内環境を整える効果があります。

オリゴ糖はたくさんの種類があり、それぞれ違った性質や特徴を持っています。

なかでも、胃や小腸で消化・吸収されにくい”難消化性“のオリゴ糖が整腸作用に効果抜群!

しっかりと大腸まで到達し、悪玉菌のエサにならないから効果的なんですね。

効果を実感するために、下記のオリゴ糖が含まれているものを選びましょう♪

フラクトオリゴ糖

玉ねぎ、ごぼう、アスパラ、バナナ、にんにく、大豆などに含まれる

よく知られているオリゴ糖で「ショ糖」を原料とし人工製造されます。

ガラクトオリゴ糖

動物性オリゴ糖で、赤ちゃんが飲む母乳に多く含まれます。

たんぱく質の消化吸収を補助し、ミネラルの吸収も促進する働きがあります。

乳果オリゴ糖(ミルクオリゴ糖)

牛乳に含まれる「乳糖」とサトウキビに含まれる「ショ糖」を精製

砂糖の甘さに1番近いと言われています。

ビートオリゴ糖(ラフィノース)

北海道のビート(甜菜)の糖蜜から抽出した天然のオリゴ糖

キチンオリゴ糖

カニやエビの殻の「キチン」を原料として加水分解法で精製した動物性オリゴ糖

整腸効果に加え、かぜやがん予防などの免疫賦活作用もあるようです。

スポンサーリンク

オリゴ糖にはどんな効果がある?

便秘解消

赤ちゃんの腸内細菌は99%がビフィズス菌なのに対し、大人はたった10%だそうです。

難消化性のオリゴ糖はしっかり腸まで届くので、ビフィズス菌のエサとなりお腹の中でビフィズス菌(善玉菌)を増やしてくれます。

その結果、腸が正常に働きお通じが良くなるという訳ですね。

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は胃酸などの影響を受けて大腸まで届かず死んでしまうことも多いのに対し、オリゴ糖は”菌”ではないので確実に腸まで到達してくれます。

虫歯予防

虫歯の原因菌であるミュータンス菌が口内の糖質を栄養分として酸を出し、その酸が歯を溶かすことにより出来るのが虫歯です。

ところがオリゴ糖は糖質にも関わらず、虫歯の原因になるミュータンス菌が寄り付かないため虫歯になりにくいと言われています。

コレステロールの低下

善玉菌には腸内の余分なコレステロールなどを排泄する働きがあります。

さらに、肝臓にもコレステロールを分解して体外に排出する働きがあるんです。

ところが、悪玉菌の多い腸内環境だと腸だけでなく肝機能も低下してしまいます。

腸内環境を整えれば腸も肝臓も正常に働き、血中の善玉コレステロール(HDL)が増えて、悪玉コレステロール(LDL)が下がるという訳ですね。

美肌効果

腸内環境が悪化すると、老廃物が溜まるだけでなく悪玉菌が増殖し毒素を出します。

体内に毒素が溜まることで新陳代謝が衰えてニキビ、シミ、しわ、くすみなどの肌のトラブルが発生!

腸内環境を改善すればトラブルが解消でき、美肌効果が期待できます!

肌の老化の原因は腸内環境の悪さも関係しているんですね。

良質なオリゴ糖をサプリで摂る!

732

整腸作用にはしっかりと大腸まで届く”難消化性のオリゴ糖”が良いとお話ししました。

便秘解消には、腸内善玉菌の90%を占めるビフィズス菌を増やすことが最重要!

ちなみに乳酸菌は善玉菌全体のたった1%だけなんですよ。

母乳に含まれるガラクトオリゴ糖はビフィズス菌を増やす効果が抜群です。

ガラクトオリゴ糖を始め、4種の最強オリゴ糖入り「おとなのオリゴ」がこちら
↓↓↓
 

ガラクトオリゴ糖の他、キチンオリゴ糖、ミルクオリゴ糖、ビートオリゴ糖とすべて難消化性のオリゴ糖を含んだゼリー状で飲みやすいサプリ♪

え?最初から”ビフィズス菌”のサプリを摂ればいいんじゃないの?と思いませんか!?

100兆個以上いる私たちの腸内細菌の中では、ヨーグルトやサプリ摂取により新しく腸内に入って来たビフィズス菌は住み着きにくいと言われます。

腸内に”住み着く”ことで効果を発揮するビフィズス菌、住み着かなければ意味がないのです。

だったら、すでに腸内に住み着いているビフィズス菌に、エサとなるオリゴ糖を与えて自分の腸内で善玉菌を育てて増やした方が効率的という訳なんですね!

まとめ

便秘に効果のあるオリゴ糖について、いかがでしたか?

  • 加齢により自律神経の乱れや腸内の悪玉菌増加により便秘になりやすい
  • 胃や小腸で消化吸収されにくい難消化性のオリゴ糖が整腸作用や便秘に効果がある
  • オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサになることで善玉菌を増やし腸内環境を整える
  • オリゴ糖は便秘解消の他に虫歯予防、美肌効果、コレステロール低下に効果がある

私たち日本人は、普段の食生活でオリゴ糖を含む醤油・大豆・味噌などを摂取しています。

でも、腸内環境を改善するためには食物からだけでは不十分なんですね。

腸内に悪玉菌が多いと、便秘だけでなく身体に様々な悪影響を与えてしまいます!

市販の「オリゴ糖」を利用して「快腸」な生活を送りましょう♪

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする