ルイボスティーの栄養成分はノンカフェインで40代にオススメ!

南アフリカの自然の恵み「ルイボスティー」は40代にお勧めのお茶って知っていますか?

「ルイボスティーはノンカフェインで体に良い」というのだけ知っていた私、海外では手に入りにくい「麦茶の代理」として、たまたま選んだのがきっかけでした。

私のように「聞いたことはあるけどルイボスティーって何?」という人のために、今回はルイボスティーについて書いてみようと思います。

スポンサーリンク

ルイボスティーはどんなお茶?

ルイボスティーは南アフリカの一部の地域のみに生息するマメ科植物の葉っぱです。

先住民の間では「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」として日々愛飲されていたそうです。

葉っぱが紅茶のように赤いことから”Red Tea”と呼ばれることもあるとか。

我が家のルイボスティーの茶葉の写真はこんな感じです。

IMG_0649

スポンサーリンク

ルイボスティーの成分と特徴

カフェインフリー

カフェインの摂り過ぎは内蔵に負担をかけることになりますが、ルイボスティーはノンカフェインなので大丈夫!

だから赤ちゃん子供妊婦お年寄りまで安心して飲めるんです。

副作用もないので飲み過ぎる心配なし!いつでもホットやアイスで飲めるのがうれしい。

ミネラル

人間の体には不可欠なミネラルは、体内で合成することができません。

普段の食事からでは不足がちなミネラルを、ルイボスティーを飲んで補いましょう。

ナトリウムカリウムマグネシウムなどの健康に必要なミネラルはもちろん、骨の育成に必要なカルシウムも含まれているというから育ち盛りの子供にもぴったりなんですよ。

ポリフェノール

抗酸化物質であるポリフェノールはサビに負けない身体作りに欠かせないものですよね。

玉ねぎやブロッコリーに含まれるフラボノイドの「ケルセチン」には、活性酸素を減らし生活習慣を改善する効果があります。

ルイボスティー100gには、このケルセチンが42mgも含まれているんです!

抗酸化作用で血液をサラサラにし、悪玉コレステロールの酸化を防ぐので心筋梗塞や動脈硬化の予防にも効果的なのです。

SOD酵素

生活習慣病や肌の老化、アレルギー症状などを引き起こす原因と言われる活性酸素

ルイボスティーにはこの活性酵素を抑える「SOD酵素」が豊富に含まれています。

アンチエイジング効果が高いSOD酵素は、飲むだけではもったいない!

肌にも良いから、煮出した後の茶葉もまだまだ有効に使えるんですよ。

化粧水代わり、赤ちゃんのおむつかぶれに、お風呂の入浴剤として使える優れもの。

体の内側も外側もキレイになるなんて、飲まない訳にはいかないですね(笑)

しかーし、

効果を最大限に取り入れるために注意しなければならない事が1つ

それは・・・

ルイボスティーを煮出す時は、茶葉をゆっくりグツグツと煮出すこと

⇒ 高品質の安心のルイボスティーはこちら
   

紅茶のようにティーバッグを熱湯に数分浸すだけでは充分な効果が得られませんよ~。

ティーバッグは便利ですが、私は良質な茶葉から煮出すことをお勧めします♪

スポンサーリンク

効能・効果とは

冷え性・むくみ

ミネラル分が老廃物や水分を排出し、冷え性やむくみ改善に効果的

老化防止

SOD酵素の高いアンチエイジング効果でいつまでも若々しい肌と身体に

アレルギー症状

長期間飲み続けることで活性酸素が減り症状が改善する

便秘

マグネシウムと活性酵素の抑制により、腸内バランスが整う

二日酔い

抗酸化作用が二日酔い(頭痛・吐き気)の原因である毒素を軽減する

ダイエット

便秘解消やむくみ解消に加え、SOD酵素が体の代謝を促進して痩せやすくなる

加齢臭

活性酵素と臭いの原因「ノネナール」の発生を抑制する

「体臭の変化?40代女性の加齢臭の原因と改善方法」も参考にどうぞ

最後に

いかがでしたか?ルイボスティーってすごくないですか?

毎日お水や麦茶代わりにルイボスティーを飲み続けて健康家族♪

さすが”奇跡のお茶”と言われるだけあります。

こんなお茶を知らずにたまたま飲んでいた私が奇跡ですけど(笑)

ノンカフェイン、ポリフェノールの多さ、SOD酵素の多さが、他のお茶にはない特徴と言えると思います。

しかも「渋み」や「クセ」が全くないので、麦茶のように飲みやすいのがうれしいポイント!

一家の健康維持のために、毎日ゴクゴク飲み続けたいルイボスティーです。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています