夏休みはお盆休みだけ?日本と違う会社の有給や学校休暇の海外事情

夏といえば大人も子供もバケーション♪と言っても、子供の長~い夏休みと違って日本では大人の夏休みと言えば”お盆休み”の1週間くらいでしょうか。

ドイツなどヨーロッパの会社では年間20日以上の有給がありますが、なんとアメリカでは基本的に年次有給休暇の義務はありません!

今回は日本とは少し違う、海外の有給休暇や学校の夏休みについて書いてみようと思います。

スポンサーリンク

日本の夏休みの現状とは

日本の子供(小学校~高校)の夏休みは、だいたい1ヶ月半くらいですよね。

海外で2ヶ月以上の夏休みを経験している私には1ヶ月半で充分(笑)

2ヶ月は長すぎです、親にとっては

大人の夏休みはというと・・・

“お盆休み”がある日本の場合、有給をくっ付けて少し長めの夏休みを取れる人もいるかもしれませんが、ほとんどの人は1週間前後でしょうか?

日本では、労働基準法により6ヶ月間継続して働き、全労働日の8割以上勤務すれば10日、その後は勤続年数と出勤率に応じて1年で20日までの年次有給休暇がもらえます。

6年半以上勤続すれば20日の年次有給がもらえる権利があるのに、なかなか消化できないのが現実ですよね。

エクスペディアの調査によると、他国に比べて日本の有給消化率はたった50%と低いんです!

どうやら4人に1人は有給休暇を取ることに”罪悪感”を感じてしまうようです。

次に海外の夏休みについてお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

アメリカ人の夏休みはどんな感じ?

■子供の夏休み

アメリカの子供(小学校~高校)の夏休みは、州や市によって異なりますが、だいたい2ヶ月~2ヶ月半くらいでしょうか。

日本と違い、夏休み明けに進級するアメリカの子供たちには宿題はないんですよ。

これだけ期間が長いと親も子供も大変ですが、アメリカでは夏休み中に空いた学校内で行われる有料のサマーキャンプを利用する子供も多いです。

サマーキャンプ(summer camp)とは、一般に長期の夏季休暇の間に小中学生、ティーンズを対象として行われるキャンプ。

伝統的なサマーキャンプは、ハイキング、カヌー、キャンプファイヤーなどの行事を盛り込んだものが通例であるが、最近は、演劇、ロック音楽、マジック、コンピュータの講習などを盛り込んだものもアメリカでは増えてきた。
ウィキペディアより             

■大人の夏休み

アメリカ人の夏休みは、1~2週間休みを取ってのんびりしたり旅行に行く感じでしょうか。

海外に行く人もいると思いますが、広大なアメリカ50州内を旅行する人が多い気がします。

ちょっと興味深いこちらの表をご覧ください。

これは「世界の国の年次有給休暇(青)と有給祝日(水色)の日数」を表したものです。

Screen Shot 2012-07-02 at 11.57.06 AM

1番右のアメリカ(United States)を見て下さい!ミスプリントではなく、0日なんです!

え?って思いませんか?先進国アメリカに有給はなし??

アメリカでは他国のように、”年次有給休暇”は法律で義務付けされていません

だから有給があるかないかは企業次第なんです。

しかも!アメリカでは、連邦政府職員は年に10日の祝日は有給扱いになりますが、民間企業は法的に祝日を休日にする義務も、祝日に給料を払う義務もありません。

ということは、アメリカでは有給休暇がある人だけ夏休みを取れるということですね。

ちなみに有給がある人は平均2週間くらいで、有給消化率は70%以上だそうです。

わが家の大黒柱は連邦政府職員なので、有給がきちんとあり消化も出来てよかった♪

スポンサーリンク

ドイツ人の夏休みはどんな感じ?

ドイツの子供の夏休みは地域によって異なりますが、だいたい日本と同じ1ヶ月半くらい。

1番の大きな違いは、ドイツでは大人の夏休みも3週間ととても長いこと。

子供の夏休みに合わせて一家で長い休暇に出かけられます!

上の表を見るとわかりますが、右側にあるカナダと日本の有給が短めの10日

あとは、有給休暇が20日以上の国かズラ~ッと並んでいます。

これは、ほとんどのOECD(経済協力開発機構)加盟国で20日以上の有給休暇が法律で決められているからなんです。

欧州のフランス・スペイン・デンマーク・ノルウェー・イギリス・スウェーデンでは、有給消化率はなんと100%!!

ドイツの有給消化率は90%以上、権利だから当然と言えば当然ですよね。

ヨーロッパの人々は3週間くらいをまとめて夏の休暇にドカーンと使う人が多いんです。

キャンピングカーや自家用車でヨーロッパの国々に家族で旅行に出かけます。

日本人からするとちょっと、いや・・・かなり羨ましいですね~

まとめ

日本と比べたアメリカとドイツの夏休みについて、いかがでしたか?

こうやって見るとやっぱり日本人ってよく働く国民ですよね(笑)

  • 日本は有給消化率が50%と世界の中でも低く、夏休みはお盆休みのみ
  • 夏休みを1週間くらい取る人もいるアメリカでは、有給休暇は義務付けされていない
  • 有給消化率90%のドイツでは、夏にまとめて数週間旅行に出かける人が多い

2~3日なら家でのんびりも良いけど、まとまった休みとなると旅行に行きたくなりませんか?

夏休みは短すぎるのも辛いですが、わが家のような貧乏一家にとっては、長すぎるのもすることが無さすぎて辛いのであります(笑)

でもせっかくの夏休みだから、大人も子供も「つまらなかった」の一言で終わらないよう楽しい思い出は作りたいものですよね。

のんびり過ごすのも良し、旅に出るのも良し、皆さん充実した夏休みをお過ごし下さい!

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています

コメント

  1. […] 出典夏休みはお盆休みだけ?海外の学校や会社の休暇はどれくらい違う? […]