思春期の子供のニキビを治す!スキンケアに効く洗顔や成分とは?

思春期の子供を持つお母さん、お子さんの青春のシンボル「にきび」が気になりませんか?

”こめかみ”にできるニキビに悩む中学生のわが家の息子、親としては治してあげたい!

たまに鼻やおでこに出来る大きな炎症した赤ニキビは痛々しくてかわいそうです。

そんなニキビを皮膚科のお世話にならずに自宅で予防や治療が出来ればうれしいですよね。

今回はニキビ予防や治すのに効果のあるスキンケアや食べ物をご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

ニキビ肌の洗顔で気をつけることは?

ホルモンバランスに変化が現れる思春期は、肌の過剰な皮脂分泌のせいで毛穴が詰まり、Tゾーンを中心にニキビができやすくなるのは普通のことなんです。

特に男性ホルモンの分泌が増えるために、中高生の男の子がニキビに悩みやすいのが特徴。

アメリカでは中高生の女子は約85%、男子は約90%がニキビに悩まされるそうですよ。

肌を清潔に保つことがニキビ予防の第1歩ですが、お子さんは正しい洗顔をしていますか?

洗顔料を選ぶ

ニキビに効果のある成分”サリチル酸”や”グリコール酸”、”グリチルリチン酸”を含む洗顔料を使ってみましょう!

  • サリチル酸・・・角質を柔らかくして毛穴のつまりや角栓を抑え、アクネ菌の繁殖を防ぐ働きがあります。
  • グリコール酸・・・角質を柔らかくし、肌のターンオーバーを促進するたけでなく保湿効果もあります。
  • グリチルリチン酸・・・抗炎作用があるので赤い炎症したニキビに効果があります。

日本でも「クレアラシル」や「プロアクティブ」が知られていますよね。

液体の洗顔料よりは固形石鹸タイプの方が肌に優しいと言われます。

なぜなら、液体洗顔料には洗浄力の強い合成界面活性剤が含まれていることが多いから。

この合成界面活性剤が肌に必要な角質層の潤いを奪ってしまうので、肌自身が潤いを戻すために皮脂を活発に出します。

そう、肌を過剰に乾燥させて逆にニキビを悪化させる原因になりえるんです!!

クリームやジェル状洗顔料でも合成界面活性剤が含まれていないものを選びたいですね~

ちなみに、アメリカのスーパーで買えるニキビに効く洗顔料や石鹸(Bar)は

・Clean & Clear Acne Triple Clear(Oil-Free) 
・Clearasil Daily Clear(Oil-Free)
・Neutrogena Acne Wash(Oil-Free) 
・Purpose Gentle Cleansing Bar
・Cetaphil Antibacterial Gentle Cleansing Bar など

があるのでこちらもチェックしてみて下さい♪

1日2回の洗顔と保湿

やはり「毛穴の詰まり」がニキビの原因なので、汚れや余分な皮脂を取り除くことが大事!

朝と夜(寝る前やお風呂)に洗顔することはもちろんですが、スポーツなどをして汗をかいた後にも洗顔をすることをおすすめします。

そして、面倒くさいけれど洗顔後に必ず「保湿」をすることをお忘れなく。

でも、乳液やクリームは毛穴を塞いでしまうのでは?と不安になりますよね。

ニキビ肌の保湿には「オイルフリー」や「ノンコメドジェニック」と記載されているものを使えば大丈夫ですよ~

アメリカのスーパーで手に入るニキビ肌に優しいローションに

・Cetaphil(セタフィル) 
・Aveeno(アヴィーノ) 
・Eucerin(ユーセリン)など

がありますので参考にどうぞ。

また、これ1本で洗顔、保湿、ニキビケアができるジェル洗顔FIRST CRUSH」なら面倒くさがりな中高生も楽ちん♪ 

3 in 1ジェル洗顔料ファーストクラッシュの詳細は⇒こちらから

サリチル酸にティーツリーオイルを含む8つの天然植物成分入りのクリーミージェルがニキビをしっかり予防してくれますよ!

スポンサーリンク

ニキビケアに効果のある成分とは?

ニキビケアにはいろいろな成分が良いと言われますが、ウチの息子のニキビ治療に効果のあったものをご紹介しようと思います!

ニキビがなかなか減らなくて悩んでいるお母さん、これらの成分の含まれる洗顔料や化粧水、クリームなどを試してみて下さいね。

ハマメリス

女性なら「ウィッチヘーゼル」という方が馴染みがあるかもしれませんね。

ハマメリスには消炎殺菌収れん作用があることから、皮脂をコントロールしてニキビ予防と、出来てしまったニキビの炎症を抑えてニキビ跡の予防にも効果が期待できるのです!

息子はハマメリスエキスの入ったニキビ用クリームを使用しています。

アロエベラ

日焼けや火傷のケアに効くことで知られるアロエには、消炎・殺菌効果があるのは知られていますよね。

アロエには肌の保湿効果や皮膚を保護する働きがあるのをご存知ですか?

ニキビの大敵である肌の乾燥を防いでニキビの予防と炎症を抑える効果が期待できます!

息子は洗顔後にアロエベラを55%含むフェイスクリームで保湿しています。

ティーツリーオイル

殺菌や抗菌に優れているティーツリーオイルは、実はわが家の掃除に欠かせない精油(笑)

⇒「おすすめエッセンシャルオイルは独特な香り!ティーツリーとペパーミントの使い方」も参考にどうぞ♪ 

肌のケアに効果を発揮するこの天然成分は、アメリカやオーストラリアではニキビの治療にもよく使用されるんです。

使い方は簡単、洗顔と保湿後にティーツリーオイルを綿棒でニキビに付けるだけ!

ニオイが気になる息子は、夜のみニキビに付けています。

肌のお手入れから掃除まで万能に使えるティーツリーオイルは常備すると便利ですよ。

スポンサーリンク

ニキビ肌に気をつけたい食べ物とは?

子供の大好きなファストフード、甘いお菓子やスナック菓子はニキビにはNG!

それは糖質が皮脂の過剰分泌につながりニキビを発生させてしまうからです。

普段の食事で積極的に摂取したい栄養素に

  • たんぱく質(肉・魚類や卵、豆類、乳製品など)
  • ビタミンA(うなぎ、乳製品、レバー、ほうれん草、人参など)
  • ビタミンB群(ナッツ、うなぎ、レバー、納豆、まぐろなど)
  • ビタミンC(赤/黃ピーマン、柿、キウイ、いちごなど)
  • 亜鉛(チーズ、ゴマ、牛肉など)
  • 鉄分(煮干し、油揚げ、海藻類、レバー、牛肉など)

などが挙げられます。

これらの栄養素は肌の免疫力や新陳代謝を高めてターンオーバーを促し、皮脂の分泌を抑える働きがあるためにニキビ予防には欠かせません。

とは言っても、毎日食品からビタミンとミネラルすべてを摂取するのは難しいですよね?

そんな時はサプリメントを利用するのも良いかもしれませんね。

まとめ

思春期の子供のニキビについてでしたがいかがでしたか?

  • ニキビの予防や治療に有効な成分を含む洗顔料で洗顔してしっかりと保湿
  • 合成界面活性剤を含む液体の洗顔料よりは、固形石鹸の方が肌に優しく効果的
  • ハマメリス、アロエバラ、ティーツリーオイルなどがニキビ治療に効果的
  • お菓子やファストフードを避けたビタミンとミネラルを含むバランスの取れた食事

子供自身が1番悩み気にしているニキビを、親としてはなるべく早く解決してあげたいものですね。

食生活や洗顔などのスキンケアをもう1度見直してみてはいかがでしょうか。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする