折り紙「Origami」は海外で人気!プレゼントにも日本の伝統文化を

日本では昔から”子供遊び”の定番のひとつに「折り紙」があります。

その折り紙が海外ではORIGAMIとして、子供から大人まで人気があるのをご存知ですか?

手先を使うことで脳の発達にも良いと言われ、世界から注目を浴びている折り紙

私は海外で欧米人に折り紙を作ったり教えたりする機会が時々あります。

今回は欧米人に見せたり作ってあげて喜ばれた折り紙を少しご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

子供に喜ばれる折り紙

ヨーロッパの小学校で国際交流として折り紙を披露したことがあります。

小学生の子供達に折り方を教えながら、一緒に作ってもらおうと利用したのが”新聞紙”

簡単で喜ばれるものが「かぶとです。

Newspaper_Kabuto                                                                          Photo: www.satcho.com

新聞紙を正方形に切るところからスタート!

大きい新聞紙なので折り目を付ければ手でもきれいに切れます。

小学生には簡単に作れるものがいいですよね♪

見よう見まねで作り終わった新聞紙を見てもピンと来ない外国人小学生・・・当然です

頭にかぶってもらい、それが何かを説明したらみんな大興奮です!!

これが”KABUTO”「SAMURAI HELMET」です。

小学生くらいの子供には大きな紙の方が折りやすいので、正方形に切った新聞紙を利用するのがお勧めです!

スポンサーリンク

息子が人気者になった折り紙

飛行機(Airplane)

私は息子が小さい頃に折り紙を教えたことがあります。

アメリカでのこと、小学生の頃に息子のクラスで「紙飛行機コンテスト」が行われました。

paper-airplanes_shutterstock_43792207-800x460                                    Photo:wonderopolis.org 

子供は誰でもA4サイズの紙などで飛行機を作って遊びますよね?

でも、折り方が適当だから飛距離が・・・ひゅーん、ズトーンとものの数秒で落下↓↓

たかが紙飛行機、されど紙飛行機、私の日本人の血が騒がない訳がありません!

息子のためにインターネットで「よく飛ぶ紙飛行機の作り方」を調べましたよ(笑)

そのサイト名はもう覚えていませんが、羽の角度や重さに気をつけて作った記憶があります。

かあちゃんが苦戦して作り方を教えた結果、紙飛行機コンテストで息子は優勝!!

めちゃくちゃ飛ぶ紙飛行機を見たクラスメイトたちが、息子に作り方を聞きに来たそうです。

手裏剣(Shuriken)

紙飛行機で調子に乗った息子は、ある日折り紙の「手裏剣」を学校に持って行きました。

作り方は少し複雑になりますが、見た目がカッコイイから男の子達には大ウケ

息子が当時、人気者になったちょっと複雑な手裏剣はこんな感じ(写真は実物じゃないです)
8_point_star_2

またある時、息子と日本人のお友達が公園の木のテーブルで折り紙を作っていたところ・・・

公園で遊んでいた見知らぬアメリカ人の子供たちが、ぞろぞろと寄って来るではないですか!

「Can I have one?(それ、もらえる?)」と子供達

「どうやって作るの?折り方教えて!」じゃないんかいっ!

女の子達からはやっぱり”鶴”と”風船”が人気がありました♪

「100均の折り紙をたくさん持っててよかった!」と思ったのと同時に、日本人としてとても嬉しい瞬間でした。

やっぱり海外の子供でも「美しく折られた紙」に惹きつけられる何かがあるんですね~

スポンサーリンク

ギフトにも喜ばれる折り紙

外国人の女性に人気があるのは、やはり”鶴”ですよね。

折り鶴は、細かな作業と仕上がりの上品さにいつも「素晴らしい!!」と言われます。

100_large_polka_dot_print_on_orange_origami_cranes_5___5__96a3be43

「自分で折り紙を折ってみたい」と思っている外国人も多いんですよ。

日本でも英語と日本語両方表記の折り紙の本が売られています。

「おりがみ」と「折り紙の本」のギフトは、興味のある外国人には喜ばれると思います。

また、クリスマスの時期にとても評判の良かったちょっとしたギフトが・・・

”サンタクロース”や”長靴”オーナメントです。

origami-boot-santa-2d

  1. 折り紙でサンタや長靴を作る
  2. 上の部分に先が尖ったもので穴を開ける
  3. 毛糸やひもを通す

簡単ですよね?

クリスマスが盛大な欧米ではオーナメント(クリスマスツリーの飾り)はとても大切!!

なので、”日本らしい”オーナメントがとっても喜ばれます。

最後に

元々は平安時代に”贈り物をきれいに包装する紙”として流行したものが折り紙の原点

年月を経て今も受け継がれている”鶴”は日本が誇る伝承折り紙のひとつです。

今では紙の種類も形も多種多様になりましたが「紙1枚で作る楽しさ」に今も昔も変わりはありませんよね。

私は素人で折り紙に詳しくないですが、海外で折り紙の楽しさや素晴らしさを伝えるチャンスがあり、日本人として嬉しいです。

思っている以上に外国人は、折り紙に興味や関心を持っている人がとても多いですよ!

機会があったら、ぜひ日本の”Origami”を外国人に見せてあげて下さい。

意外な反応が返ってきますよ~♪

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています