しわ・シミ・たるみ肌を改善するレチノール美容液の効果とは 

レチノールを含む化粧品がシミやシワなどのエイジングケアに効果的と言われます。

「しわ?たるみ?アンチエイジング!?」と飛びついて通販で美容液を購入した私。

アメリカでもレチノールは40代からの加齢肌の女性に人気の商品なんです。

でも、成分や肌への効果や注意点などをきちんと理解していますか?私はしてません。

私がシワやほうれい線が薄くなることを願いつつ「レチノール」について調べながら、購入した美容液もご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

レチノールとは

40代も過ぎると、加齢と共にプリプリお肌のハリの元”コラーゲン”が失われていきます。

そして気がつくとシワが目尻・口元・おでこ・首に・・・きゃあ~っ!となる訳です。

ビタミンAの一種である「レチノール」は、その失われたコラーゲンの生成を促進する働きがあります。

コラーゲンが再び活性化することにより、シワが薄くなり弾力のある肌が戻ってくるのです。

更に、肌のターンオーバーを促してくれる働きもあるから、古い角質や沈着したメラニン色素を排出することで肌が生まれ変わり、シミも薄くなるという良いことだらけの美肌成分なんです♪

レチノールに期待ができる効果とは

  • シワ・ほうれい線・たるみ改善
  • 肌のハリをアップする
  • 肌表面の毛穴のつまりを除去して大人ニキビ予防
  • ニキビ跡やシミを薄くする

40代女性が飛びつかない訳ないっ!!

スポンサーリンク

アメリカ製レチノール2.5%セラム

レチノール配合と言っても、セラムや乳液やクリームなどいろいろな化粧品に使われ販売されています。

私が通販で購入した美容液(セラム)はこちらの「Ultra Retinol(ウルトラレチノール)」

abidingyouth-ultraretinol

ボトルの前面には

・2.5%レチノール
・ヒアルロン酸
・オーガニックホホバオイル
・オーガニックアロエ
・ビタミンE

と書かれています。

肌に良さそうな成分ばかりで安かったからコレを選んだ単純な私・・・

悩みのニキビやシワ・シミに効果があればうれしいのですが。

⇒「顎とデコルテの大人ニキビの原因とは?皮膚科に行かず改善する」も参考にどうぞ♪

夜のみ化粧水の後、顔全体に付けてからオイルでフタをすること1週間・・・

シミやシワにはまだ効果は見えませんが、顔の潤いがアップしてツヤツヤな感じを実感!!

「シワとシミが薄くなること」と「口周りの大人ニキビ撲滅」を願いながら1本使い続けてみようと思います。

アメリカ人レビュー(5つ星のうち、星4つ半なのでなかなか好評!)

Aさん:「くすみや小ジワが気になって使い始めたら、すぐに薄くなってきたわ!」
”I started using this a few weeks ago because I was concerned about lack luster skin, some fine lines and just not healthy looking skin. All that is fading away quickly!”

Bさん:「毎日使っていたら、ひどいシワと乾燥がなくなり若々しい柔らかな肌に変わったわ。これを使い始めてから、色んな人に肌キレイだけど何を使ってるのと聞かれるの。嘘じゃないわよ!」
”I use this every day and my skin has completely changed from wrinkled mess and dry all over to more youthful and soft.… for the past month since I started using it, people have actually asked me what I am doing to make my face look so pretty!!!! No Lie!”

Cさん:「正直言って、今まで”○○に効く”というものを試して効いた事がほとんどないのよ。目の周りのシワが減ってるのを目の当たりにした私の驚きを想像できる?!私にも効き目があるものがあって嬉しかったわ。」
”Honestly I haven’t had much luck with products that say they do something.…Imagine my surprise when using this product I saw a decrease in the wrinkles around my eyes. I was happy to say the least that something actually worked on me.”

などなど、効果を感じている人が多いようです。

スポンサーリンク

賛否両論のあるレチノール

肌質改善や美肌効果が期待されるレチノールですが、やはり「気をつけるべき点」などデメリットがあります。

日本国内で化粧品に配合できるレチノールの濃度は0.1%が上限のようです。

でも、私が購入した2.5%の商品のように海外通販では高濃度のものが売られ、気軽に個人で購入することが可能です。

濃度が高ければ効果も出やすいのは事実ですがピーリングのような働きのあるレチノール

レチノール使用中はピーリングで角質が落ちた肌は紫外線の影響を受けやすいため「保湿」と「紫外線対策」を普段よりも万全に!

また、肌が弱い人は「赤み」や「かゆみ」が表れたり「皮がむけてしまう」場合があるので注意が必要です。

レチノールは高い効果を望める分、肌への負担を考慮しなくてはいけないですね。

まとめ

レチノールについてでしたがいかがでしたか?

リスクはあっても使ってみたいと思う女性には魅力的な成分ですよね!?

  • ニキビ予防やシワ改善などアンチエイジング効果が高い
  • 日本では濃度は0.1%が上限だが、通販や個人輸入で高濃度のものが購入可能
  • 肌荒れの可能性があるので、使用濃度に気をつける
  • 日中はシミ対策に日焼け止めと保湿はしっかりと

これから試そうと思っている方は、低濃度から始めて様子を見るのが良いかもしれませんね。

レチノールは鏡の前で「はぁ~」とため息をついている私のような女性の味方ですよ!

コツコツ気長に頑張って、若々しいハリのある肌を取り戻しましょう♪

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています