米国スーパーのストアブランド商品、実は大手メーカーと同じ!?

値段の安さに惹かれ「ストア(プライベート)ブランド商品」を買ったことはありませんか?

アメリカのスーパーやドラッグストアの食品や日用品や薬などのPB商品は、大手メーカー(ナショナルブランド)より価格が3割ほど安いと言われています。

節約生活の私はもちろんPB商品愛用者ですが「安かろう、悪かろう」と疑う人もいるかもしれませんね。

実はストアブランド商品のほとんどは大手メーカーで作られているものなんです。

安価だから低品質とは言わせないアメリカ版「この店の商品の製造元はあの大手メーカー」を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

 ウォルマート編(Great Value)

庶民のお店”ウォルマート”のストアブランドといえばGreat Value

Store Brand(プライベートブランド) vs. Name Brand(ナショナルブランド)で、同じウォルマート内での値段を比較してみました。

(価格は地域や時期で異なることがあります)

Sara Lee Breadは日本でいうヤマザキのような大手パンメーカーで、どこのスーパーでも売っています。

Great Valueの食パンはSara Leeの工場で作られているそうです。

  • Great Value 1.28ドル
  • Sara Lee 1.98ドル

アメリカでは大人も子供も大好きなサンドイッチのお供ピーナッツバター

Peter Panを製造しているのはConagra社で、Hunt’s(ケチャップ)やLibby’s(缶詰)などの大手食品メーカーとして知られています。

  • Great Value 2.95ドル
  • Peter Pan 3.10ドル

スパイス類は買う頻度は少ないけれど意外と値段が高いですよね~

Great Valueは日本でもおなじみ大手メーカーのマコーミック社で製造されているそうです。

  • Great Value 3.44ドル
  • McCormick 3.83ドル

アメリカ料理によく使うグリーンビーンズは、安売りの時に買いだめする定番商品

Green Giant社は冷凍野菜や缶詰で知られた大手メーカーで日本でも知られていますね。

  • Great Value 50セント
  • Green Giant 88セント

スポンサーリンク

 コストコ編(Kirkland)

日本でも人気のある大型スーパー”コストコ”といえばKirkland Signature

こちらの8個入りのツナ缶は、私もコストコに行った時に買ってしまう商品です。

スーパーに売っている安いツナ缶は臭みが強く、夫や息子が食べてくれません。

ホワイトツナと言われる「アルバコア」は普通のツナより少し値段が高いけれど、生臭さが少なくて食べやすい!

ツナ缶メーカーとして有名なBumble Beeがコストコのツナも製造しているようです。

Bumble Beeのアルバコアはウォルマートで1缶4.82ドルで売っています。

ちなみにコストコは店舗によって値段が異なりますが、8缶入りで15ドル前後かな。

次に、家庭ではよく使う消耗品のひとつアルカリ乾電池

アメリカの”AA”が日本の”単3”サイズになります。

私にとって乾電池はセールじゃないと買いたくない商品のひとつ

よく「安い(ストアブランド)のは長持ちせずにすぐ切れるからダメ」と言われたり。

私はコストコの電池を使用したことがありませんがどうなのでしょうか!?

何かすごいってカークランドのものは72本入りで18.99ドル

実はこの乾電池、大手電池メーカーDuracell製だと言うではありませんか!私もびっくり

デュラセルのAA乾電池もコストコに売っているんですよね・・・

でも40本入りで19.79ドルだからカークランドの方がかなりお得♪

さらにカークランドのコーヒーは、あのスターバックスと同じなんだとか!

コストコ(カークランド)なら907g入りバッグで価格は10~12ドルくらいのようです。

⇒「アメリカ人がおすすめ!コストコで買うべき人気商品10点」もどうぞ♪

スポンサーリンク

 トレーダージョーズ編(Trader Joe’s)

アメリカ在住なら知っている人が多いトレジョこと”トレーダージョーズ”

リーズナブルなオーガニック商品が豊富なのが人気なスーパーです。

商品の約80%が「Trader Joe’s」の名前入り、これらは一体どこから・・・

まずはお菓子好きな私がファンなSnack Factoryのプレッツェルクリスプ

薄いサックサクのプレッツェルに塩気がたまらなく子供のおやつや大人のおつまみにもグッ

うちの近くのスーパーでは通常3.49ドルで売っています。


                                                    Photo:www.eonline.com

一方、トレジョでPretzel Slimsとして売っているものは2.39ドルで買えちゃいます。

人気商品のひとつ、トレジョのオーガニックヨーグルトだってあの大手メーカーらしい!

毎朝スムージーを飲む私にはこの大きいサイズのヨーグルトが必需品


                                                Photo:www.eonline.com

Trader Joe’s Organic Plain Whole Milk Yogurtは3.20ドル

本元の大手ヨーグルトメーカーStonyfieldのものは、近所のスーパーで通常4.69ドル

次はアメリカの定番、大人も子供も大好きなマカロニ&チーズ

Annie’sはオーガニックのパスタやシリアル、スナックが人気の大手メーカー

ウサギがトレードマークの商品がどこのスーパーにも売られています。

Annie’sはうちの近所のスーパーで通常価格は1.99ドル

私は近くのスーパーでセール価格1ドルになった時を狙って買います(笑)

トレジョのものは通常1.29ドルとリーズナブルな値段です。

定番のオレンジ色のマック&チーズではなく、わが家は断然この白色タイプ!

シェル型パスタに絡む濃厚なホワイトチェダーチーズがおいしい~♪

 最後に

アメリカでポピュラーなお店のストアブランド商品の知られていない製造元についてでした。

食品や薬はストアブランド商品となると「品質」を気にして避けてしまいがち。

薬なども書かれている成分を見比べるとわかりますが、大手もストア商品も”安全の基準”は同じなので中身は全く同じなことがほとんどなんです。

中身は同じクオリティーだけどパッケージや宣伝にお金をかけてない分、価格設定を抑えているんだとか。

ストアブランド好きな私、セールやクーポン使いで大手メーカーの方が安い場合は迷わず大手メーカーを買います!

⇒「アメリカで食費を節約する方法!日本とは違うクーポンの使い方」も参考にどうぞ♪

ストアブランド商品を上手に利用して食費の節約をしてみませんか?

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています