言うことを聞かない子供のしつけにタイムアウト育児方法を!

小さなお子さんを持つお母さん、子供が言うことを聞かない時のしつけはどうしてますか?

欧米では2歳位からの子供のしつけは”タイムアウト”を使った育児が定番なんです。

「ウチには効果がない」と言うお母さんは、正しい方法で行っていますか?

今回は、私の経験も含めてタイムアウトの方法を書いてみようと思います。

スポンサーリンク

タイムアウトとは

子供のまちがった言動に対し、一定時間他の場所に隔離し反省させる躾のテクニック

一定時間子供を隔離する事により、何が悪かったかを冷静に考え反省させることが出来ます。

タイムアウト時間内は、子供と同様にお母さんもクールダウンする時間なんです。

すると、私のような短気なお母さんでも「ゴラァ~ッ!」となるのを防げます。

”タイムアウト”は怒鳴らなくていい、手を挙げなくていいお母さんフレンドリーなしつけ法

魔の2歳”は英語でも”Terrible Twos”と言われ、世界共通なのでご安心を!

就学前の子供のしつけに良いテクニックだと言われるタイムアウト

”しつけ”に悩んでいるお母さん、正しい方法を覚えて実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

正しいタイムアウトの方法

1.指定の場所、時間を決めて立たせる(座らせる) 

キッチンの角や廊下の壁際など毎回同じ場所を使います。 

小さなお子さんは子供用チェアを使用してOKです。

2歳児は2分間、5歳児は5分間と年齢で時間を決めてタイマーで計ります

お母さんはその場から離れますが、目の届く場所で行います。

2.タイムアウト中は自分との戦い

怒りで泣き叫ぶ子供がじっとその場に座って(立って)いられる訳ありませんよね。

子供はあの手この手を使ってその”状況”から逃れようと必死です。

子供の口から「トイレ行きたい」「お腹痛い」や「お母さん大嫌い」など出てきます(笑)

子供が何を言おうと叫ぼうと決して応じてはダメ!

ここがお母さんの踏ん張り時ですよ。

子供が指定の場所から動いたら、タイマーはリセットして始めから計り直しです。

余計な事は言わず「タイムアウトだから」と子供の手を引いて元の場所に連れて行きます。

子供が指定の場所でじっとできるまで、何度も何度も同じ事の繰り返しです。

要は母と子の根気比べ、ここで母が子供に勝たないと意味がないんですよー。

3.反省と理解とハグの時間

無事にタイムアウトの時間が終わったら、子供の元へ行って必ず話をします。

「なぜタイムアウトをしているのか?」

「言動の何がいけなかったのか?」を子供に問いかけて冷静に話します。

子供から「ママ、ごめんなさい」が聞けたら、ぎゅ~っとハグをしてあげましょうね。

スポンサーリンク

私の失敗談から学ぶポイントとは?

なんてエラそうにタイムアウトの方法を書いている私自身の実践ですが、

失敗です・・・

なぜかというと、私は「正しい方法」で実行していなかったからなんです。

当時を振り返ると、私が間違いばかり犯していたことが分かります。

  • タイムアウト中の息子の暴言に、私がつい感情的になり言葉を発した
  • 「トイレ行きたい」「おなか痛い」など息子の言うことをつい聞いてしまった
  • 外出先でも徹底するはずのタイムアウトを人目を気にして実行しなかった
  • 息子に警告をせず(考える時間を与えず)すぐにタイムアウトを行っていた

子供は親が思っている以上に賢いんですよねぇ。

「こらー!やめなさーい!」と子供を叱っても言う事を聞かず、エスカレートする一方という事ありませんか?

これは、親にあるべき”主導権”を子供に握られているから起きるんですって。

母が子供にナメられているという、ヤバイ事態ですよ~。

タイムアウトを徹底すれば、お母さんに主導権が戻って来るのです。

要は、自由時間を奪うこと(タイムアウト)で子供に罰を与えて、子供に「タイムアウトはイヤだがらママの言う事を聞かなくちゃ」と考えさせることがタイムアウトのポイント。

息子に中途半端なタイムアウトを行っていた私は、当時4歳の息子にナメられっぱなし、振り回されっぱなし(汗)

子供に主導権を握られまくりだった情けない母、タイムアウトの効果がある訳ない・・・

タイムアウトの3つのポイント

  • 子供が親の言うことを聞かない時は、タイムアウトを実施する前にまずは「言うことを聞かないならタイムアウトだよ」と”警告”すること
  • タイムアウト中は冷静さを保ち子供の言葉に応じず、必要なこと以外は話しかけないこと
  • 外出中、お店でも公園でもタイムアウトが必要な時は実行すること

警告、冷静、有言実行、この3つは親にとって難しいところなんです。

でも、これを徹底しないと効果が現れないので徹底しましょうね。

最後に

イギリスでカリスマのナニーと言われるジョー・フロストという女性がいます。

3A027973-A868-0A91-B2CDD959EE53735F

”ナニー(Nanny)”とは幼児のしつけや教育のスペシャリストです。

私が彼女のテレビ番組でタイムアウトの”正しい方法”を知ったのは、既に息子が小学生になった後・・・時すでに遅し、後悔!

根気が必要ですが、タイムアウトは正しく実行すれば効果のあるしつけ方法だと思います。

私の経験談がお子さんのしつけに悩むお母さんのお役に立てたら嬉しいです。

ブログランキンク
にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
ポチッと応援お願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする